シャーロック2話ネタバレやあらすじ感想!青木藍子と獅子雄の対決がやばい!菅野の演技力に神回!

2019年秋ドラマ「シャーロック」は、世界的に有名なアーサー・コナン・ドイルのミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作に、令和の東京を舞台にしたミステリーエンターテインメントドラマです。

シャーロック役をディーン・フジオカさん、相棒のワトソン役を岩田剛典さんが演じます。

2話目には、菅野美穂さんが出演します。

それでは、早速「シャーロック」2話のネタバレ感想です!


Sponsored Links


「シャーロック」2話ネタバレは?

誉獅子雄は、前回の事件で出会った若宮の家に勝手に移り住んでいた。

ある朝、捜査一課の江藤から魅力的なホトケが出たと連絡が来ます。

興味が持てないと獅子雄だが、若宮を連れて遺体安置所に行きます。

その遺体は、新宿駅で列車に轢かれて死んだ女性で、所持していた免許証から高橋博美と判明していた。

しかし死体と高橋博美の血液型は違っていた。

本当の高橋博美は?

獅子雄は、若宮を連れて、高橋博美の婚約者を訪ねます。

高橋博美は、婚約者がいるにも関わらず、不倫していたということでした。

その不倫の裁判を担当していたダーリントン法律事務所の弁護士青木藍子に話を聞きに行きます。

藍子は、免許証の高橋博美の写真を藍子に見せ、高橋博美本人かと聞きます。

本人で間違いないと、藍子は答えます。

しかし藍子がいないところで獅子雄は弁護士事務所のアルバイトの河本美沙に、その免許証の高橋博美の写真を見せます。

明らかに動揺した美沙の態度を見て、ある事を思いつきます。

その夜、美沙は若宮に明日会えないかと連絡をしてきます。

江藤から青木藍子の過去の弁護記録を取り寄せ調べます。

翌日、若宮は美沙に会いに行きます。

美沙は若宮に、自分が自己破産して藍子に面倒を見てもらっていることを告白します。

そして、美沙は写真の女は、高橋博美ではないといいますが、詳しい事を話すのは1日待ってほしいといいます。

藍子はなにを隠している?

獅子雄は過去に、藍子が担当した裁判の被疑者に会いに行きます。

その男は、自分の罪のせいで妹がマスコミにひどい目にあったといいます。

そして、免許証の高橋博美を写真を見せると、それは妹の「やましたさわこ」だといいます。

獅子雄は、藍子に会いに行き、生まれ変わりたいので戸籍を用意してほしいといいます。

そして「やましたさわこ」に高橋博美の戸籍を与えたのは、藍子だと獅子雄はいいます。

しかし藍子は、なぜ自分がそんな危険なことをする理由があるのかと否定します。

そして獅子雄は、事件を考えながらバイオリンを奏でます。

翌日、江藤から本物の高橋博美の死体が出てきたと連絡があります。

獅子雄は、藍子が本物の高橋博美を殺して、その戸籍を「やましたさわこ」に渡したといいます。

そしてその秘密を探ろうとしている美沙が危ないと若宮に言います。

若宮は美沙のもとへ向かいます。

事実を知った美沙に藍子の態度が豹変!

美沙は、事務所で藍子に話があるといいます。

藍子に美沙は、「やましたさわこ」について尋ねます。

美沙は、「やましたさわこ」がなくなった日に藍子に相談があるといって事務所に来ていたことを藍子に告げます。

藍子は、紅茶を入れ美沙に飲まないのか?と強い口調で言います。

美沙にあなたが生きていられるのは誰のおかげかと迫ります。

そこへ、獅子雄と若宮が現れます。

若宮は、美沙を事務所から連れ出し、獅子雄と藍子は事務所に2人になります。

獅子雄は、最初に高橋博美の事を聞いたとき、藍子が車輪の形をした置物を思わず見ていたことに気づいていました。

そして人は、危機に瀕したとき無意識に一番大事なものを見るものだと告げます。

藍子は、高橋博美に対して衝動的な感情から車輪の形をした置物で殴り、殺してしまっていました。

警察に連れて行かれる藍子に、美沙は「やましたさわこ」は自殺ではないといいます。

しかし、そんな美沙に藍子は冷たく接し、パトカーに乗り込みます。

Sponsored Links

「シャーロック」2話感想

菅野美穂さんがとにかくめちゃくちゃキレイでした!

いい人から急に豹変する演技は背筋が凍る思いで見ていました。

相変わらず演技が上手ですよね!

最後のシーンで藍子のにやりは意味深ですよね。

もしかするとまた出演されるのではないか?と私は予想しています。

アイリーンなのか?モリアーティなのか?というネットの声もあるようです。

また、獅子雄役のディーン・フジオカさんのバイオリンシーンも2話にして名物になってきているようですね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで、「シャーロック」2話のネタバレと感想をお送りしてきました。

2話は、「ダーリントン替え玉事件」をもとにしているようですが、獅子雄の「危機に瀕したとき無意識に一番大事なものを見る」は、まさにそのセリフですね!

また藍子の法律事務所の名前がダーリントン法律事務所でしたね。

次回、3話は地面師詐欺グループのお話だそうです

おそらく犯罪組織が絡む「タンカーヴィル・クラブ醜聞事件」をもとにするのかと思います。

そして3話もまた、獅子雄のバイオリンを奏でるシーンが見れるのでしょうか!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)