『覚悟はいいかそこの女子。』(映画)ネタバレやあらすじは?登場人物やキャスト・漫画試し読みも

「覚悟はいいかそこの女子。」は同名人気コミックを原作とした、ドラマと映画制作が同時に発表された、話題作です。

ドラマは原作にはないエピソード0的なストーリーで
2018年6月の深夜から5話限定で放送され、
原作をもとにした映画は、2018年10月から公開されます。

すでに公式ツイッターのフォローワー数が18000を超えている今作の
ネタバレやあらすじ、登場人物やキャストの紹介、
また人気のコミック試し読みサイトもご紹介します。


Sponsored Links


「覚悟はいいかそこの女子。」ってどんな映画?

https://twitter.com/kakugo_joshi/status/998488843174133760

幼い頃から女の子に囲まれてきたイケメンの古谷斗和は、
ずっと自分はモテると思い込んでいましたが、
実は付き合った経験ゼロの高校生。

彼女ができた友人から「お前は観賞用男子だ!」と言われ、
「彼女を作るなんてチョロい」と、「彼女作ります!!」と宣言してしまいます。

選んだのは学年一の人気女子、男達からの告白を断り続けている三輪美苑でした。

そんな美苑に自信満々に告白する斗和ですが、「安っぽい告白」と撃沈!

アプローチを続ける斗和は、美苑の優しさや人柄に触れ、本気で彼女に惹かれていきますが、
彼女の視線の先に美術教師・柾木隆次がいることに気づきます。

「俺はヘタレだ!」と自覚した斗和、人生で初めて恋した相手に認めてもらうべく、
斗和は本気で美苑に近づこうと奮闘し始めます。

ネタバレ

https://twitter.com/kakugo_joshi/status/1002894035218886658

ドラマは斗和が「彼女作ります!!」宣言前のお話で、
映画はドラマの後のお話になっていますね。

原作は椎葉ナナさんの人気コミックで、
単行本は全2巻の「覚悟はいいかそこの女子」です。

タイトルとはうって変わって、イケメンの「ヘタレ男子」が
勢いで始めてしまった彼女作りに本気になり、
自分のヘタレぶりを自覚しつつ、彼女をつくるお話です。

原作でも美苑は美術教師の柾木先生に惹かれていますが、
実は柾木先生はすでに婚約者がいます。

美苑を応援したくなっていた斗和は、美苑の背中を押し、
自分も美苑に振られ、二人で泣こうと決意していました。

ところが、いざ美苑が告白する時には、耐えかねて乱入してしまうんですね。

そして、その時すでに美苑の気持ちは斗和に向いていました。

お互いを知ることで、少しずつ惹かれていく二人に
胸がきゅんとする恋愛ストーリーですね。

原作試し読みができるサイトは?

1巻全て読み切ることはできませんが、
1話なら、現在は無料で試し読みできるサイトがありました。

Sponsored Links

登場人物とキャスト紹介

原作ファンが注目するのは、やっぱりキャスト。

幼馴染みの4人組、個性的なヘタレ男子たちに注目が集まってますね。

中川大志(古谷斗和役)

主人公のヘタレ男子古谷斗和を演じるのは、若手演技派俳優の中川大志さん。

原作コミックのカバーと同じポーズの写真、イケメンぶりがすごいですね!

イケメンだけど、彼女ができたことのない斗和は、
自分のヘタレを自覚して、かっこ悪い自分になっても恋をします。

そんなキャラクターを中川大志さんがどんなヘタレに演じてくれるのか、
これは見逃せないですよね!

健太郎(新見律役)

新見律は斗和のいとこ、朝倉小雨(恒松祐里)に心惹かれるメガネ男子。

4人の中でも落ち着いた高校生を演じるのは健太郎さん。

しっかりしたキャラクターでありながら、
高校生男子のバカさも持っているという新見律は、演じるのも楽しかったそうです。

ドラマでは朝倉小雨とのエピソードもあるようなので、
本気の恋を意識する、一番最初の男子かもしれませんね。

甲斐翔真(澤田惟智也役)

澤田惟智也は幼馴みの中でもモテることに貪欲なキャラクター。

空気が読めなくて、お調子者で、モテない、というのが、
演じる甲斐翔真さんのコメント。

甲斐翔真さんが演じると、かなりイケメンキャラクターに見えますが
お調子者すぎてモテない、残念なイケメンでしょうか。

それでも仲間の恋を応援する、友情を大切にする「いいヤツ」な感じですね。

若林時英(瀬龍生役)

原作では健というキャラクターですが、
映画・ドラマではオリジナルキャラクターの瀬龍生役を演じるのは若林時英さん。

公開された画像や映像を見る限り、ムードメーカーのような存在でしょうか。

あえてオリジナルにされたこのキャラクターを、若林時英さんがどんな風に演じて
斗和の恋に影響を与えていくんでしょうか。

原作ファンはチェックしておきたい役ですね。

唐田えりか(三輪美苑役)

https://twitter.com/kakugo_joshi/status/1002673293755801601

そして映画ヒロイン、クールビューティーな三輪美苑を演じるのは唐田えりかさん。

ドラマでも、もしかしたら少しはその存在がちらつくかもしれませんが、
唐田えりかさんが演じる三輪美苑は、映画で登場します。

イケメン斗和に告白されても、クールに跳ね返すのに、
小池鉄平さんが演じる柾木隆次の前では、真っ赤になるほどの可愛さを見せる三輪美苑。

こんな二面性を唐田えりかさんが演じるなら、さらにキュートな美苑になりそうですね。

Sponsored Links

まとめ

「覚悟はいいかそこの女子。」はヘタレ男子が本気で恋をするラブストーリーですが、
そこに幼馴染みの友人が加わり、友情も描かれている青春ストーリーでもあります。

イケメン俳優の中川大志さんがヘタレを演じるわけですが
やはり、中身が大事、自分のかっこ悪さも全部認めて恋をする。

そして、それを友人たちが不器用にも応援していく今作、
ドラマを見はじめている人はもちろんですが、
ドラマを見逃してしまった人でも、映画は楽しめます。

ぜひ、少しずつ成長し、
ルックスも中身もかっこよくなっていく4人会いに行ってくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)