キングダム2(続編)どこからどこまでが対象か予想!あのヒロインキャストは誰なの?

ついにあの人気漫画・キングダムの映画が、地上波初登場!

日本映画らしからぬ迫力の戦いに、わくわくします。

原作はまだまだ連載中ということもあり、映画「キングダム2」続編の噂も。

もしそうだとしたら、あのヒロインキャストは誰になるのでしょう?

「キングダム2」はどこからどこまでの戦い?

原作のキングダムは、現在、57巻が最新刊となっています。

そして映画のキングダムで描かれているのは、原作でいうと、何と1~5巻の戦いなんです!

全てを映画化する、というのは出演者の方たちもどんどん顔つきが変わるので、難しいでしょう。

しかし映画を見た、原作ファンは「思ってたより忠実で満足度が高い!」という声も。

アニメや小説を原作とした実写化については、「がっかりきた」出来栄えが多いといわれていますが、

そんななかキングダムは原作ファンにも受け入れられ、とても好評でした。

だからこそ、5巻以降の戦いが気になる人も多いのでは?

もし「キングダム2」がやるとしたら、どこからどこまでの戦いになるのでしょうか?


「キングダム」の内容は?

「キングダム」で描かれた1~5巻の内容は、

戦争孤児だった信が、中国の「秦」という国で、天下の大将軍を夢見るまでの話が描かれています。

幼馴染だった漂が、大王である政に瓜二つだったことから、争いに巻き込まれ、命を落としてしまいます。

信は漂の願いであった、政を守るため、戦いに繰り出すこととなったのです。


「キングダム2」はどこからどこまで?

原作ファンからすると、6~10巻までの信と王騎・信と羌瘣との出会いをがっつりやってほしいですよね。

特に8巻では、政と紫夏の話も…。

しかし映画化ともなると、ここの部分だけでは少し迫力が足りないのでは、と思います。

ですので、原作でいうと16巻・王騎の死までが妥当なのかな…と。

でも本当に6~16巻を2時間半の映画化で終わらせるなんて、無茶すぎる…。

紫夏との話が、政の志の高さを見せてくれる重要な場面ですし、ここを端折るのは嫌ですよね。

原作6~10巻の内容は?

政の命を救った信は、身分も考えず、なりふり構わない性格で、再び戦いに赴きます。

信は5人1組のチームを作り、戦いで功績を残したことから、昇格します。

そしてその戦いのなかで、王騎という大将軍を目にするのです。

戦いを終えた信のもとに、嫌な知らせが。

それは秦国大王の政の命を狙うものがいる、という噂でした。

信は政を守るため、暗殺部隊と闘いますが、その中に人並外れた能力の持ち主「羌瘣」と出会います。

そしてその暗殺は、敵国のものではなく、秦国のナンバー2とも呼ばれている「呂不韋」がけしかけたものだったのです!

原作11~16巻の内容は?

政の夢は「中国を争いのない1つの国にすること」

そのためには、バラバラになっている国を、1つの「秦国」にする必要がありました。

そこで、隣国の韓を攻めようと思っていましたが、隙を見られて趙から逆に攻められてしまいます。

その戦いの指揮をとっていた王騎から命令され、信が率いる部隊が、趙の馮忌を討つことに成功するのです!

王騎は趙の龐煖に妻を殺されたことから、ずっと恨みがありました。

そんな龐煖を倒すことは、王騎の夢でもありました。

しかし龐煖を狙う王騎を、さらに狙っていたのが、趙の李朴という男だったのです!

隙をつかれた王騎は、信に自分の武器だった矛を手渡して、亡くなってしまいました。

あのヒロインキャストは誰なの?

今回「キングダム2」が撮影されるにあたって、必ず必要なキャラクター「羌瘣」

誰がその役を演じるのかは、ずっと議論されてきました。

羌瘣を演じるにあたっては、

・信たちをも任す圧倒的な戦闘力

・戦いを見据えた頭の良さ

を兼ね備えた容姿が必要になるでしょう。

以前こちらのサイトで、取り上げたのは「山本 千尋」さん!

キングダム連載10周年を記念して、動画が作られたときに、羌瘣を演じたのが彼女です。

幼いころから中国武術を習っていたということもあり、動きは抜群。

この人気キャラクターを忠実に再現できるかどうかで、「キングダム2」の行方がかかっているといっても過言ではないでしょう。

とはいっても、あまり有名な方ではないので、有名枠で言えば、可能性が高いのが、「土屋 太鳳」さん!

原作の羌瘣はかなり細身で、絞ってあるイメージではありますが、目鼻立ちがくっきりしている点では似ています。

また、クラシックバレエや日本舞踊を昔から習ってみえたそうで、蚩尤の動きのしなやかさを考えると、生かされてくるのではないでしょうか。

そして何といっても土屋さんは、主演を演じた山崎さんとの共演が多い!

『まれ』や『orangeーオレンジー』などでも共演してみえるので、息も合うコンビと言えるでしょう。

(でも原作ファンとしては、土屋さんの声・話し方は羌瘣のイメージじゃないんですよね)

まとめ

序章に過ぎなかった「キングダム」

5巻以降の戦いが、今後の信の戦い方・夢に繋がっていくので、非常に重要でスピード感もあるストーリーとなっています!

また、もともとは漂の願いを聞くために、政を守っていましたが、

これから描かれるところで、政との絆が出来ていくのも見物ですよね。

どんなストーリーになるのか、どこまでが描かれるのか、発表されるのが楽しみです!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)