大怪獣のあとしまつ(映画)ネタバレやキャストは?タイトルの意味やコメディ要素はあるの?

ライバルである松竹と東映が、初めてタッグ組むことで話題となっている

特撮映画『大怪獣のあとしまつ』。

脚本は完全オリジナルで、主演には山田涼介さん(Hey!Say!JUMP)、

ヒロインには土屋太鳳さんが抜擢。

ヒーローが倒した巨大な怪獣を片付けるという、斬新なストーリーで、

コメディー要素がたくさん詰まった作品となるようです。

ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』で見せた変顔が

話題となった山田さんが、スクリーンで観客をどう楽しませるのか、

真面目で一生懸命な印象が強い土屋さんがどんなユーモアを見せてくれるのか注目の作品です。

今回は、そんな『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ、キャストなどをご紹介していきます。

是非ご覧ください。


Sponsored Links


『大怪獣のあとしまつ』のあらすじは?

この国を襲った大怪獣をヒーローが倒し、一見落着となる物語が多いですが、

本作はここから始まります。

大怪獣の死体は、驚くほど巨大で、いつガス爆発を起こしてもおかしくない状況。

こんな巨大な死体が爆発してしまったら、大惨事どころではありません。

そんな国家的危機の現場指揮を任されたのは、首相直属の特殊部隊の帯刀アラタ。

そして、アラタの前に現れたのは、環境大臣秘書で元婚約者の雨音ユキノ。

アラタとユキノの2人は、かつてない無理難題な“巨大な死体の後片付け”に立ち向かうことに。。

知恵や工夫をこらす2人に再び愛が芽生える!?

果たして、この任務を無事に完了できるのでしょうか・・!?

『大怪獣のあとしまつ』・公式サイト

https://www.daikaijyu-atoshimatsu.jp/

Sponsored Links

『大怪獣のあとしまつ』キャストは?

山田涼介(Hey!Say!JUMP)/帯刀アラタ役

特殊部隊の帯刀アラタを演じるのは、山田涼介さんです。

人気グループHey!Say!JUMPのメンバー。

映画『暗殺教室』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、

俳優としてのキャリアも積んでいます。

2020年は、本作の他にも、『記憶屋』、『燃えよ剣』に出演しており、

今後の活躍も期待されています。

1993年生まれ。

土屋太鳳/雨音ユキノ役

環境大臣秘書の雨音ユキノを演じるのは、土屋太鳳さんです。

若手女優ながら、数々の作品に出演されていますが、

土屋さんも日本アカデミー賞新人俳優賞など、多くの賞を受賞しています。

最近では、バラエティー番組にも多く出演するなど、活躍の幅を広げられ、

真面目でピュアなキャラクターで高い好感度を得ています。

1995年生まれ。

Sponsored Links

『大怪獣のあとしまつ』コメディ要素がたっぷりの映画なの?

冒頭でもご紹介しましたが、本作はコメディー要素を多く含むものとなるようです。

主演の山田さんのコメントにも、コメディーである旨がありました。

山田涼介のコメント(引用・抜粋)

最初にお話を聞いた時、真面目な映画への出演が多かったなかで、本格コメディ映画は初めてのお話で、すごく迷いがありました。ただ台本を読ませて頂いて、ふざけた情景のなかに超真面目な主人公のギャップ…これは面白い!と思い、ぜひ出演させて頂こうと思いました!いまはプレッシャーはあまりなく、とにかく三木監督の期待に応えられるよう、全力でふざけて、面白く仕上げて行きたいと思います。
大人が全力でふざけるとこうなるのか!と思うような内容です(笑)。そしてさらに、ウソかと思うような驚きの豪華キャストで、ふざけ倒します!土屋さんとは芝居で初めての共演になりますが、“ツッコミ”の多い役どころで、すごく真面目ながらユーモアさを持つ彼女の今作での“ツッコミ”が楽しみです。

コメディー作品のイメージがない山田さんと土屋さんの出演ということで、

面白さの他に新鮮さも感じられそうですね。

また出演キャストは、山田さんと土屋さん以外は発表されていませんが、

豪華キャストがふざけるとのことで、キャスト発表が楽しみです。

Sponsored Links

『大怪獣のあとしまつ』みんなの反応は?

松竹と東映の初タッグ映画、人気俳優の出演ということで、注目度が高い作品ですが、

みなさんがどのような反応をしているのか調べてみました。

楽しみにされている方が多くいらっしゃいました。

特撮映画の怪獣の後始末が気になっていた方が多くいらっしゃるようで、

需要がある映画だとコメントされている方もいました。

また、山田さんと土屋さんの共演を喜ぶ声も多くありました。

まとめ

ここまで、映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじやキャストなどをご紹介してきました。

松竹と東映の初タッグ映画とのことで、特撮好きの方にはたまらない作品です。

また、コメディー要素を多く含んでいるようなので、特撮好きでなくても楽しめるかと思います。

そして現時点では未発表の内容も多いので、出演者の発表や予告の解禁が楽しみですね。

気になる公開日は、2020年以降と詳細未定です。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)