テセウスの船(8話)ネタバレやみきおをやったのはやはりあの人?原作とエンディングが違うの?

2020年1月の日曜劇場「テセウスの船」は、警察官の父親が起こした殺人事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、事件の謎を追うミステリーです。

7話で心は再び過去に戻りました。

そこで文吾と共にみきおの犯行を止めようとします。

しかし行方をくらましたみきおを見つけることが出来ません。

それでは早速8話のネタバレ感想をお送りします。

ドラマ「テセウスの船」8話ネタバレって?

姿を現したみきおは?

心と文吾は学校の放送室にいるみきおに詰め寄ります。

みきおを逮捕しようとしますが、みきおはみんなの前で泣きます。

その姿を見てさつきは怒ります。

心と文吾はみきおを逮捕することが出来ませんでした。

文吾ははっと汁をみんなの目を盗んで捨てます。

みきおと2人きりになった心は「なぜみんなを殺そうとするのか」と聞きます。

そんな心にみきおは「先生は何も分かっていない。僕の計画は完璧だ。」といいます。

捨てたはずのはっと汁は、予備がありました。

心と文吾ははっと汁を食べようとする子供たちを止めようとします。

しかしみきおは文吾のことをうそつきだと言います。

心は自らはっと汁を飲みます。

はっと汁は入っていませんでした。

いなくなった和子たちは?

そんな時、文吾に乗り捨てられた車があると連絡があります。

急いで現場に行くとそこには、和子たちが乗った車がありました。

心はそこであの不気味な絵を見つけます。

その絵には警察官が殺されていました。

心はみきおに共犯者がいることに気づきます。

文吾は、親せきに電話しますが和子たちは来ていないと言います。

心はみきおとの会話を思い出します。

その時、心はみきおの狙いはみんなを殺すことではなく文吾の命ではないかと思います。

和子たちは目隠しをされどこかに監禁されていました。

その姿をみきおが盗み見ています。

そしてある人物に「あれ持ってきてくれた?」といいます。

みきおの手には薬品の瓶が握られていました。

和子たちを助けたのは?

和子たちを探す心と文吾のもとに3人が無事に保護されたと連絡がありました。

心は和子に犯人を見たか尋ねますが、分からないと言います。

和子たちは小学校の体育館にいました。

そして和子たちを助けたのはみきおだったといいます。

心はみきおの狙いが分からず混乱します。

心は和子にみきおが犯人で共犯もいることを言います。

和子はそれでも文吾のそばにいるといいます。

文吾はみきおと共犯者を逮捕するべく仙南署に行きますが、相手にされません。

そんな文吾のもとにみきおから電話がかかってきます。

文吾はひとりでみきおに会いに行く約束をします。

心は文吾の置手紙を見ます。

そこにはひとりでみきおに会いに行くことが書かれていました。

それを読み憤る心ですが、メモの書き跡から文吾の行き先を突き止めます。

その場所に行くとそこには今までの犯行が書かれたワープロの印刷がありました。

それを読む文吾のもとにみきおがやってきます。

しかし文吾は、みきおの共犯者にスタンガンで気絶させられてしまいます。

みきおはその人物に「次はどうする?」と聞きます。

その人物は、みきおにもスタンガンを向けます。

ドラマ「テセウスの船」8話感想って?

結局、毒殺事件は起きませんでした。

しかし和子たちを捕まえて解放するみきおの狙いは何なんでしょうか。

文吾を殺すことが本当の目的なんでしょうか。

また今回は和子に泣かされました。

佐野家には幸せになってほしいですよね。

そしてみきおの共犯者は誰なんでしょうか。

やはり大人のみきおが共犯な気がします。

しかし最後はみきおもスタンガンで気絶させられます。

原作とも違う流れになってきたようですし、次回が楽しみすぎます。

まとめ

ここまで「テセウスの船」8話ネタバレ感想をお送りしました。

みきおを気絶させた黒幕の狙いは何なんでしょうか。

次回「テセウスの船」9話は3月15日(土)夜9時から放送です!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)