彼女は夢で踊る|ネタバレあらすじや感想も!キャストやネットの評判も!

広島発、非常にエモい映画が全国公開されます。

エモいというのは言葉のチョイス、間違っていますかね?

でも年代ではそのくらいですよね!懐かしいというか。

そんな気持ちを思い出させてくれる映画が公開されるようです。

映画『彼女は夢で踊る』についてご紹介します。

映画『彼女は夢で踊る』ってどんな映画?

広島の老舗ストリップ劇場に閉館が迫っていた。社長の木下は過去の華やかな時代を思い出す。最後のステージを飾るストリッパーたちが劇場にやってくる。この舞台で幕を引く有名ストリッパーや、謎めいた若い踊り子。閉館への日々に、木下は忘れていた遠き日の恋を思い出す。そして、最後の舞台の幕が上がる。観客たちはステージの裸の向こうに何かを見つめている。木下は劇場の終演に、胸の奥に隠していたダンサーとの秘密を思い出す。ステージの上に幻は眩しく輝き、木下は遠い昔の美しい夢を見る。

広島に実在するストリップ劇場・広島第一劇場が舞台の映画です。

当劇場は実際の撮影でも使用されたそうです。

なお、現実の広島第一劇場は営業休止、再開を繰り返し現在以下のような状況にあります。

何よりです!

映画『彼女は夢で踊る』のキャストは?

主人公・木下 加藤雅也

主人公である社長・木下を演じるのは加藤雅也

映画『キングダム』ドラマ『アンフェア』シリーズ等に出演。

どちらかというと強面なイメージですね。

若き日の木下 犬飼貴丈

若き日の木下を演じるのは犬飼貴丈

特撮『仮面ライダービルド』で一躍人気者になりました。

5月には映画『ぐらんぶる』の公開が控えています。

どことなくお二人とも雰囲気が似ています。

ストリッパー・サラ 岡村いずみ

ヒロインのサラを演じるのは岡村いずみ

映画『ビジランテ』『新宿スワン Ⅱ』等に出演しています。

映画『彼女は夢で踊る』の評判は?

広島発の映画として、すでに広島では公開されています。

ものすごく愛される映画になっているようですね。

ストリップが好きな方もキャストさんが好きな方も両者とも非常に満足されている様子がうかがえました。

まとめ

映画『彼女は夢で踊る』についてご紹介しました。

大人の世界と青春の終わり。

4月より順次全国ロードショーとのことです。

楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)