同期のサクラ|10話最終回ネタバレ感想!サクラが出した答えは?葵と百合もゴールイン!

日本テレビ系列で放送中の水曜日夜10時放送の「同期のサクラ」の10話は、社会人11年目になったサクラとその同期の姿を描きます。

9話では、同期の4人が自分の力で問題を解決する姿を見て、島に戻ることを決意します。

しかしそんなサクラのもとに元上司の黒川がやってきます。

そしてサクラに花村建設に戻ってこないかと言います。

花村建設に戻ったサクラはどうなるんでしょうか?

それでは、さっそく「同期のサクラ」10話のネタバレ感想をお送りします。

「同期のサクラ」10話ネタバレは?

社会人11年目になった同期4人は、サクラの事を語ります。

まさかサクラがあんなことになるなんてと、、、。

そこから1か月前に時は戻ります。

花村建設に復帰したサクラは?

会社に出社したサクラは、今は副社長になった黒川のもとを訪ねます。

サクラは黒川になぜ問題ばかり起こしていた自分を再雇用したのかと尋ねます。

黒川は、優秀だけど命令を聞くだけの社員たちを見て、会社の未来に危機感を抱いていた。

そしてサクラに新しいプロジェクトのリーダーを命じます。

黒川は、サクラになぜ今まで自分がうまくいかなかったのか分かるか?と尋ねます。

サクラは、自分が融通が利かないからだといいます。

しかし、黒川は問題は「お前に力がないからだ」と言います。

新しいプロジェクトの会議でサクラの忖度ない意見はみんなから非難されます。

しかし黒川がサクラに賛成した途端、周りは手のひらをかえしてサクラの意見に従います。

黒川は、「力をつけろ」とサクラに言います。

黒川に感化されるサクラは?

サクラは、黒川に花村建設の無駄を探し提出しようと資料を作成します。

黒川に感化されるサクラに葵は心配します。

そして葵は、最近百合が不安定だから百合とあってほしいと言います。

百合は心配ないと強がりますが、サクラに悩みを相談しようとします。

しかし、そんな時黒川から連絡が来ます。

サクラは、百合の話を遮り黒川の連絡に答えます。

菊夫から新しい仕事の悩みを相談されても今仕事が忙しいと言って断ります。

蓮太郎から仕事が見つからないと相談されても、黒川の連絡を優先してしまいます。

サクラは仕事に高揚感を覚えます。

しかしサクラの意見で、周りは残業続きになります。

葵はサクラを心配し忠告しますが、サクラは聞く耳を持ちません。

そんな時、社長が解任され中国の会社と合併をすることが決定します。

同期の4人は、サクラを呼び出します。

黒川に感化されるサクラを心配します。

しかしサクラは、仕事があるからと帰ろうとします。

百合は、変わってしまったサクラに「あんたが一番権力を持ったらいけない人間だ」といいます。

サクラは「なんでみんな自分を応援してくれないんですか?」といいます。

葵は「自分を誤魔化してないか?」と言います。

サクラは何も答えず出て行ってしまいます。

リストラ対象になったすみれにサクラは?

そんな時、すみれからリストラ対象になったとサクラに連絡があります。

すみれは変わるのはいいことだが変わってはいけないこともあるとサクラに言います。

サクラは、社長になった黒川にすみれのリストラを撤回してくれと言います。

黒川は了承しますが、その代わりすみれの代わりに新しいリストラ対象の人間を選べと言います。

サクラは、それならは自分が辞めると言います。

そんなサクラに黒川は、お前はそんな答えしかできないのかと言います。

そして自分を負かすぐらいの力をつけろといいます。

サクラはどうすればいいか悩み天国の祖父に問いかけます。

自分の進む道を決めたサクラは?

翌朝、サクラは隣に住む拓弥が建築現場で職人として働くのを見つけます。

拓弥は、夢があると言います。

それはサクラと一緒に素晴らしい建物を作ることだと言います。

そして出社するサクラに新人研修を受けにきた新入社員が、この会社は大丈夫かと聞きます。

いい仲間がいるから大丈夫だというサクラに、その新入社員はうれしそうにします。

その言葉を聞き、サクラは走り出します。

サクラから連絡を受けた同期4人は花村建設に集まります。

その時、黒川が現れます。

サクラはなぜこんな自分に良くしてくれるのかと聞きます。

黒川はサクラと面接したとき娘を思い出したと言います。

黒川には、バレリーナを夢見る娘がいました。

しかし8歳の時に亡くなってしまいました。

サクラが「私には夢があります」と言ったとき、黒川は娘を思い出したといいます。

そしてサクラと一緒に夢をかなえたいといいます。

しかしサクラは断ります。

そしてサクラは私には力があるといい、新しい建設のアイディアを何枚も見せます。

黒川はサクラには才能があると言います。

しかしサクラはこれは同期の4人と一緒に作り上げたものである、自分の力はこの同期たちと協力しあえることだといいます。

ふたたび就職先を探すサクラでした。

その時、前に面接を受けた会社の社長に出会います。

その社長はサクラに自分の会社に来ないか?と言います。

「同期のサクラ」10話感想は?

破天荒でマイペースなサクラが活躍するドラマだと思ってみていました。

しかし、実際はサクラが辛い思いばかりして見ていて辛いところもありました。

ただ、サクラの言葉には毎回感動させられっぱなしで涙が止まらないドラマでもありました。

最後はサクラも別々の道を歩んでいる同期の4人たちも幸せになり安心しました。

まとめ

ここまで「同期のサクラ」10話最終回のネタバレ感想をお送りしました。

同期たちとの絆を描いた感動のドラマでしたね!

サクラを演じた高畑充希さんのぶっ飛んだ演技も話題になりました。

心配したのですが、ハッピーエンドで終了してよかったです!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)