グランメゾン東京|松井萌絵役吉谷彩子のプロフィール!玉森との関係性や役柄は?

2019年秋の日曜劇場「グランメゾン東京」は、型破りなフランス料理のシェフ・尾花が自身のおごりから店と仲間を失い、そこから再び立ち上がるというヒューマンストーリーです。

天才シェフ尾花夏樹役を木村拓哉さんが演じることで、放送前から話題沸騰のドラマです!

また、尾花と共に三ツ星レストランを目指す女性シェフ倫子役を鈴木京香さんが演じ、ほか共演には、玉森裕太さん、沢村一樹さん、及川光博さんら豪華メンバーがキャスティングされています。

今回は、そんな注目のドラマ「グランメゾン東京」に出演する松井萌絵役の吉谷彩子さんについて調べてみました。


Sponsored Links


「グランメゾン東京」松井萌絵役吉谷彩子さんってどんな人?

名前吉谷彩子(よしたにあやこ)
出身千葉県
生年月日1991年9月26日

玉森祐太さん演じる平古祥平がチーフを務める一流ホテルのブッフェレストランのパティシエ・松井萌絵役を吉谷彩子さんが演じています。

吉谷彩子さんの過去の経歴は?

子供のころ人見知りだった吉谷彩子さんは、劇団に入れば人見知りが治るのでは?という母の考えにより、劇団に入ります。

その後4歳で子役デビューし注目を浴びますが、中学・高校は学業優先し、日本大学芸術学部へ進学後より芸能活動を再開します。

子役出身だけあって、吉谷彩子さんの演技力に対しては、上手!という声が多かったです。

吉谷彩子さんの過去の出演作は?

1996年スペシャルドラマ「最後の家族旅行」に4歳で出演し、子役としてデビュー、1997年ドラマ「心療内科医・涼子」で注目を集めます。

その後、19歳の時に2010年映画「TENBATSU」で映画初主演を務め、2012年アニメ「謎の彼女X」のヒロイン・卜部美琴役で声優の仕事に挑戦し、オープニングとエンディングテーマの歌も担当しました。

2016年より出演したビズリーチのCMの女性社員役が話題となり、2018年にはドラマ「陸王」に出演し仲下美咲役を演じて注目を集めました。

Sponsored Links

「グランメゾン東京」松井萌絵役吉谷彩子さんってどんな役?

そんないま注目の女優である吉谷彩子さんが、演じる松井萌絵について調べました。

平古祥平役玉森祐太さんとの関係性は?

1話で萌絵は1シーンのみの出演でした。

新人なのに一番遅く出社したことを、萌絵は祥平に注意されますが、全く気にする様子を見せないというシーンでした。

1話を見る限りでは、祥平にとって萌絵は、つかみどころのない生意気な部下といったところです。

配信サイトのParaviで「グラグラメゾン東京・平子祥平の揺れる想い」という、平古祥平を主人公としたサイドストーリーが配信されています。

仕事に恋にグラグラと揺れ動く男ゴコロを描いた青春物語ということです。

祥平は、同じホテルに勤める朝倉あきさん演じる蛯名美優と婚約中です。

しかし、仕事だけでなく、恋もグラグラ揺れまくるということは、祥平と美優、萌絵の三角関係が始まるのは間違いなさそうですね!

2話以降の祥平と萌絵の関係にも注目です!

Sponsored Links

まとめ

ここまで、2019年秋日曜劇場「グランメゾン東京」に出演する松井萌絵役の吉谷彩子さんについて紹介してきました。

吉谷彩子さんは、子役出身で声や歌手もこなす女優さんで、演技も上手いと評判です。

今後は、玉森祐太さん演じる祥平との恋の行方も気になりますね。

2019年秋の日曜劇場「グランメゾン東京」は、10月27日(日)夜9時スタートです!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)