シロでもクロでもない世界でパンダは笑う(10話最終話)ネタバレ!直輝とレンは結ばれない?続編の伏線は?

ついに今回で、シロクロつけるのも最終話!

直輝は、ミスパンダと共に世の中のグレーゾーンを、シロクロつけていたが、父を殺した人物もわかり、一件落着!

…かのように思えた。

でもまだ直輝自身の問題が終わってはいなかった。

果たして、どうなる最終話!

最後はハッピーエンド?

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う(10話最終話)ネタバレ

コアラ男は、あずさの自作自演で、兄との共犯だった。

それに巻き込まれてしまった直樹の父・哲也。

犯人が分かったことで全てが解決したかのように思えた。

しかし、直輝はすべての復讐にレンを巻き込んでしまったことに、責任を感じていた。

レンをミスパンダにしたことを、両親代わりの春男・佳恵に怒られ、心が晴れない。

直輝は再び事件と向き合うために、佐島に会いに行く。

佐島があずさと一郎に向き合う姿を見て、直輝は自分自身のことも決着つけようと決意する。



直輝は神代からミスパンダの正体を明かすよう、言われていたが、やはり答えることはできなかった。

「ミスパンダは現れません」

そういうので精一杯だった。

しかしすべてが終わったにも関わらず、いきなりパンダちゃんねるの配信が!

そこにはミスパンダの姿が。

ミスパンダは視聴者に向かって

「飼育員の手を離れてこれからは好きにやる!」

と告げ、配信を終える。

いったいどういうことだ?!



そしてぱんだちゃんねるには、手足を拘束された神代が。

「あなたの仕事はグレーだ!」

そういうと、神代を殴る様子が放送される。

「グレーな人が多すぎるので、私の仲間を呼びたいと思います!」

そう言ったミスパンダは、動物のお面をかぶった6名の仲間を画面上に集めた。

危ない政治家や、何でも許される上級国民さん、といって、いくつか例を挙げ、放送を終える。

放送を見た視聴者たちは大盛り上がり。

直輝は録画されていた場所に心当たりがあったので、そこへ向かうが、既にミスパンダの姿はなかった。



レンの病院へ行こうとした春男と佳恵のもとに、ミスパンダが現れる。

春男が「リコか?」と尋ねると、

ミスパンダは「うん」と認めた。

そして

「シロクロつけにきたよ」と答えたのだ。



都心の各地では、ミスパンダが現れそうなところに厳戒態勢が敷かれるが、ミスパンダはそのまま春男と碁を打っていた。

春男に碁は負けたが、

「やらなくちゃいけないことがある」

と言って、リコはお店を去っていこうとする。

春男はそんなリコに向かって

「またやろう」と声をかけた。




数日前、直輝の跡をつけていた神代は、ミスパンダは入院しているリコなのではないか、と推測する。

ちょうどリコが目を覚ました時、神代が病室にいた。

リコは神代に、直輝のことを見張ってほしいと頼み、ミスパンダとして最後にシロクロつけるため協力してもらえれば、正体を明かしてもいい、と取引をする。

動画配信で神代が捕らえられ、他の仲間たちを集めたのも、ミスパンダの計画のひとつ。



直輝が部屋に帰ると、ミスパンダが部屋にいた。

「私はこれからひとりで、ミスパンダを続ける。

私は絶対レンには戻らない。

そういうことだから覚悟してね」

そういうと、ミスパンダは直輝に殴りかかった。



殴りかかったが、直輝のほうが実力は上だった。

殴りかかるミスパンダを抱きしめると

「下手な芝居をやめろ」

と怒鳴る。

それを聞いてミスパンダは

「実は私、結構前から目を覚ましてたんだ。

でも目覚めるのが怖くて。

私のせいで、他の人を苦しめるんじゃないかと思って。

でも飼育員がひとりで死のうとするから、

見せてあげようと思って。

ミスパンダはもう飼育員だけのヒーローじゃない。

みんなのヒーローなの。」

と言った。

そして最後に

「私はレンに戻るよ。」

と言った。

それを聞いた直輝は

「本当にそれでいいのか?」と確認する。

ミスパンダは直輝の目をじっと見て

「私の夢はかなったから」

と言った。



病院で目を覚ましたリコは、母のもとへ会いに行った。

「リコ?」

と確かめる母。

「母さん、私、お母さんに産んでもらって本当によかった。

ありがとう。」

と言ってリコは立ち去ろうとした。

すると母は、リコの後ろ姿に向かって

「ずっとリコのことを考えてたの。

ごめんなさい。

私、あなたに何て酷いことしたんだろう。

リコ、生まれてきてくれて、ありがとう。」

と言ったのだった。

リコはそれを聞いて、母のことをじっと見つめた。

そういって泣く母の姿を見て、リコも涙が溢れてきた。

刑務所のガラス越しに、手を重ねた2人。

それでリコはもう救われたのだった。


リコはそこまでを直樹に話すと

「私は檻の中に戻りたい。」と言った。

直輝は

「リコ、君に会えてよかった」

そういって、リコの頭を優しく撫でた。

両手で顔をはさみ、

「さよなら、ミスパンダ」

と呟くと、優しくミスパンダにキスをして、催眠を説いた。

もう、リコとはこれでお別れだった。

リコは幸せそうな顔をして、直輝の腕のなかで、意識を失った。




レンが目を覚ますと、いつも通りの朝だった。

バイトに遅刻しそうだと、走っていくレン。

そして直輝が前から歩いてくる。

だが、レンの記憶はもう消えており、直輝の記憶もなくなっていた。

だから、直輝とすれ違っても、目をくれることもなく、まっすぐ走っていった。



バイトするレンを見て、春男と佳恵は

「本当にこれでよかったのか」

と考える。

でもその答えは今すぐには分からないだろう。



直輝はひとり自室の加賀美の前に座り、

「ありがとう、リコ・レン。

ありがとう、ミスパンダ」

と言った。

そして、はちみつを手に取った。

はちみつを垂らすのは、記憶から

レンやリコ、ミスパンダを消すためだった。

だんだんと意識が薄れる直輝。

そしてゆっくり沈むように、倒れていった。



数か月後、レンは碁の大会で、優勝した。

優勝が決まった瞬間、胸元から家族写真を取り出し

「やったよ、リコ」と呟いて、笑って見せた。



大会が終わり、なぜか引っ張られるように、あのパンケーキのお店に入っていった。

何と隣の席には直輝が座っていた。

レンと直輝のもとに、頼んでいたパンケーキが運ばれてくる。

そして2人は、同時にはちみつを手にとって、パンケーキにかける。

2人は、パンケーキから目を離すと、引き合わせ合うように、目をあわせた。

Sponsored Links

huluオリジナルストリー・続編の伏線は?

huluでは事件から5年後の

オリジナルストーリーが配信開始!

直輝は門田の研究室を引き継ぎ、無事に精神科医に!
(白衣で眼鏡の横浜流星くんが見れます!!!)

直輝は大学時代の友人が抱えている悩みを解決しようとしますが、

受け持っている患者のことも心配だった。

周りの人や患者など、多くの人の悩みを聞くが、自分のなかでは言葉にできないような気持ちが沸きあがってくる。

そんなとき、あるサイトをみつける。

―――――

とここまでが、huluのあらすじ欄に書かれているストーリー!

このサイトこそが、もしかしたらミスパンダのことを書いたサイトなのかも?

過去にミスパンダが起こした事件について、調べれば調べるうちに自分のなかの無力感がなくなり、生きる気力になっていく。

そしてこんなに大ごとになった事件なのに、自分のなかで記憶が一切ないことを不信に思い、結局またミスパンダについて調べ始めてしまいそう。

そこでどうやってレンと繋がるのかはわかりませんが、惹かれ合っている2人ですから、きっとまた一緒に行動しているシーンが見れるでしょう♪

Sponsored Links

まとめ

まさかの最後の終わり方~~~!

これはまた何かが始まる予感…!

と思ったら事件から5年後のストーリーが、huluにて限定公開!?

2人の再会に心躍りますね…!

果たしてレンは再び直輝と恋に落ちるのでしょうか?

最後の最後に、直輝が自分自身に催眠をかけているシーンは

「そうきたか~~!」

っていう感じでしたが、やっぱり惹かれ合ってしまう2人なんでしょうね!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)