カイジ映画シリーズのおさらいと名キャラ!原作と異なるところを調査!

福本伸行の人気コミックを原作とした映画『カイジ』シリーズ。

ハマり役といえる主演の藤原竜也に、香川照之や天海祐希といったベテラン勢の好演。

さらにスリリングで息もつかせぬ脚本によって、原作とは違った魅力を引き出すことに成功しました。

そんな『カイジ』シリーズですが、近く9年ぶりの新作となる『カイジ ファイナルゲーム』の公開も控えています。

劇場に足を運ぶ前に、原作や過去のシリーズ作品を見返そうと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はこれまでの『カイジ』シリーズを振り返ってみたいと思います。

各作品のあらすじや登場人物、原作との相違点について触れているので、年末年始で時間がない人もこの機会にご覧ください。


Sponsored Links


『カイジ』シリーズとは?

映画『カイジ』シリーズは福本伸行による漫画作品を原作としています。

原作の連載開始は1996年。現在でも『ヤングマガジン』で連載が続いており、累計発行部数は2100万部を突破。

現在でも同誌の読者ランキングで上位に入るなど、大人気の漫画となっています。

独特の言い回しが特徴の原作コミックですが、映画版では主人公のカイジを藤原竜也が好演。完全にハマり役として際立った印象を与えました。

さらに、その脇を固めるのは香川照之天海祐希(第一作)、そして吉高由里子伊勢谷友介(第二作)といった豪華俳優陣。

シリーズはこれまでに二作品が制作されており、いずれも大ヒットを記録。

2020年には完結作となる『カイジ ファイナルゲーム』の公開も控えています。

Sponsored Links

これまでのシリーズ作品を紹介

ここでは『カイジ』シリーズの各作品を紹介します。

『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年)


シリーズ第一作となる『カイジ 人生逆転ゲーム』は2009年に公開されました。

監督は佐藤東弥。『ごくせん』や『ハケンの品格』など、数多くのテレビドラマを手掛けてきた監督です。

主要キャストには、主人公カイジを演じる藤原竜也のほか、天海祐希香川照之、さらには友情出演として松山ケンイチが名を連ねています。

脚本は原作で描かれた「限定ジャンケン」「ブレイブメンロード」「Eカード」を中心に再構成。

借金を背負った主人公カイジが、命がけのギャンブルを勝ち抜き一攫千金を狙うストーリーとなっています。

本作は興行収入22億円の大ヒットとなり、続編の制作に弾みをつける形となりました。

『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2011年)


シリーズ第二作となる『カイジ2 人生奪回ゲーム』は2011年に公開されました。

監督は前作に引き続き佐藤東弥。今作からの新たなキャストとして、伊勢谷友介生瀬勝久などが出演しています。

こちらは原作で描かれた「チンチロ」「沼」に加え、オリジナルゲーム「姫と奴隷」を中心に描かれます。

さらにストーリーも大胆なアレンジが加えられ、前作で失脚した利根川がカイジと手を組むなど、原作にはない展開が描かれます。

第一作に続き、こちらも興行収入16億円の大ヒットを記録しました。

『カイジ ファイナルゲーム』(2020年)


前作から9年の時を経て『カイジ ファイナルゲーム』が公開されます。

これまでと同じく佐藤東弥が監督を務め、新キャストとして福士蒼汰関水渚新田真剣佑らが出演します。

本作は原作者の福本伸行による完全オリジナルストーリーとなっており、原作にはないゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場します。

Sponsored Links

『カイジ』シリーズの登場人物

ここでは『カイジ』シリーズの主な登場人物を紹介します。

伊藤開司(藤原竜也)


シリーズの主人公となる伊藤開司(カイジ)。

友人の借金を肩代わりしたことで、帝愛グループの主宰する命がけのギャンブルに挑んでいきます。

一度は地下労働から這い上がり大金を手にするものの、人を信用しやすい性格が仇となり人生逆転は果たせていない様子。

藤原竜也による演技は強烈で、数々の名場面・名言を残してくれました。

利根川幸雄(香川照之)


第一作、第二作に登場した利根川。香川照之が演じており、彼もまた大きな存在感で名スピーチを残してくれました。

帝愛グループの幹部であり、会長にも気に入られる存在でしたが、地下労働から這い上がってきたカイジに失脚させられます。

第二作では地上に出たカイジの前に姿を現し、帝愛へ復讐するため彼と手を組みます。

遠藤凛子(天海祐希)


第一作に登場した遠藤。原作では男性のキャラクターでしたが、映画化にあたって女性に変更され、天海祐希が演じています。

帝愛グループの幹部として、カイジを命がけのギャンブルへと引き込んだ張本人です。しかし、目の敵である利根川を倒すため、カイジと手を組み勝利へと導きました。

どうやら、彼女は最新作『カイジ ファイナルゲーム』で再登場するようです。

一度はカイジの金を持ち去っていった彼女ですが、いったいどんな姿で帰ってくるのでしょうか。

Sponsored Links

原作との相違点は?

映画『カイジ』シリーズと原作コミックのあいだにはいくつかの相違点があります。

ここでは主要な点を紹介しましょう。

遠藤の性別が女性に変更

帝愛グループ傘下の会社社長である遠藤。

原作では男性でしたが、映画化されるにあたり女性に変更されました。

さらに、帝愛グループ幹部の利根川とは対立している設定となっており、彼に立ち向かっていくカイジを助けることになります。

ストーリーが変更(特に第二作)

映画の尺に合わせ、省略された箇所も多く存在します。

とりわけ大幅な変更となったのが第二作。一条聖也を倒すため、巨大パチンコ「沼」を攻略する流れは変わっていませんが、前作で失脚した利根川がカイジと手を組む展開になっています。

また、原作者、福本伸行の考案によるオリジナルゲーム「姫と奴隷」が登場します。

石田光司の娘が登場

原作では、カイジの仲間だった石田光司には息子がいましたが、映画第二作では代わりに娘(吉高由里子)が登場します。

借金のために帝愛グループで働いているという設定で、性格やカイジとの関係性にも変更が加えられています。

まとめ

今回は映画『カイジ』シリーズを紹介しました。

あの藤原竜也が演じたカイジが戻ってくるとは、まさか思ってもみなかったですよね。

しかも今回は完全オリジナルストーリーということで、いったいどんなギャンブルに挑むことになるのか楽しみです。

そんな『カイジ ファイナルゲーム』の公開日は1月10日。

新春の話題作になることは間違いなさそうです。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)