おっさんずラブ|ひな役佐津川愛美が可愛すぎる!「はるちゃん先輩」にメロメロ!

2018年に第1シリーズが放送され社会現象になった「おっさんずラブ」です。 

その大人気のドラマの第2シリーズが2019年11月2日(土)夜11時15分から「おっさんずラブ in the sky」として放送されました。

主要人物の春田役の田中圭さん、黒澤武蔵役の吉田鋼太郎さん以外は第1シリーズと違うキャストになり、設定も不動産会社から航空会社になっています。

今回は、そんな「おっさんずラブ in the sky」で春田の後輩の橘緋夏役の佐津川愛美さんについて調べてみたいと思います。

Sponsored Links

「おっさんずラブ in the sky」橘緋夏役の佐津川愛美さんってどんな役?

春田と同じ高校でバスケ部の後輩である橘緋夏役を佐津川愛美さんが演じます。

春田がリストラされて途方に暮れている時に運命的に再会し、CAを募集していた自分の勤務先を勧めます。

チャキチャキしたしっかり者で、春田のことを少しずつ意識して行き惹かれていきます。

橘緋夏役の佐津川愛美さんが可愛すぎる!「はるちゃん先輩」にメロメロ!

佐津川愛美さんが演じる橘緋夏役は、第1シリーズで言うところのちずにあたる役になると思います。

そんな緋夏ですが、放送後から可愛すぎると評判です。

特に「はるちゃん先輩」という新しい呼び方が可愛いすぎるという声が多く聞かれます。

また「はるちゃん先輩」という呼び方だけでなく、声も可愛いと評判です。

おっさんずラブなので、緋夏が春田と上手くいくことはないと思います。

第1シリーズのちづも結局、春田に振られてしまいました。

しかし可愛すぎる緋夏を応援する声も多く聞かれます。

また、四宮ことしのさんと緋夏がお似合いとの声もありました。

しのさんが春田狙いと見せかけて、緋夏と、、、という結末もいいですね。

どちらにしても今後の展開が楽しみです。

Sponsored Links

「おっさんずラブ in the sky」橘緋夏役の佐津川愛美さんってどんな人?

名前佐津川愛美(さつかわあいみ)
出身静岡県
生年月日1988年8月20日

2002年、14歳の時にスカウトを受けて芸能界入りしました。

しかし軽い気持ちで入ったため、どこか他人事で仕事をしていたそうです。

しかし2005年映画「蝉しぐれ」でヒロインのふくの少女時代を演じ、第48回ブルーリボン賞助演女優賞にノミネートされ、これをきっかけに、役者として真剣にお芝居と向き合おうと覚悟しますたそうです。

2007年映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」では、いままでの清楚なイメージを覆す個性的でインパクトのある暗い少女を演じ、第50回同賞の助演女優賞と新人賞の2部門にノミネートされました。

2009年には「来来来来来」で初舞台を踏み、「私の頭の中の消しゴム」2010年「もしもキミが。」といった朗読劇にも参加しています。

2019年NHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演しています。

映画、ドラマだけでなく舞台にも出演し幅広く活動する女優さんです。

ちなみに中学時代は新体操をやっており、なんと東海大会個人総合3位になりジュニアオリンピック新体操全国大会にも出場したそうです。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「おっさんずラブ in the sky」で春田の後輩の橘緋夏役の佐津川愛美さんについてお送りしました。

「はるちゃん先輩」という呼び方と声が可愛すぎる!と評判の橘緋夏役の佐津川愛美さんがこれからおっさんたちのラブにどんな風に絡んでいくのか楽しみすぎます!

2話で、緋夏は春田とデートする約束をしています。

どんな展開になるのでしょうか?

「おっさんずラブ in the sky」2話は、11月9日(土)夜11時15分からスタートです。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)