バチェラー3岩間恵の1-10話(最終回)ネタバレと感想!なぜ脱落or残留するのか理由も考察!

アマゾンプライム限定で公開されている、「バチェラー・ジャパン」

大人気のシリーズとなっており、今回でシリーズ3作目となっています!

1人の高スペックの男性を狙って、婚活バトルを繰り広げる様子に、放送が待ちきれないという声も!

蹴落としあったり、駆け引きをしたり、女の戦いから、バチェラーはひとりの妻を選ぶことができるのか?

今回は、バチェラージャパン3で、最初にサプライズローズをゲットした「岩間恵さん」をピックアップします


Sponsored Links


バチェラー3での1話から最新話までの状況を整理

1話

2番目に現れたのは、岩間恵さん。

山梨県出身で、ご実家はぶどう農家だと言った岩間さんは、最初にぶどうのジャムをプレゼント。

バチェラーはその場で食べると「めっちゃ美味しいです」と言って、笑いかけた。

カクテルパーティーでは自分から話すことができませんでした、何とバチェラーから声をかけてもらう。

「家族でぶどう農園をやっている」と聞いていたので、そういう家族の話を岩間としたかった、と。

話の途中、飲み物を取りに行く、といって席をたったバチェラーでしたが、室内からローズを取ると、それを岩間さんに手渡しました。

なぜ、サプライズローズを渡したか、というと岩間さんと話していると、幸せそうな家族像が浮かんだ、と言いました。

それを岩間さんは満面の笑みで受け取りました。

2話

1話でサプライズロールをもらった岩間さんだったが、何と最初の2ショットデートにも誘われる。

他の女性の手前、選ばれた時、複雑な表情をする岩間さんだったが、デートに向かう。

2ショットデートでは、ヘリに乗って上空を飛ぶデートだった。

そこで家族のことなどを話すなかで、岩間さんの性格を少しずつ知っていく。

そしてヘリに乗った後は、バチェラー私物の車でドライブデートに。

話していって岩間さんの不安な気持ちなどを聞いたバチェラーは、車のトランクから、ぶどうのジャムを取り出す。

2人で再びぶどうのジャムを食べると、その後、サプライズローズを岩間さんに渡す。

岩間さんはそれを受け取ると、夕暮れをバックにバチェラーと抱き合う。

バチェラーの運転で、帰宅した岩間を待ち受けていたのは、女性陣だった。

ローズを手に、帰ってきた岩間さんを、うらやましそうに見ていた。

サプライズローズをもらった岩間さんは、カクテルパーティーではほかの女性たちが話すのを、自信満々に見ていた。

3話

舞台のグアムで、ゴルフの初心者にも関わらず、グループデートに誘われる。

最初は、はじめてのゴルフを緊張しており、不安そうな顔を見せる。

しかし、バチェラーに教えてもらいながら、やってみるとコツをつかんできて、パターの競争では、経験者の水田と張り合う。

カクテルパーティーで話す時間はありませんでしたが、シャンパンをずっと飲んでいたバチェラーを気遣って、手渡したドリンクはジンジャエールでした。

(これは4話にて、実は水田さんの気遣いだと判明する。)

この勘違いしている気遣いが功を奏してか、ローズセレモニーでは1番にローズを手渡される。

4話

今回は、最初にグループデート・2on1デート・2ショットデートが行われる、と発表される。

そして、岩間さんは、グループデートに誘われた。

「ゴーカートデート」だというのに、ひとりだけ肩を出している田尻さんに、思わず突っ込む岩間さん。

ゴーカートデートでは、カートの数が足りず、最初にバチェラーと2人きりで話をすることに。

そこでバチェラーは、「先日のカクテルパーティーでジンジャエールにしてくれて、ありがとう」と気配りをお礼する。

しかし岩間さんは、素直に「用意したのは水田さん」と明かす。

今まで岩間さんとばかり思っていたバチェラーだったが、元ホステスの水田さんの気配りだとわかると、納得した様子だった。

最初にサプライズローズをもらっていたので余裕を持っていたが、バチェラーが次々にローズを渡すことに、だんだんと焦りを感じていた。

カクテルパーティーで2人きりになると、焦りを感じていた岩間さん。

そこで、「バチェラーはいつもキスをされてるけど、自分からしたことがないよね?」と聞く。

バチェラーは「自分からは、させられたことはある」という。

そこで岩間さんは「自分からの、はじめてのキスしてくれてもいいんだよ?」と誘いますが、バチェラーはそれをうまくかわし、抱き締めるだけに留めました。

しかし、まだまだ岩間さんを知っていきたい、と考えたバチェラーは、ローズを手渡しました。

5話

今回は、最初のグループデートに誘われる。

みんなで海の中で、イルカと戯れていましたが、シュノーケリングだったので、あまり話をすることはできませんでした。

水田さんがデートから帰ってくると、手に持ったローズを見て、岩間さんは「買ってきたの?」と若干イラつきながら話をします。

そしてカクテルパーティーが訪れる。

なかなか選ばれず不安が募った岩間さんは、今にも泣き出しそうな表情だったため、バチェラーから誘われます。

2人きりになると、岩間さんは過去の恋愛や人との付き合い方について話します。

相手の理想になろうとしてしまう、という話をすると、バチェラーから「そのままでいいんだよ」と受け入れた様子でした。

話終わった後の岩間さんの顔はすっきりとした表情で、泣きだしそうな顔はどこかへ行ってしまいました。

ちゃんと話ができて、自分の気持ちを整理することができた岩間さんは、バチェラーからローズセレモニーで名前を呼ばれ、ローズを受け取りました。

6話

最初のグループデートに誘われた岩間さん。

バチェラーと2人で乗馬するシーンがあり、久しぶりの密着で緊張する。

しかし2人きりで話をしていると、バチェラーから「今どう思ってる?」と聞かれる。

その時、岩間さんは、最初のデート以降、全く2人の時間がないにも関わらず、今でも好きかといわれると気持ちとしては、不安になったのを通り越して、微妙な気持ちでいることを明かす。

その後、カクテルパーティーでも話す機会はなかったものの、バチェラーはその岩間さんの態度に、不安を覚えたのか、ローズを手渡した。

まだまだ岩間さんとはしっかり話をしないと、自分に気持ちが向かない、と思ったのだろう。

7話

最初のグループデートに誘われると、そこは結婚式場!

結婚したときのことをより、リアルに感じるため「ウェディングドレスの試着」のデートに。

そして、次は岩間さん。
真っ白のドレスを着て登場した岩間さんは、前回のデートで「本当に自分のことがまだ好きなのか」というバチェラーの問いに、真摯に答えたが、まっすぐな気持ちが伝えられたかどうか不安だった。

岩間さん、予想通りのドレスで、イメージを貫いてます!!!
そこがまた、素直ととるか、あざといととるか・・・・

撮影が終わると、バチェラーは岩間さんを、2人きりになれる場所へ誘う。

2人きりになった、岩間さんは、なぜここまでデートが誘われなかったのか聞きました。

バチェラーは、「最初のデートですごい深い話までできたから、安心してた」と。
岩間さんは、バチェラーが岩間さんのことをしっかりと考えてくれていた、と知り、安心した表情を見せた。

そしてバチェラーは「無茶苦茶なノリにもついてきてくれるのか、わからん」というと、プールに飛び込んだ。
「おいで」とウェディングドレス姿の岩間さんに声をかけると、岩間さんは「本当に?」と言いながらも、そのままプールに飛び込みました。

真也、崖の飛び込みといい、今回のプールといい、無理難題を押し付けて、自分のために度胸を見せる女好きやな!!!
もしや、支配してない、と見せかけて、めちゃくちゃ束縛するタイプか!?

その後、プールサイドに2人で座ると、自分の思いを言葉で表しきれなくなったのか、岩間さんがバチェラーの頬にキスをしました。
するとバチェラーは「よく頑張ったな」と言って、お返しに頬にキスを…

え???めちゃくちゃ上から目線の「頑張ったな」
しかもウェディングドレスが濡れたので、着替えた岩間さんがきているのは、真也のシャツ!!!
何これ支配欲強め???

そしてサプライズローズを岩間さんに手渡して、「親御さんに会いに行きます」と宣言。

ちょいちょいちょいちょい真也様、岩間さん他の女性にたまーーーに厳しいこと言ってますよ!!!

こうして岩間さんは、ローズセレモニーを待たずして、次へ進むことが決定する。

8話

今回は、実家訪問。

山梨でぶどう農家をやっている、岩間さんの実家です。

食事が始まると、「なぜ娘が気にいったんですか」とすぐに母が切り出します。

バチェラーは「喋っていて気楽でいれる。」と真剣に答えたバチェラー。

話の流れで、岩間さんが「なんで神戸にこだわるの?」と聞くと

「子供を育てたりするのに、ちょうどいいと思ってる」と言います。

それを聞いて、岩間さんの父は「本音としては悲しいかな」と明かしました。

岩間さん自身も「今すぐ行くっていうのは難しい」と正直に答えます。

バチェラーは岩間さん抜きで、岩間さんのご家族(両親・姉夫婦・兄夫婦・兄)と話がしたいと切り出しました。

岩間さんが席を外すと

「今みたいな感じで、自分の意見を持っている、っていうところも好きです。

僕も頑固だけど、恵さんになら、譲れると思う」と伝えました。

末っ子として甘やかされて育てられただけではなく、しっかりと芯を持った性格な事がわかった実家訪問となりました。

野原さん・田尻さん・水田さん・岩間さんの4人から、1人が脱落となります。

今回は、1人の女性だけではなく、その女性を育てた家族が、バチェラーの理想像に近いかどうか、も判断される。

そして9話では、バチェラーの家族とご対面。

バチェラーはローズセレモニーで「僕の家族に会ってほしい人を選びます」と切り出しました。

最初に選ばれたのは、野原さん。

そして、岩間さんも続けて選ばれる。

最後の1本、選ばれるのは水田さんか田尻さんか。

まっすぐバチェラーの目を見ていた2人、選ばれたのは水田さんだった。

9話

ついに、バチェラーの実家・神戸が舞台に!
最初に待ち合わせの一軒家に現れたのは、岩間さんだった。
やわらかいピンクのワンピースに、白いカーディガンを着て、ご両親受けのよさそうな服装です。

今回は、バチェラーのご両親と、お兄さんが同席する。
お兄さんは、「真也が恵さんのことを、すごく好きなのが伝わってきた」とインタビューで答えていました。

談笑していると、お母さんが核心をつきます。
「山梨から、神戸にきてもらうことはできるんですか?」と。
岩間さんは
「そこに関しては、まだちょっとはっきりは言えないです」と正直に答えます。
しかしバチェラーはそれを聞いて、
「関東圏でもいいかな、って意見が変わってきている」と。
急に変わった意見に、岩間さんも驚いた表情を見せます。

ご両親との対面が終わると、バチェラーは神戸の街を岩間さんに紹介しにいきます。
そこで、バチェラーは
「どっちかが折れなきゃいけないんだったら、俺は神戸にこだわるのをやめる」と。

岩間さんのことを、めちゃくちゃ惚れている様子…。

最後にハグをして、ローズセレモニーまでのお別れです。

そして迎えたローズセレモニー。
ご両親との対面を果たして、それぞれと2人きりの時間も作ったバチェラー。
ご家族の意見も聞いて、はたしてバチェラーは誰を選ぶのか。

3人の前に現れたバチェラーは
「今回は、今ここに立っている3人に両親に会ってもらって、よかったです。
これから最後の旅に、一緒に出たい人の名前を呼びます。」と告げる。

そして1本目のバラを手にした。
名前を呼んだのは、「岩間恵さん」

2本目のバラ。
名前を呼んだのは、「水田あゆみさん」

ここで野原さんの脱落が決まる。
野原さんは小さく息を吐くと、残った2人とハグをしていきました。

そしてバチェラーは2人きりになると、
「理想の女性だったけど、だからこそ、僕のほうが最後の1歩を踏み出せなかった」と。
バチェラーは野原さんの前で涙を見せ、野原さんが最後に「ありがとうございました」とお辞儀をすると号泣。

バチェラーは野原さんの前でだけ、2回も涙を見せていました。

10話

9話のローズセレモニーでは岩間さんは、すぐにバチェラーからのローズを受け取らず、一呼吸おいてから受け取りました。
その点をバチェラー自身も不安に感じていました。

フランスに到着すると、最初のデートは岩間さんが選ばれます。
キックボードに乗って、到着したのはレストラン。

一緒に食事をしていますが、野菜嫌いなところを指摘され、ピリついた雰囲気が出てきてしまう。
食の好みが違って、岩間さんはそこが合わないことを、不安に感じています。
頑張って岩間さんの好みに合わせようとするバチェラーですが、それを岩間さんは「無理をさせている」と感じている様子。

レストランを出て、バチェラーは自分の部屋に誘い、もっと話をしたいと伝えます。
受け入れる岩間さんでしたが、顔に笑顔はありませんでした。

ホテルの部屋で、バチェラーは「思ってることを今日はすべて聞きたい」と話を始めました。
今日は岩間さんの主導で話を聞きたいと思っているバチェラーは、自分から話をしようとしませんでしたが、沈黙が続いたので、自分から話しはじめました。

「1回目のデートの時に、好きになってほしい、って言った。
それって今どうなってる?」

それを聞いた岩間さんは

「言われたことはすごく嬉しかった。
本当にずっといろいろ考えてたのね。
好きになりたいってめちゃくちゃ思ってて。
それで、すごく好き。
一緒にいる時間も好きなんだけど、これって恋愛感情なのかな、って思うと違和感を感じてる。」と。

バチェラーは涙目に。

悩みながらも、ここまできてくれた岩間さんに、バチェラーは感謝の気持ちを伝えます。

そしてバチェラーも素直な気持ちを吐露します。
「恵のこと本当に好きだった。
フランスに連れてこれてよかった、って心の底から思ってる。」
そう言うと、岩間さんを抱きしめました。

(ここで気づいたんやけどフランスきて早々、ぶどう色のトップス着て、自分をぶどうに見立てるのやめーや、真也。
そういうとこやぞ。)

最後のローズセレモニーを迎える。

神妙な面持ちで待ちわびるバチェラーのもとに、2人とも白のドレスを着て、登場。
笑顔で訪れた水田さんとの表情とは反対に、岩間さんの表情は険しいままです。

そして2人の前に、最後の1本のバラが用意される。

バラを手にしたバチェラー。

会った時に運命の人だと感じた岩間さん。
一緒に時間を過ごすうちに、運命の人になっていった水田さん。

バチェラーが名前を呼んだのは、水田さんだった。

「僕のこの最後のバラを受け取ってもらえますか。」

それを水田さんは受け取りました。

バチェラーは岩間さんを2人きりになれる場所に誘います。
そして
「ほんまに恵にあえてよかった」と言葉をかけます。
それを聞いて岩間さんは泣きだすと
「私も出会えてよかったです」と返しました。

「幸せになってください」と言って、バチェラーに背を向けて歩き出した岩間さん。

そして、バチェラーは水田さんのもとへ向かいます。
バラを手にして、微笑む水田さん。

バチェラーは
「会うたびにどんどん気持ちが強くなっていって、真剣に考えて、家族のように思えてる。
愛してるな、って思った」
と言った。

「これでバチェラーの旅が終わりました」
というと、ポケットから指輪を取り出しました。
「これから2人で、旅しましょう」と言うと、膝をつきます。

すると、水田さんは、指輪をはめやすいように、一緒になって膝をつきます。
水田さんの指に指輪がはめられると、バチェラーは、水田さんを抱き寄せました。
そしてキスを。

こうしてバチェラーの旅が終了。

したかのように見えた。

後日、2人は残ってフランスでデートをする。
だが、それから1か月後…

「ご報告したいことがあります」

とバチェラーは言ったのだった。

エピローグに続く…

Sponsored Links

岩間 恵さんのプロフィール

名前岩間 恵
出身山梨県
生年月日1993年6月17日
職業ぶどう農家

実家のぶどう農家を手伝っている、と言っていましたが、どうやら過去には芸能活動もされていたようです。

また留学経験もあるようで、語学も多少できるのかも・・・?

顔立ちは「THE美人!」という感じで整っていて、スタイルもいいですよね。

あまり前に出ることはない性格なのかな?と思って見始めみたが、回を追うごとに、きつい性格ものぞかせています。

自分よりも他の女性がお気に入りになることに、いらだちを見せているので、セルフコントロール能力は低そうw

イライラしたり、不安になったりすると、すぐ表情に出ちゃう。

よく言えば、素直な性格ですよね!

Sponsored Links

脱落or残留するのか理由も考察!

岩間さんは「いい奥さん」になりそうな雰囲気ですよね!

こういう女性は、両親に紹介はしやすいw

でも、たまに他の女性陣たちにつっこんだり、悪口とまではいわないけれど、「気にいらない」みたいな顔をしているときの表情を見ると、まだまだ隠している意地悪そうな顔があるな、と思いますw

バチェラーの前でいい顔を見せるのは、当たり前ですが、裏の顔がありそう…w

そういう点では、ほかの女性のほうが、心が広く、人当たりが良さそうなイメージです。

きっと残りの3人には選ばれるけど、最終的には落とされるのではないかな、と思います!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)