知らなくていいコト|重岡(野中)と吉高(ケイト)のハグ回数が話題に!ファンがキュン死確定!

2020年1月日本テレビ系で放送の新水曜ドラマ「知らなくていいコト」は、大石静のオリジナル脚本によるお仕事系ヒューマンドラマです。

週刊誌「週刊イースト」で記者として働く主人公が母の急死と同時に自身の出生の秘密を知ってしまい、人生が一変しながらも自分を取り戻すべく逆境に立ち向かっていく姿を描きます。

主人公の真壁ケイト役を吉高由里子さんが演じます。

また他の出演者として、柄本佑さん、重岡大毅さん、佐々木蔵之介さん、秋吉久美子さんらがキャスティングされています。

そんなドラマ「知らなくていいコト」ですが、先日放送された1話では、吉高由里子さん演じる主人公ケイトと重岡大毅さん演じる野中のハグシーンが話題になっています。

今回はそんな胸キュンシーンについて口コミや評判など調べてみたいと思います。


Sponsored Links


ドラマ「知らなくていいコト」のキャストって?

真壁ケイト役/吉高由里子

名前吉高由里子(よしたかゆりこ)
出身東京都
生年月日1988年7月22日

真壁ケイト役を演じているのは吉高由里子さんです。

真壁ケイトは週刊誌「週刊イースト」の記者で、自信家だが母親譲りの人懐っこい性格です。

亡くなる前の母親から父親に関する衝撃の事実を知ることになり、人生最大のスクープにぶつかります。

吉高由里子さんは高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時にスカウトされ芸能界に入ります。

2006年映画「紀子の食卓」でデビューし、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞します。

数多くの映画やドラマに主演する人気女優さんです。

野中春樹役/重岡大毅

名前重岡大毅(しげおかだいき)
出身兵庫県
生年月日1992年8月26日

野中春樹は「週刊イースト」編集部の連載班に所属しているケイトの彼氏です。

野中春樹役を演じているのは重岡大毅さんです。

重岡大毅さんは2006年にジャニーズ事務所に入所し、Hey! Say! 7WEST(後の7 WEST)のメンバーとなります。

2014年4月23日「ええじゃないか」で、ジャニーズWESTとしてCDデビューします。

2014年ドラマ「SHARK〜2nd Season〜」で連続ドラマ初主演し、その後数多くの映画やドラマに出演しています。

ハグ回数が話題に!ファンがキュン死確定!

そんな「知らなくていいコト」1話で話題なのが、重岡大毅さんが演じる春樹がケイトをハグするシーンです。

母を亡くして落ち込むケイトに春樹がハグします。

ケイトの裾ギュっからのハグにキュン死にするファンの方も多かったようです。

またハグの回数の多さと長さも話題になっています。

ハグしながらの頭ポンポンもあるし、ソファでのハグもあるし、ファンの方にとってはもん絶必須のドラマだと思いきや最後に春樹の裏切りがあります。

ということは、2人のハグは1話で終了なのでしょうか?

1話からめくるめく展開にハラハラドキドキですよね!

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「知らなくていいコト」1話での吉高由里子さん演じる主人公ケイトと重岡大毅さん演じる野中のハグシーンについてお送りしました。

ラブラブな2人だと思いきやラストでのまさかの春樹の裏切りに、思わず声をあげて驚いてしまいました。

次回もケイトの元彼との関係や父親をめぐる事件など目が離せない展開になりそうです。

そんなドラマ「知らなくていいコト」2話は、1月15日(水)夜10時からスタートです!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)