シャーロック|藍子役菅野美穂は何者?後半でまた出演可能性あり?

2019年秋の月9ドラマ「シャーロック」は、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作のミステリードラマです。

シャーロック役をディーン・フジオカさん、相棒のワトソン役を岩田剛典さんが演じます。

ドラマ「シャーロック」では、本文中でわずかに言及されながら、その詳細は明記されていない「語られざる事件」をモチーフとしています。

そんな「シャーロック」2話は「ダーリントン替え玉事件」をモチーフにしています。

そして菅野美穂さん演じる弁護士の青木藍子が登場し、その妖艶な美しさと演技が話題になりました。

確かにこのときの菅野美穂さんはスゴイ迫力で、思わず魅入ってしまいました!

今回は、その菅野美穂さん演じる青木藍子について再び出演のうわさがあるらしく、それについて調べてみました。

菅野美穂/青木藍子ってどんな役?

菅野美穂さんが演じる青木藍子は、ダーリントン法律事務所の弁護士です。

知的で冷静な雰囲気と温かい人柄で、弁護が終わっても一生依頼人に寄り添うことをポリシーとしています。

そのため、藍子を慕う人は多く定期的に講演会なども行っています。

しかし本当の藍子は、本心で人々を救っていた訳でなく、シングルマザーの母親を捨てた過去の傷から他人を助けることで罪滅ぼしを行っていました。

それゆえ藍子は、2面性のある性格で、ふいに衝動的で感情的な側面を見せることがあります。

藍子役菅野美穂って何者?

原作のシャーロックホームズが「あの女性」と呼んでいる女性がいます。

その人物は、アイリーン・アドラーです。

アイリーン・アドラーは唯一、シャーロックホームズを負かした人物です。

「ダーリントン替え玉事件」はこのアイリーン・アドラーが登場した「ボヘミアの醜聞」での「語られざる事件」です。

このことから、菅野美穂が演じる青木藍子のモデルは、アイリーン・アドラーと言われています。

アイリーン・アドラーと青木藍子で、頭文字もA・Aで同じです。

そしてシャーロックホームズが、アイリーン・アドラー「あの女性」と言ってを気にしているように、獅子雄も藍子のことを気にしています。

事件を語る藍子に「美しい」と言ったりしています。

やはり、青木藍子のモデルはアイリーン・アドラーで間違いないと思います。

後半に登場あり?

そして青木藍子のモデルがアイリーン・アドラーであれば、再び出演する可能性が高いと思います。

ドラマ「シャーロック」2話でのラストシーンで、青木藍子は妖艶な微笑みでパトカーに乗っていきました。

その姿を見て獅子雄は「捕まらない自信があるのかもしれない」と言います。

アイリーン・アドラーも罪に問われませんでした。

ということは、藍子も罪に問われることなく、釈放されるの可能性が大きいのではと思います。

であれば、藍子が再び登場する可能性はかなり高いです。

2話が放送した後、菅野美穂さん演じる藍子の美しさや演技が話題になりました。

そんな美しすぎる菅野美穂さん演じる青木藍子が出演するのを楽しみにしている人も多いと思います。

ぜひ、そんな期待に応えて再び出演してほしいですよね!

まとめ

ここまで「シャーロック」2話に出演した青木藍子についてお送りしました。

青木藍子のモデルは、シャーロックホームズを唯一負かした女性アイリーン・アドラーだと思われます。

そしてそうであれば、藍子は罪に問われずに釈放されるはずです。

ということは、再びドラマ「シャーロック」に出演する可能性は高いですね。

また、美しい藍子と獅子雄との対決を見てみたいですね。

そんな可能性にいまからワクワクです!

そして「シャーロック」7話は、11月18日(月)夜9時から放送スタートです。

チビ獅子雄が登場するようで、こちらも楽しみです!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)