『きのう何食べた?』8話あらすじと感想ネタバレ!ヨシくんカップルの相談がかなりリアル!

ゲイのカップルシロさん(西島 秀俊)と

ケンジ(内野 聖陽)が繰り広げる

美味しそうな日常と、ちょっとだけ切ない毎日、

の心温まる作品に注目が集まっています!


Sponsored Links


「きのう何食べた?」8話あらすじとネタバレ

ある日、シロさんはケンジに誘われてレストランにきていた。

ゲイが多く集まるいつものレストランではなく、

異性のカップルがいるレストランの雰囲気に

シロさんは不安を感じていた。

するとそこに、ケンジの友達のゲイカップルがやってくる。

食事が進むにつれて、だんだんと周りの目が厳しくなっていき、

箸がろくに進まなくなってくる。

食事を終えると、シロさんはケンジに怒りだした。


怒ってしまったシロさんは、翌日

佳代子の家へ出向き気持ちを吐露した。

「40過ぎで1から恋愛するのも面倒くさい。

だから俺はケンジと別れたくない。

ゲイは婚姻届などの繋がりがないから、

別れようと思えばいつでも別れられるから、

別れないための努力を惜しまない。」

そういうシロさんを、佳代子はにこにこと見て

こう言った。

「夫婦はそういう努力を惜しんじゃうから。

相手のために努力できる、って素敵よ。」


そして佳代子の家からの帰り道、ケンジから

連絡がくる。

「昨日、ヨシくんカップルが出来なかった話を

早くしたいっていうから、今晩、家に

招待してもいいかな?」

おもてなし上手のシロさんはそれを断ることが出来なかった。


Sponsored Links

今晩のシロさんの手料理はおもてなし料理!

今日もまたシロさんの手料理がふるまわれる。

鮭ときゅうりと卵の混ぜ寿司・筑前煮・

ゆでたブロッコリーのわさびマヨディップが

短時間に出来上がった。

するとそこに、ケンジがヨシくんカップルを

連れて帰ってくる。



Sponsored Links

ケンジの友達、ヨシくんカップルの相談とは?

食事が進むと、ヨシくんカップルが話しを切りだしてきた。

「実は相談したいことがあるんです。」


「実は、僕が今すぐ死んだ場合、

遺産は健在の両親に渡ってしまう。

でも僕は、ヨシくんに全部渡したいんです。

だからヨシくんとは養子縁組を組もうと思っています。

今度、そのために弁護士事務所を訪れたいんです。

でも会社には、ゲイだということを

お伝えしていないということだったので、

こうやって一席設けてもらったんです」

それは、結婚できないゲイならではの相談だった。

それを聞いてシロさんは

「いらしてください。

お2人の希望に添うようにお手伝いします」と

にこやかに答えた。



2人が帰った後、ケンジは謝った。

「僕とシロさんは考え方が違うのに、

いきなりレストランでああいう席を

設けて、ごめん。」と。

ケンジが謝る姿を見て、シロさんは焦った。

(ケンジに怒っているんじゃなくて、

ゲイだと思われたくないという自分の気持ちに

苛立っているだけなんだ)

そう気付いたが、言葉が出なかった。


しかしケンジが外へごみを捨てに行く後ろ姿を見て

(このまま帰ってこないってこともあるんだろうな)

と思うと、大きな大きな後悔がシロさんを襲った。


一方、ケンジは、シロさんが自分のことに

苛立っていると感じて、マンションのゴミ捨て場から

シロさんがいる、マンションの上の階を

じっと見つめていた。



ケンジはもちろんしっかりと帰ってきた。

翌朝、昨日のギクシャクを不安に思っていた

シロさんだったが、起きてきたケンジが言った。

「今晩は、シロさんが作ったハンバーグ食べたいな~」

それを聞いたシロさんはほっとした表情を見せた。

会社に向かう道中で、

(ああやって何気ない仲直りの仕方を教えてくれたのは、

ケンジだったんだよな)

と思っていた。

そのころケンジもまた、冷蔵庫の中に入っていた

ケンジの大好きな桃が並んでいるのを見て

「しっかり愛されてるな~」

とにこにこ微笑んでいたのだった。


Sponsored Links

まとめ

今回は、今までのなかでも神回でしたね~

普段なかなか、しっかりとした表現には出ない

相手のことを思う気持ちが、形になっていた

シーンがあって、ほんわかしました!


また同棲カップルの遺産相続問題なども

社会的に語りかける内容にもなっていました!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)