トップナイフ|2話ネタバレ感想!西郡と瑤子の過去の謎と学生服の女の子が気になる!

2020年1月日本テレビ系土曜ドラマ「トップナイフ」は、「手術の天才」が集う東都病院・脳神経外科を舞台に、葛藤する医師の姿を描くリアル・ドクターストーリーです。

1話では、エンディングでの天海祐希さん初めとする主要キャストたちのダンスシーンが話題になりましたよね。

それでは早速2話のネタバレ感想をお送りします。


Sponsored Links


「トップナイフ」2話ネタバレって?

明け方の住宅地で自宅の3階から女性が飛び降ります。

東都総合病院では、黒岩のオペで幸子が失敗をしてしまいます。

そんな幸子に黒岩は「女は脳外に向いていない」と言います。

その発言を聞き、瑤子は黒岩に文句を言います。

しかし瑤子は何もできない幸子にも怒ります。

瑤子は今出川に訴えますが、瑤子にしかまとめることが出来ないといいます。

病院にやってきた2人の患者

そんな時、自殺を繰り返す桑原和子が運ばれてきます。

担当の西郡は自分が診るべき患者ではないといい、瑤子に任せようとします。

瑤子は責任をもって最後まで見るようにと西郡にいます。

幸子は、なぜ瑤子が氷の女と呼ばれているのか看護師たちに聞きます。

かつて瑤子のもとで働きクビになった医者がたくさんいたということ、そして瑤子の心にはキズがあるということでした。

そんな時、瑤子のもとに1年前の事故により頭痛が取れなくなったという牧羽由香里がやってきます。

由香里は黒岩に付きまとわれて困っていると言います。

黒岩を問い詰めると身に覚えがあるといい、ある女性に電話します。

しかしそれは、由香里ではありませんでした。

翌日、瑤子は黒岩と由香里がすれ違うところを見ます。

しかし由香里は黒岩にまったく反応しません。

和子の痛みの原因は?

和子が10年前から顔に鋭い痛みがあるといいます。

痛みという言葉に西郡は反応します。

西郡は和子の脳に影があるのを見つけ、三叉神経痛ではないかといいます。

ふたたび瑤子のもとにやってきた由香里は、今度は西郡に付きまとわれているといいます。

それを知った西郡はある女性に電話します。

しかしその女性は、病院には来ていないと言います。

そして西郡にあなたは痛みから逃げたんだと責めます。

由香里の妄想の原因は?

由香里は、事故による脳の損傷でフレゴリ妄想を発症していました。

それにより脳の感情を抱く部分が活発になりすぎて、誰を見ても恋人を見るような強い感情を持ってしまうということでした。

それにより黒岩や西郡を恋人に間違えていたのです。

その由香里の手術を黒岩が担当します。

一方、和子の手術をする西郡ですが、電話の女性の言葉を思い出し動揺してしまいます。

そんな西郡を深山が助けます。

手術が成功した和子は、10年ぶりに痛みがないことに喜びます。

そして深山が貸してくれた化粧品で化粧をします。

その姿を見て、和子の夫はキレイだといいます。

仕事を終えたドクターたちは?

BARカサブランカで幸子は脳外科医の難しさについて悩みます。

そんな時、オーナーの来島に優しい言葉をかけられた幸子は思わずぼーっとしてしまいます。

一方、病院では黒岩の元に女性がやってきます。

女性は、黒岩に子供を見せます。

そしてあなたの子だ、といいます。

瑤子が自宅に帰ると学生服の女の子が待っていました。

Sponsored Links

「トップナイフ」2話感想って?

2話では、瑤子、黒岩、西郡の過去について触れられていました。

瑤子には子供がいたんですね!

また、西郡が電話で話した女性も気になります。

西郡の事を恨んでいるようです。

昔の恋人なのかな?と思ったんですが、西郡があの人は大丈夫なのか?と聞いていたので、もしかして家族なのかもしれませんね。

そして幸子の恋の相手は、来島でほぼ決定ですね。

2人の恋の行方も気になります。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「トップナイフ」2話のネタバレ感想についてお送りしました。

2話では、瑤子をはじめとする脳外科医たちの過去が少しづつ明らかになりました。

また幸子の恋の行方も気になります。

次回「トップナイフ」3話は、1月25日(土)夜10時からスタートです!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)