『家族のはなし』ネタバレやあらすじは?キャストや公開日・最新予告動画も!

映画マニア、管理人です。

映画『家族のはなし』は、お笑い芸人の鉄拳さんのパラパラ漫画『家族のはなし』を、岡田将生さん主演で映画化したものです。

監督は話題になったドラマ『リバース』、『Nのために』、『コウノドリ』などの演出などを手掛けた山本剛義さんです。

本作は、家族の絆・漫画のコンセプトでもある『面倒くさい幸せ』をテーマに描かれた心温まるストーリーが特徴の作品です。

そんな『家族のはなし』について順番に紹介してきたいと思います。

『家族のはなし』のあらすじは?ネタバレも

長野でリンゴ農家を営む両親のもとで生まれ育った主人公・小林拓也(岡田将生)は東京で大学へ行きながらもバンド活動に熱中し、プロを目指すようになっていきます。

ですが、プロへの階段の途中で挫折し、すれ違いながらも家族の大切さ・温かさを再発見しながら成長していきます。

心が温まるような映画になるのは間違いなし。

最終的にはどうなるのか気になりますね。

ここからはネタバレになります。

彼は故郷にいる両親の元へと帰り、二人は快く迎え入れてくれますが、素直になれません。

結局、ある日、両親が自分の高校時代の部活で活躍していた時やバンド活動についての新聞記事の切り抜きを大切に引き出しに保管しているのを見てしまい、家族の愛を再確認します。

そして、再び夢を追いかけるために東京へと戻ります。

これが、原作の『家族のはなし』の結末です。

漫画ではこのような結末になっていますが、映画版ではどうなのでしょうか。

予想では、漫画はパラパラ漫画で大まかなストーリーで描かれていることもあって、映画版ではもっと詳しく描かれることになるのでは、と思います。

ラストでは、主人公が夢を追いかけるために東京へと戻ってからの模様も描いていくのではないでしょうか。

さらに言うと、ストーリーは大幅に変えると違うストーリーになってしまって、原作のアピールができないのでストーリーはそんなに変わらないのではと予想できます。

映画の本編ではどういう風に、このパラパラ漫画の世界が描かれていくのか、楽しみですね。

『家族のはなし』のキャストは?

まだまだキャストは増えていくかと予想しますが、簡単にご紹介したいと思います。

小林拓也役/岡田将生さん

岡田将生さんは、『天然コケッコー』で夏帆さんと共に主演に抜擢され、その後、2009年に『重力ピエロ』、『ホノカアボーイ』、『ハルフウェイ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』などでメインキャストを務め、アカデミー賞やブルーリボン賞をはじめとした様々な新人賞を受賞しました。

その後も、『告白』、『悪人』でアカデミー賞優秀助演男優賞や、『リーガル・ハイ』でドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。

『ゆとりですがなにか』でコンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演男優賞を受賞するなど、その演技は高く評価されています。

その後も数々の話題作に出演しており、常にテレビドラマ・映画などに引っ張りだこの実力派俳優さんです。

また、ロケなどの目撃証言から次の人物も候補に挙がってきました。

ただ、下記の方たちは正式に発表されているわけではありません。

時任三郎さん

成海璃子さん

菅田将暉さん

最近は主役級の役が多いですが、今回は脇役になるのかな。

『家族のはなし』の公開日は?

『家族のはなし』の公開日は、2018年内ということまでしか決まっていません。

細かい日にちはどうやら未発表のようです。

まだ公開日が発表されておらず、予告編なども公開されていないという状況から、2018年上半期に上映される可能性は低いと思われるので、2018年下半期に公開されるのではないでしょうか。

クランクアップしたという話も出ておらず、予告編がつくられていない、また、キャストも岡田将生さん以外は未発表とのことから、撮影もまだ終わっていないという可能性も考えられます。

しばらく待つことになりそうですね…。

『家族のはなし』の最新予告動画!

実は、『家族のはなし』の最新予告動画はまだ一切出ておりません。

ただ、岡田将生さんのビジュアルやストーリーなどは公開されています。

下にある写真が、岡田将生さんが髪を金髪にし、初のギターに挑戦し演じた拓也です。

なかなか金髪姿は見れないと思います。

それだけでも女性ファンはキュンキュンするかもですね。

まとめ

ここまで、映画『家族のはなし』のストーリー、ネタバレ、キャスト、公開日、予告編について紹介してきました。

豪華なキャストに心温まるストーリー、とっても気になっちゃいましたよね。

まだ公開日も決まっておらず、予告編も出ていない本作ですが、情報解禁が待ち遠しいですね。

映画『家族のはなし』は2018年内に公開されます。

今は情報解禁を首を長くして待ちましょう。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)