『トーゴ』(映画)ネタバレやあらすじは?そりに参加した犬のその後や当時のニュース情報も

ディズニーの実写映画「トーゴ」の制作が2016年に発表されてから、ようやく撮影開始のニュースが入ってきました。

主演はウィレム・デフォー、氷点下を犬ゾリでかける操縦者の役を演じます。

それでは公開された情報もまだまだ少ないのですが、「トーゴ」のあらすじ、ネタバレ、そして実際のニュースなどを紹介していきます。

「トーゴ」ってどんな映画?

写真は2018年にアラスカ行われた犬ゾリ大会の様子です。

1925年の冬、アメリカアラスカ州ノームでジフテリアが流行した時、
アラスカ州全域が激しいブリザードに覆われ、飛行機で血清を運ぶことができずにいました。

代わりに20もの犬ぞりチームが約1000キロの距離をリレーし、
ノームの人々に血清を届けることになります。

ソリを引くトーゴは、最後から2番目のチームのリーダーで、
このチームは、全チーム中一番長い、過酷な距離を走破する役目を追います。

そして、そのチームの操縦者とトーゴの間に、強い絆が結ばれていきます。

ネタバレ

この話、「1925 Nome Serum Run-sled Dog」として有名な実話を元にしています。

アラスカのノームまで、血清を届けに1000キロを犬ゾリリレーで運んだんですね。

そして、その英雄として大きく取り上げられていたのは、
最後の距離を担当したチームのリーダー、バルトでした。

1995年には「バルト」として、ユニバーサル映画でアニメーション映画が制作されました。

こちらはもちろん犬目線ですが、主人公はゴールを決めたバルトです。

ですが、本来のヒーローは、もっとも過酷な距離を走ったチーム、
そのリーダーのトーゴだと言う声があるんですね。

ディズニー制作サイドでも、「トーゴこそヒーロー」という意志をもって制作するそうです。

9月24日からカナダのアルバータ州での撮影を予定していて、
2019年の3月ごろには、何らかの形で映像を公開するそうですよ。

過酷な環境で進む犬ゾリ、トーゴのリーダーとしての力、
そしてそれを駆る操縦者役のウィレム・デフォーの葛藤など、
大きな感動を与えてくれること間違いなしですね。

当時の様子は?

上記は実際のトーゴの写真です。

トーゴは犬ゾリには向いていないほど小さな体で、
黒や茶色、灰色が混じったシベリアンハスキーでした。

1924〜25年の冬、アラスカのノームの町でジフテリアが広く蔓延してしまいます。

春まであらゆる流通手段が途絶えた町に血清を届けるため、
映画と同じく、犬ゾリリレーで合計で1,085kmの距離を進むことにします。

リレーは1月27日午後9時に、操縦者シャノンがブラックイーが率いる
11匹の経験の浅い犬のチームをすぐに出発しますが、
-46°Cの中、シャノンは低体温症を起こしながら、午前3時にミントに到着します。

中継が何度も行われましたが、シャノンのように低体温症や凍傷にかかったり、
犬たちも力つき、行程の途中で死んでしまい、操縦者がソリを引いた区間もありました。

そして、レオンハルト・セパラと彼の犬ゾリチームは、リードドッグのトーゴと共に、
1月27日から1月31日までノームから560kmを駆け抜けます。

気温は-34℃、体感温度は-65℃の中、トーゴはチームを率いて、
凍った海岸線、リトルマッキンリー(デナリ:上記画像)を横断、
そして睡眠6時間という過酷な旅を、5日間も続けます。

2月2日の午前5時、レオンハルト・セパラとトーゴから引き継いだ
Gunnar Kaasenとバルトがノームの町に到着しました。

Gunnar Kaasenは
「最終的に町を救うために賞賛されることが多いのは、バルトですが、
 55マイル走っただけなんです。この素晴らしい結果をもたらしたのは、トーゴだった。
 200マイルもの距離、危険海岸線を横断し、チームと操縦者を勇気づけて救った」
とコメントしています。

参加した犬のその後や当時のニュース情報

写真は、アンカーチームのリーダーバルトです。

バルトのチームも到着時には、視覚に影響が出るほど衰弱し、悲惨な様相だったと言います。

そのせいか、やはり人の目に多くついたバルトが英雄化していきました。

1925年2月から1926年2月まで西海岸をツアーし、
短編映画「Balto’s Race to Nome」にも出演しました。

1925年12月に訪れたニューヨークのセントラルパークには、
彫刻家のフレデリック・ロスによるバルトの像まで公開されました。

バルトは1933年3月に14歳で死に、その姿はクリーブランド自然史博物館に展示されています。

そして、トーゴはというと、ツアーにはバルトとともに参加していましたが
「ヒーローはトーゴとレオンハルト・セパラだった」という声に後押しされ、
1929年12月に16歳死ぬと、翌日のニューヨーク・サン・タイムズの見出しは、
「犬のヒーローが亡くなってしまった」でした。

そして、トーゴの死後には、なんとセラム自らがトーゴを剥製にし、
その姿は今でもアラスカの博物館で見ることでができます。

多くの犬たちが死に、操縦者たちも負傷したこの命のリレー、
今でもアラスカを始めとするアメリカで、多くの人に語り継がれているのは納得ですね。

まとめ

実話をもとにした映画は多くありますし、動物ものもたくさんあります。

今作も、改めて真のヒーロー犬を讃える名作映画となるでしょう。

すでに、過酷な環境を想像して、犬好きはたまらなくなっているのではないでしょうか。

そして、実際に深い絆で結ばれていた操縦者とリーダーのトーゴ、
その関係がウィレム・デフォーの演技でさらに深まることは間違いないでしょう。

2019年に公開されるだろうこの「トーゴ」、これからも新情報はチェックですよ!

SNSで共有しましょう!

2 件のコメント

  • 画像二つ目のアニメの説明
    「そして、その英雄として大きく取り上げられていたのは、最後の距離を担当したチームのリーダー、ボルトでした。
    1995年には「ボルト」として、ユニバーサル映画でアニメーション映画が制作されました。」

    ボルト ではなく バルト- だと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)