『ゲームナイト』(映画)ネタバレやあらすじは?出演キャストや謎解きゲームの結末とは?

映画マニア、管理人です。

今回は、ジェイソン・ベイトマンとレイチェル・マクアダムスによるW主演のコメディ映画『ゲームナイト』を紹介させていただきます。

(邦題は今のところまだ決定していませんが、原題の『Game Night』より『ゲームナイト』と呼ばせてもらいます!)

個人的に、こういったブラックなユーモアの効いたコメディは大・大・大好物です!

しかも、主演がコメディ映画の常連ジェイソン・ベイトマンと、アカデミー助演女優賞にもノミネートしたことがある実力派レイチェル・マクアダムスですよ!

期待するなというほうが無理な話ですね。

ネタバレやあらすじ、出演キャストなんかもまとめてみますね。


Sponsored Links


『ゲームナイト』ってどんな映画?あらすじも

映画『ゲームナイト』の監督は、ジョン・フランシス・デイリーとジョナサン・ゴールドスタインのコンビです。

この二人といえば、『モンスター上司』や『お!バカんす家族』、最近では『スパイダーマン:ホームカミング』の脚本や監督をやっていた名コンビです。

名前を挙げた作品たちを見てみても、一癖も二癖もあるようなブラックな笑いを誘う映画なのがわかりますね。

『ゲームナイト』も一筋縄ではいかないコメディ映画なのは間違いないでしょう。

『ゲームナイト』のあらすじ

それでは、気になる映画『ゲームナイト』のあらすじを追っていきましょう。

マックスはゲームが大好きで、同じくゲーム愛好家のアニーと結婚。

週に一回のゲームの日には、友人たちと集まってゲームに興じる幸せな毎日を送っていた。

しかし、そんなある日マックスの兄であるブルックスがゲームの日に家を訪ねてきました。

マックスにとって、優秀な兄ブルックスはコンプレックスの原因。

実は、マックスがゲームに明け暮れるのも、そんな不甲斐ない自分を忘れさせてくれるからでもあったのです。

そんな大事なゲームの日にブルックスが訪ねてくるのは、マックスにとって気持ちの良いことではありません。

しかも、こともあろうかブルックスはマックスを笑い話の種にし、皆の前でさらし者にしたのです。

これにはマックスも妻であるアニーも怒り心頭。

翌週にブルックスの家でひらかれるゲームの集まりでは、なんとかブルックスを打ち負かしてやろうと決意するのでした。

そして次の週、ブルックスの家を訪れたメンバーたちは、「この部屋の誰かが誘拐される」という謎解きゲームをやることになりました。

すると、そのゲームの説明途中に覆面の男たちが家へと乱入し、ブルックスを誘拐してしまったのです。

騒ぎをただただ眺めながら、「なんて凝ったゲームなんだ。」と感心している一同。

その中で、マックスとアニーは絶対にこのゲームをクリアしてやると息巻いています。

しかし、この覆面男たちによるブルックスの誘拐は、ゲームではなく本物の犯罪者たちによる襲撃だったのでした…。

どうですか?

本物の犯罪者たちの襲撃をゲームだと勘違いするなんて、まるでコントみたいですよね。

しかも、主人公は兄から受けた雪辱を晴らそうとやる気マンマン。

このやる気が映画を面白い方向へと向かわせるのは間違いないので、非常に楽しみですね。

『ゲームナイト』のネタバレ

なんとしてもゲームをクリアしたいマックスとアニーは、携帯電話のGPS機能を使って、ブルックスが裏通りのバーに監禁されているのを突き止めます。

バーに到着した二人ですが、相手はもちろん本物の犯罪者たち。

戦闘になってしまいますが、ゲームだと思い込んでいる二人は近くにあった銃を使い、見事に犯罪者たちを撃退してしまいます。

勘違い恐るべしですね!

ブルックスを無事に救出した二人なのですが、アニーがおもちゃだと思い冗談交じりにいじっていた銃が暴発してマックスの腕に当たってしまいます。

やっとここで本物の犯罪に巻き込またことを知る二人。

この大爆笑必至のシーンは下の予告編でもご覧になれます。

予告編だけでも、笑いどころがたくさんありますね。

謎解きゲームの結末とは?

順風満帆な人生を歩んでいるようにみえるブルックス。

そのブルックスがなぜ覆面男たちに狙われたのか、実はそれにはちゃんとした理由があるのです。

ブルックスは闇世界でのマーケットで芸術品の売買に携わっていたのでした。

そこで闇世界の大物「ブルガリア人の男」と呼ばれる人物に目を付けられ、今回の犯罪に巻き込まれたのです。

無関係なマックスとアニーを逃がすため「ブルガリア人の男」に降伏するブルックス。

自分の兄を見捨てられないマックスは、友人たちとまたもやブルックスの救出に向かうのでした。

今度は謎解きゲームではないことを知ったうえで。

ここから先の展開は、残念ながら調べることが出来ませんでした。

それでも、ここまで十分に面白い内容だと思いますので、この先どのように展開していっても楽しめるのではないかと思います。

気になるその結末はぜひとも劇場で見たいものです。

出演キャストのご紹介

コメディ映画こそ確かな演技力が求められるもの。

『ゲームナイト』も実力派俳優たちが出演しているので紹介していきます。

マックス役/ジェイソン・ベイトマン

主役のマックスを演じるのはジェイソン・ベイトマン。

1969年生まれの49歳です。

エミー賞のコメディ部門で作品賞を受賞した『ブル~ス一家は大暴走!』で主人公を演じるなど、数多くのコメディ作品、話題作に出演しています。

今作『ゲームナイト』の監督コンビが脚本を担当している映画『モンスター上司』でも主人公ニックを演じていました。

アニー役/レイチェル・マクアダムス

主人公の妻アニーを演じるのは、レイチェル・マクアダムス。

『きみに読む物語』、『シャーロックホームズ』シリーズ、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』など、多くの名作でのヒロインが印象深いとても綺麗な女優さんです。

2016年のアカデミー作品賞受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』では、アカデミー助演女優賞にもノミネートされています。

ブルックス役/カイル・チャンドラー

マックスの兄ブルックスを演じるのは、カイル・チャンドラー。

『キングコング』や『地球が静止する日』や『アルゴ』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などに出演されています。

どの映画でも、そのダンディな顔立ちと渋い演技力で一際大きな存在感を放っている俳優さんですね。

2015年には、Netflixオリジナルのスリラードラマ『ブラッドレイン』で主演されていることも話題になりました。

まとめ

今回は、ブラックなコメディ映画『ゲームナイト』を紹介しました。

勘違いから始まるどたばた救出劇。

ただ、スタッフやキャストの実力は勘違いではないので、そこは保証できるところです。

少しブラックなユーモアを言ってみようかと思いましたが、難しいですね…。

そんな『ゲームナイト』は2018年3月2日に全米公開です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)