10の秘密(10話最終回)ネタバレと由貴子が持つ最大の秘密とは?圭太と菜七子の関係も気になる!

フジテレビ系列で、毎週火曜日夜9時から放送の「10の秘密」は、向井理さん演じるシングルファーザーの圭太が娘を誘拐されたことで、周りの人間の秘密を知ってしまうというサスペンスドラマです。

9話で、翼の母親を殺したのは長沼だということが分かりました。

そしてやはり由貴子は生きていました。

また10年前の火事には由貴子が関わっているようです。

それでは早速10話(最終回)のネタバレ感想をお送りします。

「10の秘密」10話(最終回)ネタバレって?

生きている由貴子に圭太は?

圭太は警察から由貴子が生きていることを教えられます。

そのことを知った瞳は、圭太にどうするのか聞きます。

圭太は由貴子を警察に連れて行くといいます。

瞳はそれがいいと言いますが、それよりも前の生活に戻りたいといいます。

圭太は由貴子がパスポートのために、必ず連絡をしてくると考えます。

翼は新聞記者の只見の手を借り長沼の罪を公にしようとします。

しかし決定的な証拠がないと言われます。

焦る翼に圭太は必ず手はあるといいます。

そのことを知った宇都宮は、切り札を持って長沼のもとへ行きます。

それは燃やしたはずの手帳でした。

由貴子の前に現れた純子は?

瞳のもとに由貴子が現れようとします。

しかしそこに圭太の母親の純子が現れます。

純子は由貴子に「もうやめたら」といい、「あなたは母親にそっくりだ」といいます。

娘の事より自分が大事な身勝手な母親に似ていると言われた由貴子は憤慨します。

純子は由貴子が知らない由貴子の母親の事を語ります。

由貴子の母親は、由貴子の幸せを願っていました。

そして純子は「そんなところがあなたに似ている」と言います。

それを聞いて由貴子はやはり母親と自分は似ていないといいます。

去ろうとする由貴子に瞳がさよならと声をかけます。

由貴子と会う圭太は?

事件が明るみになり記者に囲まれる長沼の元に翼が現れます。

長沼は翼に謝ります。

二本松とともに逃げようとする由貴子のもとに警察がやってきます。

二本松は身を挺して由貴子を逃がします。

圭太は警察から由貴子が逃げたことを聞きます。

その時圭太のもとへ電話がかかってきます。

電話の主は由貴子でした。

圭太は由貴子と会います。

そして圭太は10年前の火事の事を由貴子に聞きます。

10年前の火事の時に瞳を探す由貴子は翼の母親を殺した長沼を見かけます。

そのことで長沼を脅し由貴子は帝東建設に顧問弁護士として雇ってもらいます。

長沼はそのことで由貴子を信じられないと言い出したのでした。

しかし火事の事を秘密にしようとしたのは圭太でした。

由貴子はその圭太の言葉をきっかけに行動を起こしたのでした。

圭太は由貴子の背中を押してしまっていたのでした。

由貴子から話を聞いた圭太は、警察にウソをつき由貴子を逃がします。

そしていつもの日常が戻ってきます。

空港には白石久美子のパスポートをもった由貴子がいました。

圭太はまた新たな秘密を持ったのでした。

「10の秘密」10話(最終回)感想って?

最後に由貴子が本当は瞳の事を大事に思っていたことが分かって良かったです。

2人の別れのシーンは思わず泣いてしまいました。

そして由貴子があんなふうになったのは、圭太のウソが原因でした。

最後は2人が分かりあえてよかったなと思います。

由貴子が持つ最大の秘密とは10年前の火事での事でした。

そしてそれを後押ししたのは圭太自身でした。

また最後に一緒にキッチンに立つ圭太と菜七子の関係も気になります。

今後は瞳と3人で幸せに暮らしてほしいです。

まとめ

ここまでドラマ「10の秘密」10話(最終回)ネタバレ感想をお送りしました。

登場人物がそれぞれ秘密を持っているドラマでした。

いろんなどんでん返しがあり、最後までハラハラドキドキで目が離せませんでしたよね。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)