リンダ真知子役冨永愛の役柄や尾花との関係性は?演技力や評価もまとめてみる

10月20日から放送されたテレビドラマ「グランメゾン東京」はキャストが豪華すぎて話題となっています。

主演は木村拓哉さんですが、他のドラマなら主役を演じる鈴木京香さん、沢村一樹さんをはじめ、及川光博さんなどベテラン俳優が出演し、玉森正平さんや吉谷彩子さんなど若手の俳優たちも頑張っています。

そんな中、異色の存在として出演されたのがファッションモデルの冨永愛さんです

冨永愛さんの出演でさらにグレードアップした出演陣。

ここでは、鬼才放つ冨永愛さんの役柄や演技についてご紹介します。


Sponsored Links


「グランメゾン東京」リンダ・真知子・リシャール役は冨永愛!

冨永愛さんがどんな方なのかご存じでしょうか?

ファッション誌などを読む方ならよくご存じだと思いますが、もしかしたら、知らない方もいるかもしれません。

いや、印象に残る容姿ですから、見たことはあるなと思っている人が多いかもしれませんね。

このインスタを見て、見た事ある!!と思った方も多いのではないのでしょうか。

きりっとした顔つきにスリムなモデル体型。

こう見えて子供さんがいます。

ということは出産経験あり(2005年)です。

残念ながら日本人パティシエの旦那とは別れて、今はシングルマザーです。

お母さんが冨永愛さんって、子供にとっては何かと大変でしょうね。

経歴のご紹介

生年月日1982年8月1日(ドラマ出演時は37才)
出生地神奈川県相模原市
身長179cm
股下92cm
備考9等身
現況ファッションモデルとして、東京とパリを拠点に活躍中です。

子供の頃から背が高く、15才の時に姉が読者モデルに応募し、株式会社ボン・イマージュ(東京都港区)に所属しました。

ボン・イマージュには、冨永さんの後輩として渡辺謙さんの娘である杏さんも所属しました。

杏さんも細くてスラっとしていて、冨永さんとスタイルが似ていますね。

 

Sponsored Links

「グランメゾン東京」リンダ・真知子・リシャールはどんな役なの?

リンダはフランスの世界的なグルメ誌「マリ・クレール・ダイニング」の編集長です。

2015年の日仏首脳会談で起きたナッツ混入事件の真相を中村アンさんが演じる久住栞奈とともに追いかけます。

そして尾花の元恋人であることがわかりました。

二人が付き合って並ぶとか、本当に豪華すぎですが、身長差が結構あるような気がしてなりません。

 

ナッツ混入事件


このドラマでは2015年にフランスで行われた日仏首脳会談での出来事がポイントとなっています。

首脳会談当日、フランスで二つ星レストンの”エスコフィユ”で昼食会が開かれる予定でした。

エスコフィユのシェフは木村拓哉さんが演じる尾花夏樹です。

尾花夏樹は料理に厳しいシェフで夏樹に不満を持つ者もいました。

フランスの外務大臣はナッツアレルギーを持っていましたが、昼食会の料理でナッツが混入されました。

大臣の護衛が夏樹の部下を疑うと、夏樹は我慢が出来ずに護衛を殴ってしまいました。

その後、エスコフィユは閉店し、夏樹も”日本の恥”と言われ落ちぶれました。

Sponsored Links

冨永愛の演技はどうか

インタビュー

演技にはその人の考え方が大きく影響します。俳優の皆さんは考え方が独創的で個性的です。そこで、冨永さんのインタビューがるのでご紹介します。

演技の評価

これまでに、冨永さん出演したドラマは、

2013年『ミエリーノ柏木 第5話』、冨永愛役
2014年『オンナ♀ルール 幸せになるための50の掟』、主演・日野原リサ役
2014年『ロング・グッドバイ』、高村世志乃役

です。

皆さんの意見は、・・・

と、残念なのですが、どのドラマの演技も棒読みとなってしまって、演技力が高評価とは言いにくいですね。

あくまでもモデルさんですから・・・と皆さん思ってしまうみたいです。

ただし、落ち着いた女性を演じる年齢になると、棒読みも落ち着いた女性の印象になります。

このドラマでは期待できる

第3話から登場するリンダは予告では「久しぶりに彼の本気が見れそうね」と楽しみそうに微笑みます。

フランスを熟知する冨永愛さんがフランス料理をテーマにしたこのドラマで、どんな演技をするのか楽しみです。

微笑むと優しそうな冨永さんですが、キリっと睨まれたら凍り付いてしまいそうな鋭い目は、演技の武器となるでしょう。

役柄も、世界的グルメ雑誌の編集長なので、落ち着いた女性を見事に演出してくれるでしょう。

夏樹がリンダとどんな関係にあるのかも気になりますね。

リンダは夏樹の敵か味方か。

夏樹が三ツ星を取らせようとしている早見倫子(演:鈴木京香)の料理はリンダを微笑ますことが出来るのかにも注目です。

ちょっと話がそれますが、少し気になるのが、木村拓哉さんの身長は176cmで、冨永愛さんの身長は179cmということです。

間違いなく、冨永さんはヒールを履きます。

すると、冨永さんの方がもっと背が高くなりますよね。

リンダが夏樹の横に立つときの映像が楽しみです。

夏樹が上を見上げるのは食べた料理がおいしい時だけのハズですが、リンダを見る時も上を見ることになるかも。

Sponsored Links

冨永愛さんの最高のビジュアルは映画デビルマンの「シレーヌ」

2005年の作品ですが実写版デビルマンをご存じでしょうか。

原作は永井豪さんの漫画(1972年)ですが、2005年実写映画化されました。

冨永さんはデビルマンの敵である「妖鳥シレーヌ」で出演(当時23才)しています。

衣装の露出が多いと言って出演拒否を訴え、衣装チェンジとなりましたが、それでもこの露出。

チェンジ前の衣装はこれより露出があったのか!想像できない。

いや、想像してはいけない。

この時の評判

ほとんどの人がこのような意見。

若いころの話ですからね~。

演技ではそこそことして、ビジュアル的には。物凄くインパクトがあったといえます。

やっぱりモデルさんですね。

 

まとめ

グランメゾン東京は、落ちぶれた元2つ星の天才フレンチシェフ・尾花夏樹が、偶然知り合った努力家シェフ・早見倫子にフランス料理で3つ星を取らすことを目指す物語です。

尾花夏樹の料理に大きく関心を寄せるリンダ・真知子・リシャールは夏樹の過去の事件を追います。リンダの行動から目が離せません。

リンダを演じる冨永愛さんは5年ぶりのテレビドラマ出演となります。冨永さんがこれまでの演技の酷評を覆すことが出来るのか注目です

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)