チート|3話安斎(風間)俺のサキ取んなよ発言にキュン死!ただ高笑いはイッちゃってる?

2019年秋のプラチナナイト木曜ドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」は、極悪詐欺師たちをスペシャリスト集団「チート」が騙し返すという痛快エンターテイメントドラマです!

本田翼さん主演で、他にも風間俊介さん、福原遥さんなどのキャストが名を連ねています。

3話では、風間俊介さん演じる安斎が沙希に対して「俺の沙希」と発言したことが話題になっています。

今回は、そんな安斎のキュン死に発言について調べてみました。


Sponsored Links


ドラマ「チート」3話のあらすじは?

チートのオフィスに詐欺に遭ったという朋子が訪れます。

朋子は趣味で、SNSで自分の絵を投稿していたが、ある日麻美と名乗る女から連絡があり一緒に絵本を出さないかと誘われる。

断れずに、150万円出資したところ、麻美と連絡が取れなくなったということでした。

その詐欺を調べてみると、麻美は涼子という名で、大貫という男と2人で詐欺を行っていました。

加茂を小説家志望に仕立て上げ、涼子と大貫に近づきます。

熱海の資産家の息子という加茂を怪しむ涼子と大貫でした。

しかし、沙希の巧妙な手口により、逆に騙されてしまします。

自分たちを詐欺師だと認めた涼子は「これでわたしもあの人に認めてもらえるかしら?」とつぶやきます。

涼子のいうあの人とは、伝説の詐欺師・浪岡の事でした。

一方、蓮見のもとへ沙希の父親が1か月前に日本へ帰国したという連絡が入ります。

Sponsored Links

安斎(風間)俺のサキ取んなよ発言にキュン死!ただ高笑いはイッちゃってる?

3話で安斎は、加茂と蓮見それぞれに「俺の沙希にちょっかいを出すな」と言います。

爽やかなイメージが強い風間俊介さんのこの俺様的なセリフには、キュン死にしそうという声が多くみられました。

一方で、高笑いなどクセが強すぎる安斎も話題になっています。

このあいだまで、同じ刑事役で涙もろい、いい人を演じていただけに、そのギャップに驚いた人も多いようです。

そんなクセの強い役の安斎に、いろんな憶測が飛び交っています。

実は、裏切者で黒幕なのか?それともただのイッちゃってる人のなのか?

今後の展開に目が離せませんね!

これからのドラマ「チート」の安斎役の風間俊介さんの演技が楽しみですね!

安斎和毅役/風間俊介ってどんな人?

名前風間俊介(かざましゅんすけ)
出身東京都墨田区
生年月日1983年6月17日

風間俊介さんが演じる安斎和毅は、警視庁捜査二課の刑事です。

ジャニーズ事務所所属の風間俊介さんは、演技派として有名です。

1999年、TBS系テレビドラマ「3年B組金八先生 第5シリーズ」で、兼末健次郎役を演じ、第3回日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞します。

その後、数多くのドラマ出演を経て、2011年ドラマ「それでも、生きてゆく」で日本放送映画芸術大賞助演男優賞やザテレビジョン第70回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞し、再び脚光を浴びます。

さらに、翌年の連続テレビ小説『純と愛』で一躍有名になりました。

Sponsored Links

まとめ

ここまで、ドラマ「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」3話での安斎の発言について紹介してきました。

このドラマで、爽やかでいい人のイメージからかけ離れた安斎役を演じている風間俊介さんです。

安斎と沙希はどんな関係なんでしょうか?昔からお互いに知り合いのようですし、兄妹?幼なじみ?などいろんなことが考えられます。

謎の多いドラマ「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」から、ますます目が離せませんね。

次回4話は、10月24日(木)夜11時59分から放送です。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)