ロマンスドールのキスシーンやラブシーンがやばい!口コミや最新予告動画も!

映画「ロマンスドール」が1月24日(金)に公開されることがわかりました!

原作はタナダユキさん著作によるオリジナル小説の「ロマンスドール」です。

本作はラブドールの職人とその妻という夫婦が幸せを見つける為に模索するという少し変わったストーリーで、雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載が始まった当初から多くの人たちから共感を得て話題となった作品です。

イラストや漫画家でおなじみのみうらじゅんさんからは「男のメンドくさいこんな気持ちがどうして(女性の)タナダさんに書けるのだろうか?」という発言まで飛び出しています。

映画での実写化にあたり、タナダユキさん自らがメガホンを取った渾身のラブストーリーの本作!

一体どんな作品なのでしょうか。

色々と調べてみました。


Sponsored Links


ロマンスドールのあらすじは?キスシーンやラブシーンがやばい!

本作は高橋一生さんと蒼井優さんが映画「リリィ・シュシュのすべて」以来、実に18年ぶりに共演するという話題作です。

あらすじやちょっぴり刺激的なキスシーン・ラブシーンについても迫っていきたいと思います!

ロマンスドールのあらすじ


美大を卒業していながらフリーターとして生活をしていた哲雄(高橋一生さん)。

しかし、とあることからラブドールを制作する工場で造形士として働き始めることになり、その魅力に次第にのめり込んでいきます。

哲雄がラブドール職人であることを隠して結婚した最愛の妻・園子(蒼井優さん)ともうまくいかなくなり、次第にセックスレスになっていきます。

夫婦としての関係が危うくなっていく一方の二人。

ある日、園子は胸に秘めていたある「秘密」を哲雄に打ち明けますが…。

キスシーンやラブシーンがすごい!

すでに話題となっている哲雄と園子のキスシーンやラブシーン。

本当にどこかの夫婦の営みの様子をのぞき見している感覚に陥りますね。

息遣いが聞こえてきそうなほどのリアルな艶めかしさがあります。


まだ新婚の蒼井優さん。

これは旦那さんの山里亮太さんは嫉妬してしまうのではないかと他人事ながらハラハラしてしまいます…。

本作は「PG-12」指定ですので、一応小学生以下のお子様でも保護者同伴などで見ることは可能なのですがベッド上で全裸での濃厚なキスシーンなど、少々お子様には刺激が強いかもしれません…。

Sponsored Links

口コミは?最新予告動画も紹介!

大人な魅力たっぷりの「ロマンスドール」

評判はどうなのでしょう?

口コミについて調べてみました。

「ロマンスドール」の口コミ

まず、主人公・哲雄に対する評価は低いですね〜。


はっきりと「クズ」とまで言われてしまっています…。

しかしその一方で、映画での高橋一生さんの演技を期待する女性ファンの人も多いようですね。

また、切なくて泣けるといった意見も多々見られました。

ネタバレになってしまうので深くは言えませんが、妻・園子に感情移入してしまうと確かに泣けてしまいます…。

それとともに夫・哲雄への嫌悪感も生まれてくるのかな、と。

夫目線で見るか、妻目線で見る…どちら側の視点から見るかによって意見が分かれるのかなぁと感じました。

最新予告動画はこちら!

それでは、最新の予告映像をご紹介します。

1分半ほどのこの短い予告の中でもなかなかきわどいシーンが公開されていますね。

また、園子役の蒼井優さんの吐息交じりの声にもドキドキしてしまいます!

主題歌はnever young beachの新曲で「やさしいままで」です。

切なげなメロディーがこの映画にとても合っていますね。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

1月24日(金)公開の映画「ロマンスドール」についてお送りしました。

マンネリになってしまったある夫婦の愛のかたちを問う本作。

長年夫婦をしていれば、誰でもいつかはぶち当たるテーマなのではないでしょうか。

また、主人公・哲雄役の高橋一生さんはラブドール職人を完璧に演じるためにラブドール工場へ見学に行って実際にラブドール作りについて学ばれたそうですよ!

本作への意気込みが感じられますね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)