『ワイルドスピード』(映画)ラムジー役の女優名前はナタリーエマニュエル!演技力や出演作品は?

2000年からシリーズとして継続的な人気を誇るワイルドスピードシリーズ。
2015年に公開された『ワイルドスピード SKY MISSION』からの出演で話題となったナタリーエマニュエルさん。

整った顔立ちと抜群のスタイル、そしてなにより彼女のチャームポイントである
くりくりのヘアスタイルで多くのファンの印象に残り、日本での注目も高まっています。

そんな彼女の出演作や経歴、本作での役柄などをまとめてみました。


Sponsored Links


『ワイルドスピード』ラムジー役ナタリーエマニュエルさんはどんな人?

1989年イギリス生まれの現在29才で、ドミニカとイギリス、セントルシアの血を引いています。

『ワイルド・スピード』シリーズやドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズ、『メイズ・ランナー』シリーズなど話題作に出演し、
さらに2015年には世界で最も美しい顔に選ばれるなど、注目度の高まっている女優さんです。

さらに身長は170cmでスタイルもよく、インスタグラムフォロワーは300万人、ツイッターは28万人を超えており、
世界中で人気があることがわかります。

また2015年には、アメリカ発のファッションブランド、ヴィクトリアズ・シークレットの専属モデル達が
様々なシーンやパーツごとにセクシーなセレブを選出しましたが、「最もセクシーな新人女優」として彼女が選ばれました。

業界からも注目される彼女を、さらに詳しくご紹介していきたいと思います。

過去の出演作は?

10歳の頃、ロンドン・ウエストエンドのミュージカルで舞台「ライオンキング」の
子供の頃のナラ役を演じていたのが彼女の出演情報の中で最も古いものとなります。

その後イギリスのソープオペラ、『ホーリーオークス』への出演で話題となり、
2011年からはテレビシリーズ『ミスフィッツ』や『Casualty(原題)』に出演し女優として本格的にブレイクし始めました。

彼女が国際的に有名になったのはHBOのドラマシリーズ「ゲームオブスローンズ」への出演です。
2013年に公開されたシーズン3より、ミッサンデイ役を演じ知名度を爆発的に上げました。

これを機に2015年から『ワイルドスピード』シリーズにラムジー役として、
『メイズランナー』2作目よりハリエット役として相次いで出演しています。

経歴は?

1989年3月2日イギリス生まれの29歳。
ドミニカ人の母親と、イギリスとセントルシアのハーフの父親から生まれました。

そして2015年には「世界で最も美しい顔」にて29位となり、
ドラマシリーズや映画への出演で本格的に女優として活動されています。

『ワイルドスピード』ラムジー役ナタリーエマニュエルさんはどんな役?

ミスター・ノーバディと名乗る男が率いる、アメリカ政府に属する秘密組織における、
世界中のあらゆる情報機器を駆使し、車や人の位置を瞬時に割り出せる監視プログラム「ゴッド・アイ」。

これを開発したエンジニアでありハッカーがナタリー・エマニュエル演じるラムジーの役所です。

彼女は「ゴッド・アイ」の技術を奪おうとするテロリスト、ジャカンディらに拉致されますが、
ミスター・ノーバディから救出を依頼されたドミニクらによって助け出され、
ファミリーを信頼した彼女は「ゴッド・アイ」奪還のため彼らと協力しあいます。

その後凄腕ハッカーとしてファミリーの一員となっていきます。

みどころは?

ワイルドスピードといえば、世界的に最も知名度のあると言っても過言ではないカーアクション映画です。

公開順に、

1、『ワイルド・スピード』(2001年)
2、『ワイルド・スピードX2』(2003年)
3、『ワイルド・スピード MAX』(2009年)
4、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)
5、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)
6、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)
7、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)
8、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)

となっていますが、3の『ワイルド・スピード MAX』(2009年)は未来の話となり、
時系列的には6と7の間の話になるため、1→2→4→5→6→3→7→8の順で見ることをオススメします。

シリーズは、ロサンゼルス市警の警官であるブライアン・オコナーがある事件について潜入捜査を行うため、
当時若者の間で流行っていたストリートカーレースを仕切っているドミニクという男を訪ねるところから始まります。

ブライアンは自分が警官であることを隠しながら、潜入捜査のためドミニクとカーレースをし、意気投合していきます。

その後ドミニクはロサンゼルスにてとある事件を起こしてしまい、ブライアンは警官であるにも関わらず彼を逃す手助けをしてしまうことにより
お互いが追われる身となってしまいますが、凄まじいカーテクニックで様々な事件を乗り越えていくというのが大まかなストーリーです。

様々な事件を経てローマンやテズ、ハンなどがファミリーに加わり、困難を乗り越えるたびに絆を深めて行く彼らですが
『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)の一番の見所は、なんといっても一作目からの主要キャスト、
ドミニクがファミリーを裏切るという今までにない驚きの展開です。

一番のファミリー想いの彼が何故突然裏切ってしまうのでしょうか?

その裏には謎の女性サイバーテロリスト、サイファーが黒幕として潜んでいるのです。
ドミニクはサイファーにある弱みを握られ、ファミリーを裏切る行動に出てしまいます。

5作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』での軍の通信網を24時間遮断できる特殊装置「ナイトシェード」を巡る争い、
そして7、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)でナタリー・エマニュエル演じるラムジーが開発した、
世界中どこにいても人や車を探索できる装置「ゴッド・アイ」の略奪計画は
彼女の差し金であったということが判明しますが、彼女の正体や目的は一体なんなのでしょうか?

演じるのはオスカー女優のシャーリーズ・セロンさんです。

『2 days トゥー・デイズ』(1996年)で映画デビューし、ハリウッド女優として一躍有名になり、
『モンスター』(2003年)では実在の連続殺人鬼役を演じ、アカデミー主演女優賞、
ベルリン国際映画祭銀熊賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)などを獲得した実力派女優です。

冷静沈着で冷酷でなんといっても美しすぎる!と話題の彼女にも注目です。

さらに『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)はドミニクと同じく一作目から主要キャストとして出演していた
ブライアン役のポール・ウォーカーさんが、本作の撮影中に事故で亡くなってしまい、彼の遺作となってしまいました。

撮影を残し亡くなってしまいましたが、シリーズの継続を熱望していた彼の意思を尊重し、
残されたシーンは彼の二人の兄弟が演じたそうです。

エンディングテーマであるウィズ・カリファの楽曲「See You Again」は彼のために書かれた楽曲です。
また、ラストシーンでのブライアンとドムの掛け合いは彼への追悼と感じざるを得ないものであり、涙せずにはいられないでしょう。


https://twitter.com/1004_masaki/status/934826724826611712

またラムジーの恋模様にも要注目です。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)で、
ファミリーをテクニカル面で支えるテズとのロマンスが噂されていましたが、控えめなテズとはなかなか発展はしていないよう…?

そんな二人を尻目にファミリーのムードメーカー、ローマンがラムジーにガンガンアタックしています。

どちらにも中々なびかないラムジーの小悪魔的部分は必見!

『ワイルドスピード』ラムジー役ナタリーエマニュエルさんの演技評価は?

母親の意向で幼少期より歌やダンス、演技などを習っていた彼女は、
10歳の頃より子役として活動し、イギリスのソープオペラに3年間に渡り出演したり
ドラマシリーズへの出演を重ね、2012年には映画デビューしています。

正直ツイッターなどで彼女はかわいい!と話題で、ほとんど演技についての評価は見かけません(笑)

ですが彼女自身、演劇学校などで演技を学んだことはないと言っていますが
女優として長いキャリアを持っておりますし、『ゲームオブスローンズ』で脚光を浴びてからは
話題作への出演が相次いでいますので演技力も期待できるのではないでしょうか。

まとめ

・「世界で最も美しい顔」や、「最もセクシーな新人女優」に選ばれた注目の美人女優

・ゲームオブスローンズやメイズ・ランナーへの出演で話題に

・最高にクール&小悪魔で可愛すぎる彼女の役柄に注目

今回ナタリーさんについてまとめていて、日本での男性人気が特に高いことがわかりました。
作品を観て、彼女にしか目が行かなかった…なんていう方もいらっしゃいましたし、
彼女のファンになり他の出演作品を観たという方もいるほどの魅力をお持ちです。

公開が予定されている本シリーズ9、10作目への出演も大変期待できますね!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)