『蜜蜂と遠雷』風間塵役・鈴鹿央士のプロフィールや経歴!ピアノはほんとに弾けるの?

映画化は無謀!映像化は不可能といわれた小説の原作が・・・実写映画化されました!

本作は、多くの才能あるピアニストたちによる青春群像物語です。

国際ピアノコンクールに挑戦する4人のピアニストたちが繰り広げる競争と、自らのとの闘いが描かれます。

映画『蜜蜂と遠雷』風間塵役・鈴鹿央士のプロフィールや経歴!ピアノはほんとに弾けるのかまとめてみました。

Sponsored Links

映画化は無謀・映像化は不可能

史上初の快挙となる<直木賞>と<本屋大賞>のW受賞を果たした恩田陸の名作「蜜蜂と遠雷」は、小説ならではの表現として音楽モノは当初映像化は不可能と言われました。

『蜜蜂と遠雷』は、4人のピアニストよってピアノコンクールの優勝の座を争うその過程を描いた物語ですが、恋愛モノと違いメインキャラがピアニストという専門的な分野の人々で特殊性があり、その表現や観ていても感情移入するのが難しいという難点があるようです。

しかしコンクールでの優勝者は誰になるかという注目性と、その過程での青春群像物語が描かれるのでドラマ性は十分です。

果たして映画化は無謀と思われた小説の、実写映画版の仕上がりに期待しましょう!

ざっくりあらすじ

3年ごとに開催される「芳ヶ江国際ピアノコンクール」は第6回を迎えていた。

このコンクールでの今までの優勝者は、のちに成功への階段を上ってきたことで知られており、ピアノコンテスタントからは注目度が高いコンテストである。

コンクールに参加するためのオーディションは、世界5か国で開催される。

パリでのオーディションに遅れてきた1人目のコンテスタント風間塵(かざま じん)は養蜂家の息子で、父親はフランス中を採蜜をし移動しながら生活している。
その演奏技術は凄まじく、見る者全てを圧倒する謎の少年である。

2人目のコンテスタントは、かつて天才少女としてクラシック界にデビューした栄伝亜夜(えいでんあや)である。
母親の死のショックで落ちぶれてからはピアノを弾けなかったが、再起を目指しています。

3人目の高島明石(たかしまあかし)は、音大を卒業し音楽家を目指していたものの自身の才能に限界を感じ断念していた…今は大きな楽器店に勤めているが、最後の挑戦としてコンクールへのエントリーを決意する。

4人目のマサル・カルロス・レビィ・アナトールは、風間塵の師・ホフマンの流れを継いでいるナサニエルが育てており、自信・実力・容姿ともにナンバーワンの天才ピアニストである・・・今回のコンクールでは優勝候補と目されている。

4人がそれぞれの思いを胸に、芳ヶ江国際ピアノコンクールの幕が上がる!

一次・二次とコンクールの予選を勝ち抜き・・・本選に臨む4人のコンテスタント!

果たして優勝者は誰に…そして真の優勝者とは。

Sponsored Links

キャスト

亜夜役には、今最も注目され輝く女優の一人となった松岡茉優。

明石役には映画・ドラマ・舞台で目覚ましい活躍を続ける松坂桃李。

マサル役には『レディ・プレイヤー1』に出演し、スピルバーグ本人からその演技力を絶賛された期待の若手・森崎ウィン。

そして謎の少年・塵を演じるのは、100人を超えるオーディションで「塵そのものだ」と監督を唸らせた新星・鈴鹿央士が大抜擢されました。

松岡茉優/亜夜役

松岡さんは、子役を経て2008年にテレビ東京『おはスタ』に出演するようになってからは本格的に芸能界活動を開始するようになり、連続テレビ小説『あまちゃん』への出演を機に

バラエティ番組への出演も増えてきました。その後は「桐島、部活やめるってよ」「悪の教典」など数多くの作品に出演している若手女優さんです。

松坂桃李/明石役

松坂さんは、2008年に「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞しモデルとして芸能活動を開始してからは、スーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューを果たしました。

その後、『梅ちゃん先生』『軍師官兵衛』『ツナグ』など様々なドラマ・映画・舞台・CMなどに出演し 、現在では実力派若手俳優として活躍しています。

森崎ウィン/マサル役

森崎さんは、中学2年生の時にスカウトされたのをきっかけに芸能界入りし、翌08年のTVドラマ「学校じゃ教えられない!」で俳優デビューする一方で、ダンスボーカルユニット「PrizmaX」にも加入し活動しました。

俳優としてはドラマや、映画「パレード」「闇金ウシジマくん」などを経て、カリスマ歌手・尾崎豊をモチーフにした映画「シェリー」で初主演を務めた後、16年にスティーブン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー・ワン」で主人公の友人ダイトー役に大抜てきされ、ハリウッドデビューも果たしました。

風間塵役・鈴鹿央士のプロフィール

本作で4人のピア二ストのなかで、この人誰?というキャストが一人います。

それは100人のオーデションから大抜擢された新人…風間塵役の鈴鹿央士です!

鈴鹿さんは2018年のメンズノンノモデルオーデションでグランプリをとりメンズノンノの専属モデルをしていますが、俳優デビュー作品が本作の「蜜蜂と遠雷」です。

この作品で大注目されること間違いなしの俳優さんです。

名前鈴鹿央士(すずかおうじ)
岡山県出身bbb
生年月日2000年1月11日
趣味音楽鑑賞
Sponsored Links

ピアノはほんとに弾けるの?

本作でスポットが当てられる4人は、世界の頂点を目指すほどの実力を持ったピアニストたちの映画なので、俳優が「少しピアノが上手い」くらいでは観客の耳はごまかせません。

そのため俳優さんはほんとに弾けなくてもピアノ演奏シーンを弾いてるように演じ、後で本物のピアニストの曲を収録するのです。

そこで本作で映画内で奏でられるピアノの「音」を担当する本物のピアニストは、日本を代表する一線級のピアニストたちが集まりまさに映画史上、最も贅沢な演奏陣がそろいました。

4人の演奏者はそれぞれのキャラクターに沿った演奏をし、後で収録することになりますが「風間塵」には、若干18歳にして国際コンクールで優勝した天才・藤田真央が演奏し、収録を実施した実写版では本当に弾いている楽曲になるのです。

鈴鹿さんもピアノ経験はなく、役が決定してから電子ピアノで毎日練習に励みました。

本作ではキャストの俳優たちも、ピアノの演奏を猛練習して出演したそうです。

ピアノ演奏の演技力と、一級のピア二ストによる演奏曲の融合による音楽映画となります!

Sponsored Links

まとめ

直木賞&本屋大賞ダブル受賞の『蜜蜂と遠雷』は、ピアノやクラシックに全く興味がない人でも楽しめる映画です。

4人のピアニストよって、ピアノコンクールの優勝の座を争うその過程を描いた物語なので、誰がコンクールで優勝するか?注目の作品です!

映画「蜂蜜と遠雷」2019年10月4日公開

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)