絶対零度2020(8話)ネタバレ感想!香坂はテロリスト?探している男の子は小田切の彼氏の篠田?

ついに最終章が始まる「絶対零度」!

果たして井沢は、裁かれなかった加害者たちに手を下しているのか?

そして香坂を殺したのは、本当に井沢なのか?

もしくはミハンのメンバーが関わっているのか?

今回、ミハンのシステムは誰を検知するのだろうか。

Sponsored Links

絶対零度2020(8話)あらすじとネタバレ

ミハンシステムが検知していながらも、捜査できていない人物が3人いた。

また、先日加害者だったが、証拠をつかむことが出来なかった紗耶香もまた、3人同様、行方不明となっていた。

ミハンのセキュリティは完全なため、ミハンシステムに関わりがある人物が犯人なのでは、と曽根崎は言う。

そしてあからさまに、井沢を疑った。

井沢はそれを聞いても、眉ひとつ動かさなかった。




ミハンシステムで検知したが、捜査できなかった3人について調べる。

いなくなったのは、

土地をだまし取った不動産詐欺師、

保険金殺人をしようとした経営者、

水上バイクでひき逃げしたのをもみ消した政治家の息子。

しかし3件とも、拉致現場には防犯カメラなどの証拠がない。

そこでミハンのメンバーは、ドライブレコーダーをあたることにする。

すると、ドライブレコーダーから犯人らしき人物が割り出される。

顔は特定できなかったので、歩き方の認証で、ミハンメンバーと照らし合わせてみると…



一致する者はいなかった。

そこで、ミハンのデータのなかに残っている人のなかから、一致する人を探すことに。

その膨大なデータから認証するのは、加賀美に任せ、他のメンバーたちは、捜査に出た。



すると、後日、貯水池から紗耶香の死体が入ったトランクが発見される。

Nシステムから使用された車両を探すが、その車両は、何度も現場付近に近づいており、他の失踪者も池に沈んでいるのでは、と推測。

加賀美が認証を進めているなか、ある朝、出社すると、その防犯カメラのデータなどがすべて消えていた。

唯一入室したのは、北見だった。

データはもちろん、北見を追跡するためのデータなどもすべて消えていた。

「犯人は北見なのか?」

とみんなが疑うなか、井沢は

「北見くんは誰かをかばっているだけだ」

と言った。



北見は、ミハンが検知した犯人に、命を狙われていたことがあった。

北見が大学生だったころ、ストーカー被害にあっている女性を助けたことから、加害者の男性に矛先を向けられていたのだ。

それから、北見は、事前に犯罪を抑止することの重要性を、訴えていた。

しかしその加害者は、階段から落ちて、亡くなっていた。

その時、ミハンシステムが、北見を危険人物だと検知した。

急いで、メンバーが北見のよくいっていた場所に向かう。



北見が来るのを、待ち受けていたのは加賀美だった。

加賀美は、幼い男の子の画像を見ながら、「僕がミハンに志願した理由を話す」と言って、話始めた。

「数十年前、映画館である男がガスを撒いた。

その現場に、僕もいた。

僕が犯した罪を、君は知ってるね。」

そういうと、銃をむけた北見に向いた。



しかし北見が引き金をひこうとした瞬間に、香坂がやってきた。

降参を促す香坂だったが、ふいをつき加賀美が飛び掛かる。

北見は加賀美を押し倒し、逃げていった。

急いで加賀美に近寄る香坂は、パソコンの画面に映った男の子を見た。


逃げていった北見だったが、そこには井沢がいて、捕まってしまう。

井沢は北見に

「君の背後にいる人間は誰だ」

と問い詰める。

すると、北見は、何も言わず、じっと井沢を見た。



さらに調べると、北見はペーパーカンパニーを通じて毒物を入手。

それは、ビルをも破壊できる威力を持っているものだった。

その毒物が保管されている倉庫に向かうミハン。

しかし、香坂だけが、画面に映し出されたその物質をじっと見ていたまま、動かなかった



急いで、倉庫に向かうと、爆弾を作った形跡があったが、爆弾自体はなかった。

これは誰かが、東京でテロを起こそうとしているのではないか。

そして直近、東京である行事は、サミットだった。




倉庫を調べて、急いで戻るメンバーだったが、香坂と連絡がとれなくなっていた。

残されたパソコンを見た井沢は、他のメンバーに、それを差し出し、

「香坂は、テロに関わってる」

という衝撃な一言を告げた。


一方、門田は数々の失踪事件を調べていると、曽根崎から「犯人は井沢ではないか」と何度も何度も聞かれる。

どうしても井沢を原因に、ミハンシステムをやめさせたがっていた。

その圧力に、門田は、もう耐えきれなくなっていた。

そして、ある日、銃を握ったまま、東京を震えながら見ていた。


東京サミット当日がやってくる。

Sponsored Links

香坂はテロリスト?探している男の子は小田切の彼氏の篠田?

今回、ドラマ終盤にて、香坂が連絡がとれなくなり、サミットで行うテロに関わっているのでは、と井沢が言い出しました。

香坂の様子がおかしくなったのは、北見が集めていた毒物の話を聞いてから。

きっとこれは、香坂の父親が無差別テロを起こしたときに、使用したものと同じような部類の毒物なのかもしれませんね。

もしくは、「テロ」と聞いて、自分の父親のことが思い出されたのか。


また小田切の彼氏で、スポーツカメラマンの篠田が、小田切の写真を眺めていました。

しかしそれは、小田切ではなく、小田切の背後に映る加賀美の姿。

なぜ加賀美が小田切の姿を追っているのか不思議、と思いましたが、加賀美は小田切じゃなくて、篠田を追っているのでは?

香坂の父が起こしたテロ事件で、「行方を捜している」と言っていたあの男の子こそが、篠田の可能性が高いですね。

加賀美の犯した「罪」とはいったい何なのでしょうか。

そして、篠田もまた、加賀美のことを覚えており、それも含めて、小田切に近づいた可能性も。



最終章となり、残りも2話ほどとなっています。

果たして香坂がすべての犯人なのでしょうか。

そして、過去の父親の事件との関連性は?

加賀美や北見、篠田がかかわっている理由も、まだまだ推理できそうですね!

Sponsored Links

まとめ

今回最後に、まさか香坂がテロに関わっているとは!

香坂が井沢に殺されたと思っていましたが、もし殺したとしても、それには正当な理由がありそう。

ミハンシステムが、香坂を検知したのだとしたら、事前にテロを止めるために殺害した、と言われても、不思議ではありません。

しかし、それを曽根崎はつっついて、ミハンシステムは必要ない、と言い切りそう。

曽根崎、何でそんなに井沢とミハンシステムに拒否反応示してるの?

ばれたらいけないことでもあるのかな?

残り数話となり、まだまだ謎が残る絶対零度です!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)