テセウスの船|1話ネタバレ感想!佐野文吾は犯人じゃない?心と過去に戻る人間がほかにも?

2020年1月19日(日)夜9時スタートの日曜劇場「テセウスの船」は、警察官の父親が起こした殺人事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、事件の謎を追うミステリーです。

原作は、週刊漫画誌「モーニング」で連載されていた東元俊哉の同名漫画です。

出演は、父親の事件の真相を追う田村心役を竹内涼真さんが演じます。

それでは早速「テセウスの船」1話のネタバレ感想をお送りします。


Sponsored Links


ドラマ「テセウスの船」1話のネタバレって?

田村心の父親である佐野文吾は、心が生まれる前にある事件で逮捕されます。

佐野は警察官でした。

それから心は加害者家族として生きてきました。

母親からは人前で笑ってはいけない、父親はいないと言われます。

そんな父親はいまだに無罪を訴えています。

心の妻である由紀は、そんな心を受け入れています。

由紀は妊娠していて、心は幸せの中にいました。

しかし由紀は子供を出産後、妊娠中毒で死んでしまいます。

由紀は最後に心に父親のことを信じてあげてといいます。

心は由紀が調べた佐野文吾の資料を見ます。

資料には、佐野文吾の事件の前に村では不可解な事件が何件も起きていたということと、佐野の事件に冤罪の可能性ありと書かれています。

心は母親に佐野文吾について尋ねます。

しかし母親は口を閉ざします。

そんな母親に心は佐野に会ってくると言います。

父親である佐野文吾に会う前に、心は事件現場の小学校の跡地に行きます。

過去にタイムスリップした心は?

その時、深い霧が心を覆います。

目を覚ました心が見たものは、無いはずの小学校でした。

おかしいと思い周りを走り回る心は雪の中で倒れている女の子を見つけます。

心は女の子を病院に連れて行きます。

病院のカレンダーは1989年で、テレビでは新元号である平成を発表しています。

由紀の資料を見ると、そこには佐野鈴という女の子が雪の中で倒れたところを発見されるというものでした。

鈴は心の姉で、この事件のせいで顔に大きな凍傷の跡がありました。

その時、ある男が病院にやってきます。

それは31年前の佐野文吾でした。

娘を助けてくれた心に佐野はお礼を言いますが、心は動揺してしまいます。

病院を出ると女の子がいます。

由紀の資料によるとその女の子・三島千夏はその日除草剤で死ぬと書かれています。

心は除草剤を持ち出しますが、千夏に見つかってしまい泥棒と言われてしまいます。

その姿を新聞配達員の長谷川翼に見られてしまいます。

除草剤を捨てた心は佐野が女の子を連れていく姿を見ます。

追いかけようとする心を呼ぶ声が聞こえました。

それは31年前の母親と兄でした。

心は、母親と病院へ行きます。

心の発見のおかげで、鈴の顔の凍傷のあとが残らないということでした。

過去が変わったことで、心はもしかしたら父親の事件も防げるのではと思います。

変わらない過去に心は?

しかし千夏は、倉庫で倒れていました。

発見したのは佐野でした。

結局千夏は死んでしまいます。

心は過去が変えられなかったことにショックを受けます。

しかし父親の事件と向き合うため、派出所に行きます。

佐野に話を聞こうとした時、長谷川が派出所にやってきます。

長谷川は、心が千夏と一緒にいたと言います。

しかし佐野は自分が話を聞くといます。

緊迫した空気の中、母親の和子がやってきます。

そして鈴の恩人である心に失礼なことをしないでと怒ります。

一緒に朝食を食べようという和子と共に、子供のころの兄と姉と食事をします。

明るく笑顔の絶えない食卓の中、心は初めて母親の笑顔を見ます。

和子たちが千夏のお通夜に行っているときに、心は佐野の派出所の机を探ります。

そこには、除草剤がありました。

心はやはり佐野が犯人だったとショックを受けます。

過去を変えるために心が動き出す

由紀の資料には、このあと起こる事件について書かれていました。

心は、この事件をすべて止めれば父親の事件も起きないのではと考えます。

家族のために、父親である佐野文吾を殺してでも事件を止める決意をします。

そして雪崩に巻き込まれるはずの木村を助けます。

疑われる心は?

そんな時、刑事の金丸が心を取り調べると家にやってきます。

和子は止めますが、金丸には佐野が電話したということでした。

心は、家族のためを思い佐野が除草剤を隠し持っていることを言えませんでした。

金丸は、物証がないということで心を釈放します。

心が村に戻ると6日後にいなくなるはずのあかねが行方不明になっていました。

あかねを探していると、銃声が聞こえてきます。

そして血のついた足跡を見つけます。

佐野の本当の姿を見て心は?

その足跡の先の崖の下にあかねと佐野がいました。

心は佐野があかねを襲ったと疑います。

しかし佐野はあかねを助けに行き、その時熊に襲われて崖の下に落ちたということです。

足を怪我した佐野は、あかねを助けるために自分は吹雪の中に残ると言います。

心はそんなことはできないと言います。

しかし子供を守るのが大人の使命だという佐野の言葉を聞き、心は佐野を置いてあかねを助けます。

あかねを村の人に託した心は、佐野を助けに行きます。

そこには、吹雪の中で倒れる佐野がいました。

佐野は衰弱しており、助けられることをあきらめていました。

しかし心はあなたに生きていてほしいといいます。

その言葉に佐野は、最後の力を振り絞ります。

心は自分を犠牲にして子供を助ける佐野を見て、ようやく佐野を自分の父親だと認めます。

未来から来たという心に佐野は?

助けられた佐野と心は一緒に温泉に入ります。

そこで心は信じられないかもしれないが、自分は未来から来たと言います。

佐野は笑いながらも心の言葉を信じます。

そして心は佐野が俺の父さんでよかったと思います。

Sponsored Links

ドラマ「テセウスの船」1話感想って?

初めは怪しすぎる父親・佐野文吾でした。

しかし心が佐野を父親と認める温泉のシーンは思わず泣いてしまいました。

佐野が犯人ではないとしたら真犯人は誰なんでしょうか?

それともやはり佐野が本当の犯人なんでしょうか?

今のところ村の人たち全員怪しすぎます。

次回の展開が楽しみすぎます!

Sponsored Links

まとめ

ここまで「テセウスの船」1話のネタバレ感想をお送りしました。

真犯人は誰なんでしょうか?

次回「テセウスの船」2話は、1月日(日)夜9時からスタートです。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)