騙し絵の牙(映画)原作ネタバレあらすじ!キャストや公開日も!

塩田武士さんのミステリー小説『騙し絵の牙』が映画化。

原作は、映画化発表前からあることで話題となっていました。

それは、あらかじめ主人公を“大泉洋”と想定して執筆されたことです。

小説家と俳優の前代未聞のタッグに、注目を集めていました。

原作者の塩田さんは、大泉洋さんの作品研究だけではなく、実際に面会し、

大泉洋という人間の分析もし、作品に完璧な大泉洋を落とし込んだそうです。

今回は、そんな『騙し絵の牙』のあらすじ、キャストなどをご紹介していきます。

是非ご覧ください。

Sponsored Links

『騙し絵の牙』のあらすじは?

主人公は大手出版社“薫風社”で、会社のお荷物雑誌と言われている「トリニティ」の

編集長・速水輝也。40代半ばの速水は、周囲を和ませる笑顔、

ユーモア溢れる高いコミュニケーション能力の持ち主でした。

そんな速水の勤める薫風社は、大きな打撃を受けてしまいます。

前々からの出版不況に苦しんでいましたが、そこに創業一族の社長の急逝、

そして次期社長を巡る争いが沸き起こってしまいます。

専務の東松が行う大改革が、雑誌を廃刊に追い込む大ピンチを招くことに。

もちろん、お荷物雑誌「トリニティ」の編集長である速水も、

押し付けられる無理難題に悪戦苦闘。

しかし、この一見頼りない速水、実は笑顔の裏に“牙”を隠していたのです。

上層部や作家、同僚たちの嘘や裏切り、リーク、告発などで社内は暗黒化する中、

速水は、新人編集者・高野と共に、“大逆転”を図っていきます。

速水たちの大逆転劇は成功するのか!?

『騙し絵の牙』公式HP

https://movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/

Sponsored Links

『騙し絵の牙』キャストは?

大泉洋/速水輝役

お荷物雑誌「トリニティ」の編集長・速水を演じるのは、大泉洋さんです。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で主演を務められたことが記憶に新しいですね。

コミカルな人柄で、俳優業だけではなく、バラエティー番組でも大活躍されています。

1973年生まれ。

松岡茉優/高野恵役

新人編集者・高野を演じるのは、松岡茉優さんです。

若手ながら、日本アカデミー賞など数々の賞を受賞されている実力派女優です。

映画『万引き家族』や『ひとよ』などに出演され、迫真の演技をみせています。

1995年生まれ。

佐藤浩市/東松役

冷酷な専務・東松を演じるのは、佐藤浩市さんです。

数々の作品に出演され、日本アカデミー賞などの多くの賞も

受賞されている日本を代表する俳優です。

映画『64 -ロクヨン-』での迫力ある演技が記憶に新しいですね。

1960年生まれ。

Sponsored Links

監督は『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八

監督を務めるのは『桐島、部活やめるってよ』で有名な吉田大八さんです。

『桐島、部活やめるってよ』では、第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞、

最優秀監督賞を受賞されており、本作も歴史に残る作品になることが期待されます。

Sponsored Links

『騙し絵の牙』エキストラ募集中?

現在、撮影中の『騙し絵の牙』。

関東圏で撮影をされているようですが、エキストラ募集もされておりました。

現在も募集されている枠がありましたので、ご興味ある方チェックしてみてください。

まとめ(公開日)

ここまで、映画『騙し絵の牙』のあらすじやキャストなどをご紹介してきました。

原作は、主人公を大泉洋さんの設定で作られているので、たまにある主人公のキャストティングに

違和感を感じることはないですね。

そして、未発表のキャスティングも楽しみですね。

気になる公開日は、2020年6月公開予定です。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)