ニッポンノワール|かつきが飲む薬は心臓病用でインフルエンザと関係?記憶障害の声も!

11月3日に第4話が放送予定のドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』。

ドラマ『3年A組』の半年後という設定で、第1話から『3年A組』の出演者が続々と登場していますが、

第4話では富田望生と古川毅が出演すると話題です。

そんなドラマ『ニッポンノワール』ですが、碓氷薫(広末涼子)の息子・克喜が

作中で飲んでいる薬が何なのか物議を醸しています。

そこで今回は、ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の克喜が飲む薬などに加えて、

あらすじについても紹介していきます。


Sponsored Links


ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の第3話のあらすじは?

“碓氷薫殺害事件”と“十億円強奪事件”の2つの事件の容疑者は

死亡した理事官・本城諭(篠井英介)の犯行ということで解決とされたが、

遊佐清春(賀来賢人)は、警察上層部に対しての疑いを消せないでいました。

何者かが、本城に事件の責任を負わせ、捜査を終わらせようとする狙いが明らかだったからです。

しかし、捜査一課長・南武修介(北村一輝)の独断で、清春たち旧碓氷班は捜査を実行することに。

捜査を進めていくと、十億円強奪事件の実行犯の1人・風間岳人は、

警察によって作られた架空の経歴である可能性がでてきたのです。

十億円強奪事件の実行犯グループになぜ警察は風間を送り込んだのか、謎が深まる中、

清春は、過去に風間と才門要(井浦新)との間にあった接点を知ります。

風間岳人の本名はホウショウジュンペイで、才門の元婚約者・星羅が

ホウショウジュンペイに殺害されていたのでした。

そして清春が才門を問い詰めに行くと、才門は清春に

星羅が警察に殺されたと確信していて犯人を捜すために、これまで動いていたと告げたのです。

さらに、才門は南武(北村一輝)がホンボシだとも語ったあと、

「Look at me!克喜を守ってやってくれ」と言い、その場を去っていきます。

一方、克喜は薫が殺されてしまってから、情緒不安定が続いており、

父親が誰なのか分からないことを、同級生にバカにされ、窓ガラスを割ってしまうなど、

学校で問題を起こしたりしていました。

そして克喜は、清春に隠れて何かの薬を飲んでいたのです。

そんな克喜でしたが、清春が寄り添ったことで少しずつ笑顔を取り戻していくのでした。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』公式サイト

https://www.ntv.co.jp/NNY/

Sponsored Links

碓氷克喜って、どんな役?

碓氷克喜/田野井健-演

“十億円強奪事件”を探っていて殺害されてしまった刑事・碓氷薫(広末涼子)の息子。

父親が誰なのかは明かされていません。

事件の鍵を握る重要なキーパソンで、遊佐清春(賀来賢人)と共に証拠を探っています。

Sponsored Links

かつきが飲んでいる薬の正体は?みんなのコメント集めてみた!

克喜が飲んでいる薬が何なのかと話題に上がっており、ネット上では様々な推測が飛びかっていました。

精神を安定させる薬、気分を高める麻薬なのではと、推測されている方が多くいらっしゃいました。

また誰かに飲むように言われていて、その人物が黒幕なのでは?という考察もありました。

なかには、成長をとめる薬、大人が子供になる薬と推測されている方もいました。

後者は、あの有名アニメを連想してしまいますね。

Sponsored Links

かつきは記憶障害?薬は心臓病用でインフルエンザと関係?

前項では、薬についてみなさんの様々な推測をご紹介しましたが、

克喜には、記憶障害があるという推測をされている方もいらっしゃいました。

さらにその記憶障害は、心臓病が原因となるもので、

2009年新型インフルエンザのワクチンに関係しているのではという鋭い考察です。

まとめ

ここまで、ドラマ『ニッポンノワール』の第3話あらすじ、克喜が飲んでいる薬に焦点をあて紹介してきました。

第4話以降も、克喜が薬を飲んでいる場面があるのか注目です。

そして、克喜が誰の指示で薬を飲んでいるかにも注目したいところです。

ドラマ『ニッポンノワール』第4話は、11月3日(日)22:30から放送予定です。

気になる方、是非ご覧ください。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)