シロクロパンダ|レンと母親の部屋の写真の黒が違うのはなぜ?双子の姉妹の一人はどこ?

2020年1月12日からスタートした日テレ系列日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

主演が清野菜名横浜流星の若手実力派俳優がW主演で話題になっていました。

また、去年から日テレ系列日曜ドラマは考察がないと見ることができないような流れになっています。

今回の日曜ドラマには第一話から疑問になることが多くありました。

そこでこの記事ではレン双子説について考察したいと思います。


Sponsored Links


『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』あらすじ

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダとそのパンダを操る男・飼育員さんがMr.ノーコンプライアンスからの依頼を受け、巷に溢れるグレーな事件にシロクロをつける物語。

しかし、飼育員さんがミスパンダと一緒にグレーな事件を暴いているのには過去の消えない記憶からだった。
また、ミスパンダについても謎なことばかりである。

アメコミのような痛快さと先の展開が読めない新時代のシニカルミステリー。

公式サイト

https://www.ytv.co.jp/shirokuro/index.html

考察のときは人物相関図に謎を明かす鍵が隠されていることがよくありますので、注意深くして読み込んでおきたいです。
いつ更新されるかも謎です。

Sponsored Links

レンは双子!?

ドラマが終わり、SNSでは早速考察が始まっています。

確かに誰もが気づくであろうおかしな点があったからです。

それはレンとその母親・川田麻衣子が持っていた写真の黒く塗りつぶされている人物が違うとこ。

その不思議な点からSNSではレンが双子なのではないかという考察が相次いでいます。

写真を見る限り、レンと母親が並んでいてその横に明らかにレンと同じくらいの子供が黒く塗りつぶされています。

また、母親の写真を見るとおそらくレンが黒く塗りつぶされていて知らない子供が映っています。

レンとその子供の顔が全く同じなのです。

母親の両隣に写っていてレンと顔が似ていることから明らかにレンは双子という推察になります。

しかし、それだけでこの考察は終わりません。

Sponsored Links

双子の姉妹の一人はどこへ?

ほぼ100%双子説は正しいと思いますが、ではその双子はどこにいるのでしょうか。
なぜレンの写真では塗りつぶされているのでしょうか。
謎はさらに深まるばかりです。

10年前の川田家

ここで第一話の情報と公式サイトの情報を整理したいと思います。

・10年前の事件をきっかけにネガティブになり、現在レンは精神科医に通院している
・麻衣子はレンを溺愛しており、10年前のある事件がきっかけで現在入院中
・喫茶店の店主の加賀はレンの過去を知っている

川田家は10年前の事件を境に全てが狂いだしていることがわかります。
10年前の事件とは一体何なのでしょうか。
きっとこの事件に双子の行方も関わっていくことでしょう。

双子の死について

私の予想では川田レンはもう死んでいるのではないでしょうか。
レンを溺愛していた麻衣子からすると、レンが亡くなったことがショックで現在入院していると考えられます。
また、10年前から天才美少女棋士だったレンは突然ネガティブ思考になったことから双子がその運命を一緒に背負っていると考えられます。

答えはまだまだわかりませんが、今後の展開とSNSの考察が楽しみです。

Sponsored Links

まとめ

第一話では少しずつ最終回と結ぶつくであろうパズルのピーズが散りばめられていました。
今回はその中の1つであるレンが双子説を考察してみました。
まだまだ謎は明かされず、今後私達は振り回されていくと思いますが、めげずに楽しみながら考察してみてください。
このドラマはミスパンダと飼育員さんのアクションも見どころです!

来週はどんな敵がいてどんなパズルのピーズが明らかになるのでしょうか。

乞うご期待!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)