ひとよ(映画)あらすじやネタバレ!キャストや神栖市でエキストラ募集やってたの?

「孤狼の血」「凶悪」「サニー」など、多くの名作を手がけた「白石和彌」監督の最新作「ひとよ」

子供たちに暴力を奮う父親を殺害してしまった母親・こはる。

被害者家族でもあり、加害者家族でもある3人の残された子供たちに降りかかる、嫌がらせの数々。

そして離れてしまう親子の絆。

果たして彼らは母親を許すことができるのだろうか?


Sponsored Links


『ひとよ(映画)』あらすじやネタバレ

タクシー会社を営む稲村家で起きた、殺人事件。

日ごろから3兄弟に暴力を奮う父親を、母親・こはるがタクシーで弾き殺してしまう。

こはるは警察に自首しに行く前、子供たちに言う。


「これであなたたちは何にでもなれる。

自由になれる。

だから母さんは今、とても誇らしい。

15年後に必ず戻ってくる。」

それから15年、刑期を終えたこはるは、再び兄弟のもとを訪ねてきた。

果たして、親子は再び家族になれるのだろうか。

15年の月日が流れ、こどもたちは大人になっていた。

長男・大樹は結婚し子供もいたが、妻には両親が亡くなった、と伝えていたのだ。

そして妻に本心を伝えられず、離婚の危機に陥っている。

次男・雄二は、思い出の残る実家から逃げるように東京へ。

成果を認めてもらえず、くすぶっているフリーライター。

長女・園子は、美容師になる夢を諦めスナックで働いていた。

幼いころに離れた母を恋しく思い、戻ってきた母親を受け入れる。



母親が戻ってきた連絡をうけて、雄二は東京から帰省する。

母親が戻ってきたことで、ギクシャクする3人だったが、タクシー会社の社員たちは明るくこはるを受け入れる。

事件があってから、数々の嫌がらせを受けてきた3人は、「暴力さえ我慢していればよかったのに」という思いを捨てきれずにいた。

特に雄二は、母親への嫌悪感を露わにし、「小説家になる」という夢を叶えるため、事件のことをネタにしてきた。

それを知った園子や大樹は激怒するものの、妻にさえ事件のことを言えない大樹を、雄二は詰る。

3人は事件以降、崩れてしまった「家族」を、何とか形にして残してきただけで、傷を語ることに臆病だった。

そのため、大樹も妻とうまく言っておらず、本音で話すことを避けていたのだ。


タクシー会社にやってきた新人・堂下もまた、隠していたが元ヤクザで、離れて暮らす17歳の息子がいた。

ある日、昔の後輩から頼まれた、薬物の運び屋をタクシーに乗せると、何とそれは、息子だった。

激怒し、叱咤する堂下に向かって、「お前のせいだ」と叫ぶ息子。

それを聞いて、息子をおろした後、堂下はこはるをタクシーに乗せ、飲酒運転で海につっこもうとする。



それを何とか止めようとする3人。

自殺を食い止めると、堂下は雄二にくってかかる。

「お前たちは親の気持ちをしらないんだ!

だから母親をネタにして、記事を書けるんだ!」と。

だが、雄二は泣きながら言うのだ。


「母さんが、親父を殺してまでつくってくれた自由なんだよ。

あの日、母さんは言ったんだ。

何にでもなれる。自由になれる、って。

俺は事件以外なにもない。

だから、小説家になるため、事件を踏み台にするんだ。

これは母さんがくれた自由なんだから。」


母親のことを1番憎んでいた雄二が、1番母親の言葉を噛み締めて、生きてきたのだった。

だけど、どこへ行っても、どんな仕事についても、事件からは逃れられなかった。


そして、雄二が東京に戻る日がやってくる。

ちょっとだけ晴れやかな気持ちで、前を向いて、家族のかたちを取り戻そうとする姿がそこにはあった。

事件から逃れることは出来ないけれど、抱えた傷を、ひとりじゃなくて、家族で抱えれば、ちょっと楽になる気がした。

Sponsored Links

「ひとよ」の口コミ

Sponsored Links

「ひとよ」感想

キャスト全員、演技力がすばらしい!!!!

ストーリーに関しては、言葉を紡ぐのに時間がかかってしまうぐらい、じっくり心に沁み入る映画です。

題材は、「加害者家族」というヘビーな内容ですが、「暴力をふるう父から、子供を守る母」という点では、社会的にありえる話です。


特によかったのは、長女を演じた松岡茉優さん。

素なんじゃないかと思うぐらい自然体で、違和感がなく、やさぐれたなかにある幼さが滲み出ていました。

母親不在の15年間、ずっとこの時を待ちわびていたけれど、どう距離を詰めていいのか分からない態度からの、「一緒に寝ていい?」のシーンまでがよかったですね。

「宇治抹茶を恨んだ日」からの、布団のなかに潜ってしまう姿が、素直に甘えれない末っ子の15年間を埋めていました。


そしてSNSで大絶賛されていたのが、佐藤健さんですね!

荒々しい態度で、いかにも絶賛反抗期中・世間を歪んだ目でしか見れない俺、みたいな性格がうまく現わしていたのが、自転車の乗り方!

台詞は少ないですが、父親のお墓に汚れた靴を擦りつける仕草や、家に帰った時に父に殴られていた時を思い出した姿も、「家族」という形を諦めている感情がひしひしと伝わってきました。

特に、「目」で感情を表すことが出来る役者さんに、どんどん成長(上から目線に感じたら、ごめんなさいね)していってますね!


もちろん母親役を演じた田中裕子さんも素敵でした~!

「事件を起こしたことを私が後悔していたら、こどもたちが迷子になってしまう」

といった言葉もまた、母親として凛として、木の幹のようにどっしりとかまえていましたね。

切なそうな顔をみせるものの、子供たちが自由になれるよう、ちょっとお茶目なところも良かったです。


要するに、総じて傑作でした!

「凶悪」のように重々しさばかりもなく、少しコミカルに描かれている部分もありました。

特によかったのは、3兄弟が庭で煙草を吸っているシーンですね。

あの場に母親の姿はなくても、母親が兄弟の距離を、少し縮めたような気がします。


そして、「観客のご想像におまかせします」という終わり方でした。

私は、これからちょっとずつ家族の距離がさらに近づいて、「家族」になっていくのではないか、と感じました。

母親が現れたことで、事件の傷は消えないけれど、家族でその傷を一緒に背負うことで、軽くなっていく。

特にどっしりかまえて、「子供に自由を」と思い続けた母のブレない姿を見て、こはるの言葉を借りれば「迷子にならずにすんだ」のだと思います。

タイトルの「ひとよ」は、事件のあった「一夜」でもあり「人よ」でもある、と多くの方が書いてみえます。

それはこの家族に限らず、多くの「人」に宛てた作品です。

終盤にこはるは言います。

「その人にとっては大切な一夜。

でもほかの人にとっては、なんてことはない夜。

それでも自分だけが大切に思っていれば、それでいいんじゃないの」と。


堂下に連れ去られた母を追いかけた、あの夜。

母が万引きして、3人で笑い合った、あの日。

少しだけ家族の距離が縮まった気がした、あの時。

そうやって1人1人の人生に、大切な時が流れて、人と交わり、向き合っていくのだと。



いびつで、脆くて、空っぽで、だけど形としては存在している「家族」が、ちょっとだけ形になった物語。

人間関係が希薄になったと言われている社会で、人との繋がりを見つめ直すきっかけになるかもしれません。

Sponsored Links

『ひとよ(映画)』のキャストは?

続いては、メインキャストのご紹介です。

稲村雄二 役/佐藤健

東京でフリーライターをしている稲村家の次男。

家族と離れ離れに暮らしている。

稲村大樹 役/鈴木亮平

電気屋で働く、稲村家の長男。

幼い頃から人と関わることが苦手、自身の夫婦関係にも悩んでいる。

稲村園子 役/松岡茉優

スナックで働く、稲村家の長女。

15年前の事件で、美容師になる夢を諦めた。

稲村こはる 役/田中裕子

3兄妹の母。

白石和彌監督

桑原裕子氏

自身の所属する劇団公演にむけて「ひとよ」を描いたのは2011年の夏、日常を取り戻しているように見えても、東日本大震災の影響がまだ各地で色濃く残る頃でした。

私の生まれは福島県で、子供時代は学級休みのほとんどを福島の山に囲まれて過ごしました。

だから自分のふるさとが「あの一日の出来事」を境にして、まるで形を変えたかのように違う目で見られるようになったことに、たとえようのないやるせなさを感じていました。

これは震災の話ではありませんし、社会を背負うような物語でもありません。

が、復興、再生、絆――そんな言葉が日本中にあふれかえるなか、本当の再生とはなにか、私たちはどう歩み出せばいいのかを、ひとつの家族を通じて、私もまだ見つけられぬまま模索しながら描いた作品でした。

社会の暗がりに目を向け、いびつながらも懸命に生きる人間をこれまで多く描いてこられた白石監督が『ひとよ』を手がけてくださることになり、本当に嬉しく思っています。

髙橋泉さんに丁寧な脚本を書いていただけたことにも感謝しています。

どうか原作にこだわらず監督ならではの視点で、新たな『ひとよ』を創っていただければと思いますし、蒼々たるキャストの皆さんがどんな風に役へ光を当ててくださるのか、純粋にワクワクしています。

きっと素晴らしい作品になる、という予感だけが激しく渦巻いております。

そうして生まれ変わる「ひとよ」が、たくさんの皆様のもとへ届き、どこまでも高く遠くへ、旅をしてゆけますように。

〜映画『ひとよ 一夜』公式サイトより〜

稲村家を取り巻く人物たち


 

『ひとよ(映画)』神栖市でエキストラ募集やってたの?

茨城県神栖市の気候は温暖で雪もあまり降らず海が近く綺麗なところですが、東日本大震災では大きな影響を受けました。

東京まで約2時間、本数は少ないですが夢の国・ディズニーランドまでのバスが出ています。

調べたところ、確かにエキストラの募集をしていました。

【エキストラ募集概要】

1)
■日時:5月15日(水)朝8時00分集合~17時30分頃まで

■場所:茨城県神栖市

■撮影内容:スナック客役

■服装:普段着でお願いします。

■募集:60代以上男性2名

2)
■日時:5月15日(水)17時00分集合~日没まで

■場所:茨城県神栖市

■撮影内容:通行人役

■服装:普段着でお願いします。

■募集:30~40代男性1名/60代以上女性 1名

3)
■日時:5月16日(木」朝7時30分集合~午前11時終了

■場所:千葉県香取市

■撮影内容:警官、刑事役

■服装:白Yシャツ、ベルト、黒革靴を持参お願いします。

■他:髭なし、黒髪、短髪の方でお願いします。

■募集:20~30代男性警官役3名/30~40代男性鑑識役4名/50代男性刑事役1名

〜いばらきフィルムコミッションより引用〜

主に30才以上の方を募集していたようです。

場所が茨城県神栖市・千葉県香取市となっているのでこちらがロケ地になっていたのでしょう。

エキストラとして参加できた方はラッキーですね。

『ひとよ(映画)』まとめ

「自分のふるさとがあの1日の出来事を境に、まるで形を変えたかのように違う目で見られるようになったことに、やるせない気持ちを感じていました」と語った白石監督は、福島県の出身。

今作で描く家族と震災に遭ったご自分のふるさとを重ねて作り上げた作品なのではないでしょうか。

2019年11月8日に全国ロードショーの映画『ひとよ ー夜』は、あって当たり前と思っている生活や幸せについて今一度考えるきっかけになる作品です。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)