俺の話は長い|三枝(倉科カナ)性格がやばいけど可愛すぎ!ネットのコメントまとめ!

ネットで家族のリアル感を忠実に再現できていることから話題の『俺の話は長い』。

第5話でも新キャラが登場し、いつもの日常に花を咲かせてくれる。

その中でも新しく登場した三枝!

バーのオーナーであるためやりての経営者だと思いきやちょっと性格に難あり?

満とはなんかうまくやっていけそうな予感もする。

今回はどのような出来事が家族を待っているのか少し覗いてみましょう。

Sponsored Links

ドラマ『俺の話は長い』第5話のあらすじ

其の9『銀杏と爪切り』

いつもどおり塾に帰りの春海を迎えに行った綾子。

その車内で綾子は春海の模試の点数が悪いことについて注意した。

春海はテスト自体が難しかったからと言い訳をしたが、綾子は納得がいっていなかった。

帰って、食卓を囲む岸辺家と秋葉家。

満は自分の茶碗蒸しにだけ銀杏が入っていないことに文句を言う。

5年前までは嫌いだったけど今では好きになっていたのだ。

それから昔の話などで盛り上がっていた食卓だが、綾子だけは暗い顔をしていた。

そして、春海にわざとテストの点数を悪くして、行かせたい高校を諦めさせようとしているのではないかと問い詰めた。

さらに、春海に好きな高平陸と同じ高校に行きたいからではないのかとも聞いた。

そこに、光司が陸に確認したところ春海が行きたい高校とは別ということがわかった、

しかし、綾子は陸と連絡をとっていた光司のことを自分だけが知らなかったことに落ち込んでしまった。

満はキッチンで勉強している春海に陸が会話の意図を察知してわざと光司に違う高校を教えたのではないかと言う。

春海は満が野球部員と甲子園を目指すために同じ高校に行って自分だけが受かった話をした。

満は春海に好きな人と同じ高校に行くのは勧めないなとアドバイスをした。

そして、満は銀杏を居間で剥き始めた。

そこに爪を切りに綾子がやってきて、二人は思い出話に花を咲かせた。

そして、満が綾子の初デートのために観てもない映画の内容を聞かされ、シーンの練習までさせられた話をする。

懐かしくなった二人は何の映画だったかを思い出そうとするが、主演がトム・ハンクスというところまでしかでてこなかった。

必死に思い出そうとする二人、銀杏を割る音と爪を切る音が重なった瞬間に同時に思い出したのだ。

その映画のタイトルは『フォレスト・ガンプ』

そこに春海がやってきて映画の話をすると「観てみようかな」といい、満に借りてきてとお願いする。

それを聞いて少し嬉しそうにする綾子。

翌日、昼間に爪を切っている満。

その横には借りてきた『フォレスト・ガンプ』があった。

其の10『シャンパンと合鍵』

クラッチのオーナーの犬を散歩するバイトをしている満。

しかし、海星からもう一日だけバイトを延期してほしいと頼まれる。

その頃家では、房子と綾子が最近顎が痛くなった話をしていた。

それを聞いた春海は喋りすぎという。

それを聞いた綾子は満のせいと思い、もう満の思い通りにはさせないと女性陣で作戦を練った。

小雪のライブを観に行っていた光司はそこで昔のバンドメンバーと再会する。

そこで、再結成の話を持ちかけられるが、する気はないときっぱり断った。

満とクラッチで飲み直し、また音楽をやるとしてもあいつとだけはしないと言う。

そして光司が帰宅すると、綾子が飲みすぎていることに対して注意する。

そこに満がやってきて、光司の味方をする。

いつもだったら言い返されるところ、綾子はすんなりと自分に非があったと認めた。

また、満は春海からお風呂場の電球を買ってきてほしいと頼まれていたが、忘れていた。

満は電気がなくてもお風呂くらい入れるだろと言う。

すると、春海はすぐに受け入れてエコだと満に言い返さなかった。

満は何かがおかしいと感じている。

翌日、家を出る前に房子から牡蠣を買ってきてほしいと頼まれる満。

満は犬の散歩を終え、オーナーの部屋に戻った。

すると、時差ボケで寝ていたオーナーの三枝明日香が降りてきた。

満は挨拶をしてすぐに帰ろうとしたが、三枝は朝から何も食べていないから最後にご飯だけ買ってきてほしいと頼んだ。

しかし、買うも場所が一軒一軒離れていて、意外にも時間がかかってしまった。

お駄賃として買い物のお釣りを渡そうとするが、満は受け取ろうとしなかった。

その後、満と三枝はお金の話で言い合ってしまう。

そして、言い合いも終わり、帰ろうとする満。

しかし、三枝はご飯だけ付き合ってほしいと頼んだ。

今日は三枝の誕生日だったのだ。

それを聞いた満は帰ることができず食事に付き合った。

一方、家ではみんなが満の牡蠣を待っていた。

三枝が酔ってしまい、海星に振られた話を満にした。

それを聞いた満は驚きを隠しきれなくなり、鍵を置いて帰ろうとしたが、三枝はまた散歩を頼むかもしれないから鍵を持っていてほしいと言う。

満は鍵を持ち帰り、自宅に帰った。

みんなはトランプをしていて、満の話をすべて無視し続けていたが、綾子が我慢できずについ話してしまった。

そして綾子は牡蠣を買ってこなかったことについて文句を言う。

いつもの岸辺家と秋葉家に戻ったのだ。

Sponsored Links

突然満の前に現れた三枝明日香

満と三枝の出会い

三枝は満がよく行くBarクラッチのオーナー。

海星から満は三枝が海外に行っている間の愛犬の散歩を頼まれていた。

三枝が勝ってくるまでの約束だったが、海星から1日延長してほしいと頼まれた。

いつもどおり、散歩をして犬をお家帰すと、時差ボケで寝ていた三枝がいた。

それが満と三枝の出会い。

満は三枝を綾子と似ていると表現する。

気が強くて、口が悪くて、自分勝手と三拍子揃った非常に残念な女と。

しかし誤解されやすいけど、繊細で可愛らしい人だとも言う。

今週の満は優しさ全開ですね。

三枝の性格は

満と言い合う姿は満も行っていたとおり綾子そのものでした。

気が強くて負けず嫌いで絶対に意見を曲げないところが綾子に似ています。

仕事一筋で恋愛を忘れてしまったThe独身女性のような性格ですが、犬と戯れる姿、話を聞いてほしいから満を残した姿は気が強い三枝明日香とは違う一面が見れてキュンとしました。

ただ、一番可愛らしかったのは潔く誕生日だからご飯だけ付き合てほしいと言い、満が驚く姿に「免許証見せようか」と言いながら照れているのが男性視聴者を虜にしましたね。

これからも登場する明日香の魅力に気づき、視聴者さんも惚れていくでしょう。

Sponsored Links

三枝を演じているのは倉科カナ

今回のこの配役はとても難しかったのではないでしょうか、

綾子とどことなく似ていて、満とも対等に言い合える役で、見た目は35歳の敏腕経営者。

キャラの選定が渋滞していますね。

倉科カナさんだったからこそ犬と戯れる姿のギャップを感じつつ、満と言い合っている姿も怖い印象を受けなかった。

今後も登場する大事な役だからこそ倉科カナさんで良かったと思う。

実際の倉科カナの性格は?

倉科カナさんといえば有名なのがモトカレが竹野内豊さんだったこと。

結婚するとまで言われていたのに破局。

その理由は倉科カナさんの結婚に対する執着が理由と言われている。

倉科カナさんは30歳で結婚を夢見ていましたが、踏み切ってくれなかった竹野内さんに幻滅したそう。

実際の理由は不明。

また、実際の性格が悪いというエピソードも多くあり、一番の理由としてはあざとい、計算高いこと。

自信で子供のころから喧嘩が強くて男勝りな性格だったのにもかかわらず、天然とも言っていたことから視聴者にあざといや計算高いと言われるようになった。

しかし、倉科カナさんは性格が悪い役も多かったことからそのようなイメージが出てきた可能性も。

Sponsored Links

まとめ

今後も登場してくる三枝がどのように満と物語を始めていくのかが今後の楽しみ。

三枝と満は付き合うのか?

三枝の影響で満は働くのか?

三枝は家族と会うのか?

どこまでカギを握るかわからない三枝ですが、物語を面白くしてくれるのは間違いない。

第6話も乞うご期待。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)