映像研には手を出すな(映画)原作ネタバレやあらすじ!キャストの3人があっていないとの声も?

今回紹介するのは、2020年の初夏に公開とされている映画『映像研には手を出すな!』についてです。

今回は映画『映像研には手を出すな!』のあらすじ・ネタバレ、キャスト、キャスティングが合っていないという疑惑まで、いろんな部分に着眼し、紹介していきたいと思います。


Sponsored Links


映画『映像研には手を出すな!』あらすじは?原作のネタバレも!

ここでは映画『映像研には手を出すな!』のあらすじと原作のネタバレを紹介していきます。

まず、あらすじです。

あらすじは…実は公式にはまだ発表されていません

そこで、原作のあらすじを引用してみようと思います。

「アニメーションは設定が命」と力説するほどのアニメオタクである高校生・浅草みどりはスケッチブックに自分のアイディアを描きながらも1人ではどうすることもできない、とアニメ制作には手を出せずにいました。

ですが、同級生であるプロデューサー気質を持った金森さやかと、浅草と同じくアニメーターを目指すカリスマ読者モデルの水崎つばめと共に3人は自分たちの理想の世界を描くべく映像研を設立することになります…。

というあらすじになっています。

と、ここからがネタバレですので注意してください!

映像研を設立した後、目標を持ちつつも本人たちなりに楽しみながら制作を楽しんでいましたが、思うように進行しなかったり、期日がギリギリになったりと問題が続きます。

しかし、なんとか困難を解決し、アニメを発表することができます。

そこから、本格的な実績作りのため、ロボ研と手を組み、アニメを制作し続けていきます。

そこで、大イベント学園祭でアニメを発表することになるのですが、つばめがアニメーターになることに反対の両親が偶然見に来てしまいます。

しかし、つばめのアニメーターとしての才能はピカイチで反対派の両親すらも認めさせてしまうような実力の持ち主だったのです。

ここまでが漫画版の2巻までのネタバレですが、3巻以降もとどまる勢いを知らず、3人はアニメ制作をし続けています。

映画ではどこまで忠実に描かれるのか、どういう結末を迎えていくのか、楽しみですね。

映画『映像研には手を出すな!』公式サイト

https://eizouken-saikyo.com/

Sponsored Links

映画『映像研には手を出すな!』キャストは?

ここでは、映画『映像研には手を出すな!』のキャストについて紹介していきます。

一つ特徴を言うとすれば、メインキャストの3人は何と、全員人気『乃木坂46』のメンバーです…!

まずは、1人ずつ紹介していこうと思います。

齋藤飛鳥さん(乃木坂46)/浅草みどり役

2011年、乃木坂46の1期生オーディションに合格し、芸能界デビューを果たします。

2012年には、3rdシングルの『走れ!Bicycle』のカップリング曲である『海流の島よ』にて初めてセンターを務めました。

2015年には雑誌『CUTiE』の専属モデルに起用され、その後雑誌『sweet』のレギュラーモデルに起用されるなど、モデルとしても活躍を見せています。

2016年、15thシングル『裸足でSummer』でシングル曲のセンターを始めて務めることができました。

また、2017年には初のソロ写真集『潮騒』が2017年2月6日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門・写真集部門で1位となり、女性ソロ写真集としては歴代で2位の記録を出しました。

2018年、映画『あの頃、君を追いかけた』にてヒロイン役を務め、初の映画主演を飾りました。

また、2019年にはドラマ『ザンビ』にてドラマ初主演を務めました。

女優としてもこれからが期待されるアイドルですね。

山下美月さん(乃木坂46)/水崎ツバメ役

2016年、乃木坂46の3期生オーディションで合格し、芸能界デビューを果たします。

出版社とコラボレーションした特別企画賞で『Zipper』、『LARME』、『LOVE berry』、『週刊ヤングマガジン』、『週刊ビッグコミックスピリッツ』の特別賞を受けました。

同年に『乃木坂46 3期生『お見立て会』』にてファンに初披露となり、『ガールズルール』でセンターポジションに立ちました。

2018年、20thシングル『シンクロニシティ』にて初選抜され、21thシングル『ジコチューで行こう!』に収録された『自分じゃない感じ』にて初の単独センターを務めました。

同年、映画『日日是好日』にて映画初出演を果たすと共に、ファッション雑誌『CamCam』の専属モデルに抜擢されました。

他にも2019年にドラマ『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』にて萩原利久とダブル主演を務めました。

梅澤美波さん(乃木坂46)/金森さやか役

2016年、乃木坂46の3期生オーディションに合格し、芸能界デビューを果たします。

同年には『乃木坂46 3期生『お見立て会』』でファンに初披露されました。

2018年雑誌『日経エンタテインメント』の企画として、生駒里奈の後任でコラムの連載が決定します。

女優としては、同年舞台『七つの大罪 The STAGE』のエリザベス役にオーディションで選ばれ、初めて単独で舞台に出演が決定しました。

その他にも舞台『乃木坂46版 ミュージカル 美少女戦士セーラームーン』に出演するなどの活躍を見せています。

同年に発売された21stシングル『ジコチューで行こう!』にて選抜メンバーを務めることも決定しました。

映画やドラマなどの映像作品にはまだ出演したことがないということで、今回はどんな演技を見せてくれるのか、楽しみですね。

Sponsored Links

映画『映像研には手を出すな!』キャスティングが合っていないとの声が?

ここでは映画『映像研には手を出すな!』のキャスティングが合っていないという噂について言及していこうと思います。

まずは、Twitterでの世間の声をピックアップしてみました。

上記のように否定的な意見や、難しいのでは?という意見もありました。

ですが、一方ではこんな意見も…。

元々乃木坂46のファンである方々は実写化が楽しみでならないでしょう。

賛否両論ありますが、役柄がどのように表れるのか、楽しみですね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画『映像研には手を出すな!』について、あらすじ・ネタバレ、キャスト、キャスティングは合っているのか、という観点で紹介してきました。

まずは、予告編などの公開や情報公開を待ちましょう。

今作の公開は2020年の初夏を予定とされています。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)