10の秘密(8話)ネタバレや由貴子は死んだor生きてる?仕掛けた犯人はやっぱり宇都宮?

フジテレビ系列で、毎週火曜日夜9時から放送の「10の秘密」は、向井理さん演じるシングルファーザーの圭太が娘を誘拐されたことで、周りの人間の秘密を知ってしまうというサスペンスドラマです。

7話で圭太の奪われた3億円は由貴子ではなく宇都宮が持っていたことが分かりました。

そして宇都宮の協力者はなんと菜七子でした。

なぜ菜七子は宇都宮に協力したのでしょうか。

早速8話のネタバレ感想をお送りします。

ドラマ「10の秘密」8話ネタバレって?

宇都宮を探る翼は?

圭太は帝東建設の不正を週刊誌の記者にリークします。

それは宇都宮の指示でした。

しかしその姿を宇都宮の部下が監視しています。

翼は、母親の務めていた銀座のクラブへ行きます。

そこで翼は宇都宮の事を訪ねます。

宇都宮は何度か店に来ていたようでした。

その後、翼は会社から出てくる宇都宮をつけます。

そして菜七子と宇都宮が2人であっている姿を目撃します。

翼は圭太にそのことを伝えます。

圭太は驚きますが、翼は菜七子は宇都宮のスパイだから信用しないように言います。

菜七子の秘密とは?

圭太は瞳がバイトする菜七子の実家へ行きます。

瞳は由貴子を信じたことを圭太に謝ります。

そんな時、菜七子が帰ってきます。

圭太は菜七子を外に呼び出します。

そして宇都宮のことを訪ねます。

菜七子は圭太を裏切ったことを謝ります。

実は、菜七子はお金をもらって男性と関係を持っていました。

そしてそのことを宇都宮に脅されていました。

瞳と偶然に夜に会ったときも、そんな男性と揉めていた時でした。

圭太は菜七子になぜ男性とそんなことをしていたのか聞きます。

菜七子は学生の時に、英語塾の講師に襲われていました。

それからその恐怖で男性と普通に付き合うことが出来ないでいました。

圭太はそんな菜七子を利用した宇都宮を許せないといいます。

裏切り物に気づいた長沼は?

圭太は菜七子を連れて宇都宮のもとに行きます。

圭太は宇都宮に菜七子の秘密の写真を消すように言います。

宇都宮は菜七子の写真を消します。

しかし圭太は、菜七子に宇都宮に回し蹴りをするようにいいます。

菜七子に蹴られてしまった宇都宮ですが、圭太が由貴子と会えるように準備をしていました。

一方、長沼のもとに週刊誌の記者がやってきます。

週刊誌の記者がUSBだけでなく手帳を持っていたことに長沼は疑問を感じます。

そして圭太を操っている人物がいることに気づきます。

圭太のもとに週刊誌の記者から連絡が来ます。

そして圭太の話は記事にできないと言います。

由貴子を追いかける圭太は?

長沼は、宇都宮の元部下を使って調査委員会に宇都宮の身辺を調べさせます。

翌日、宇都宮は由貴子に3億円を渡します。

そしてお金を受け取り去る由貴子たちを圭太が追いかけます。

翼は宇都宮をずっとつけていました。

宇都宮はそれに気づいていました。

翼はなぜ母親を殺したのか聞きます。

しかし宇都宮はその日自分は沖縄に行っていたと言います。

一方、由貴子が隠れているホテルで火事が起きます。

由貴子は3億円が入ったキャリーバックを持って外へ逃げます。

そこへ圭太がやってきます。

二本松に助けられ由貴子は船に乗り圭太から逃げます。

しかしそれはすべて圭太が仕組んだ罠でした。

火事を仕組みお金とパスポートをすり替えたのでした。

嬉しそうに微笑む圭太でしたが、由貴子が乗っていた船が爆破します。

ドラマ「10の秘密」8話感想って?

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)