『わたし旦那をシェアしてた』3話ネタバレ!染谷が天谷の母親?松田が息子説の可能性も!

わたし旦那をシェアしてたの3話も盛り上がりましたね。

ネタバレをしていきたいのですが、まずは4人目の松井玲奈がどうなっていくのか気になりましたけど、やっぱりねって感じでした。w

でも、天谷恭平の嘘が色々と出てきて、今回も楽しめましたね。

依頼した犯人は誰なのか?

指輪の謎?

松田がキーポイントなの?

色々、気になる点がありますよね。

Sponsored Links

「わたし旦那をシェアしてた」3話あらすじとネタバレ

恭平が残して行った、3人の妻。

その3人のもとに、ある日、女性・絵里がやってきた。

染谷管理人に電話をしようとすると彼女もまた、「天谷恭平の妻だとお伝えください」と言ってきた。

そして、おなかには子供がいた。

絵里もまた、事実婚をしており、子どもの父親は恭平だと言い張った。



しかも絵里は、恭平から他に家庭があるということを聞いていた。

そして恭平の余命のことも。

染谷は「彼の3つめの嘘は、4人目の妻の存在で、さらには実の子。最有力候補!」と言った。



最初は受け入れたくなかった3人だったが、だんだんと絵里はシェアアウスになじんでくる。

その様子に動揺した晴美は、沙紀と共にシェアハウスを出ていく、と言った。

しかし染谷は、恭平の妻が誰か、ということよりも、殺害依頼をしたのは誰か、ということを知りたがった。

そのため染谷は、このシェアハウスから、誰も出てはいけない、と忠告する。

そしてもし誰かがこの家を出ていこうとするのなら、恭平の殺害の容疑者だと言いふらす、と言った。

また、「このなかから追放する人を、みんなの投票で、ひとりに決める」と言った。



翌朝、晴美が絵里に渡した紅茶が、妊婦には好ましくないものでした。

本当はそこにあるべきではないものが、なぜ紛れ込んでいたのか。

晴美は身に覚えがなかったが、犯人扱いされてしまう。

その晩、仕事から帰ってきた晴美は、他の3人の妻たちから、「あなたが恭平の殺人依頼をしたのでは」と疑われる。

晴美が追放されるかと思っていたが、そこに松田がやってきた。

「あなたたちは、大切な人を亡くした、という悲しみを共有しています」

と言って、彼女たちの気持ちを収めた。


お風呂からあがった晴美に、加奈子と茜が話しかけてきた。

「恭平がここを作ったのは、痛みを分かち合うためだったでしょ。

だからぎすぎすするのはやめよう、って。」

そういうとワインを持ち出して、3人は乾杯した。



そして酔っ払いながら話しているうちに、ある事実が判明する。

それは3人とも、恭平に抱かれたことがない、という事実だった。

だから最初、絵里がやってきたときに、おなかの子が本当に恭平の子供なのか疑ったのだった。


お風呂からあがった絵里を、染谷は引き留めた。

「なぜあなたの名前が、遺言状になかったんでしょう」

すると、絵里は

「3人は彼の所有するマンションに住んでいたんですよね。

でも私は経済的に頼りたくなかったので、断ったんです。

たぶん彼はそれを気にして、書かなかったんだと思います。」

そう言ってにこっと笑った。

染谷はそれを聞くと「わかったわ。」と言って、その場を去ろうとした。

しかし「あ、そうだ。これごみ袋にあったわよ」と言って、振り返ると絵里に、カモミールティーの袋を渡した。


そして、翌日、茜の子供2人が姿を見せず、探していると、慎香が叫んで部屋に入ってきた。

「かくれんぼしていたけど、慎悟の姿がないの」

すると、玄関の前に「警察に連絡をするな。3億円を用意しろ。」と書かれた箱が置かれていた。

箱の中には、慎悟がつけていた帽子が、血がついて入っていた。



3億円を渡してほしい、と染谷に伝えるが、染谷は「これは恭平のお金だから」と言って、渡そうとしない。

すると、キッチンに置いてあった包丁をとった茜は、染谷に付きつける。

そこへちょうど、警察から電話がかかってきて、慎悟が保護された、という電話だった。

実は、どこからか3億円の話が漏れており、匿名サイトに、シェアハウスを狙う書き込みがされていたのだ。

慎悟は無事に保護されて、その犯人は逃走してしまった。


そして投票の夜。

「森下晴美1票」「沢野絵里3票」

そして晴美は告げる「その子本当に恭平くんの子供なの?」

それに続けて、みんなが明かした。

「私たち、彼と性行為をしていないの。

それは彼が、病気の合併症で、性機能障害・無精子症を患っていたからなの」

3人は、慎悟を保護した警察で塚本刑事に会い、病気のことを伝えられたのだ。


絵里は、闇サイトの投稿を見て、おなかの子を育てるお金欲しさに、応募していた。

松田は去っていく絵里に声をかけた。

「僕も、ある人に報告するように言われているんです。

あなたの場所を分からないようにするため、スマホをおいていってください。」

絵里の携帯には、指名手配されていた慎悟の誘拐犯の死体の写真が送られてきていた。


絵里がいなくなった部屋で、3人はまた恭平の殺害予告をしたのは誰なんだ、と話し合っていた。

恭平の3つめの嘘は、子供がいたことではなく、子供ができない体だった、ということだったのだ。


Sponsored Links

恭平の残した10の秘密は?

すでに放送中に公開されている秘密は

①事実婚していた妻が3人いた

②余命半年だった

③子供ができない体だった

の3つですね。


今後考えられる秘密としては

・指輪は誰に買ったのか
→塚本刑事説、濃厚

・染谷は恭平の母説

・松田は恭平の息子説
→松田もまた、大切な人を亡くした、という点では、悲しみを共有できるので、家政婦として雇われている。

・北神谷町未解決殺人事件の被害者が松田説
→もし松田が息子だとしたら、恭平も事件に関わっている

・森はなぜ恭平に執着するのか
→未解決事件は恭平と繋がりがあるため

・恭平殺しの犯人を、恭平は知っている?
→ここが秘密の最後になりそう。
「知っていたけど、受け入れた」という流れに持ってくる?


いくつか推理の線はありますが、未解決殺人事件の概要がもっとわかれば、ぐっと進展しそう。

でもここが1番面白いところなので、中盤ぐらいにしか明かさないでしょうね。w

Sponsored Links

「わたし旦那をシェアしてた」チェインストーリーって?

今回「わたし旦那をシェアしてた」はGyaoにて、チェインストーリーが公開されています。

チェインストーリーとは、本編では書ききれなかった登場人物の生い立ちやストーリーが明かされています。

秘密なども公開されるので、そこから本編を読み解くカギになることも。

これを見るとより、本編が面白く見れるでしょう!

「わたし旦那をシェアしてた」チェインストーリーはこちらから!

Sponsored Links

まとめ

「すぐに消えそうだな」と思った4人目の妻については、寂しいぐらいあっさりと1話でいなくなってしまいました・・・

もっと狂気じみた演技の、松井玲奈ちゃん見たかった。w

それにしても、闇サイトの公開をしたのは森で間違いないでしょう。

松田は森を恐れているので、きっとここに深い過去があるんでしょう。

だんだんと妻3人の結束力が強くなっていて、面白いですw

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)