死役所4話|子役の男女は山井飛翔と豊嶋花!経歴と過去の出演作は?

いつも様々な人生を歩んできていた人たちが、来所する「死役所」

死を迎えるまでのエピソードも、その人が抱えた思いもさまざまです。

今までもいじめられていた子や、不妊治療の末亡くなった赤ちゃん、父親と同じように殺された人など、理不尽さや無力さを抱えながらも、自分の死と向きあう様子が描かれていました。

そして4話のゲストは何と、子役!

「死」という重いながらも、誰もが通る道を、どうやって子供たちは描くのでしょうか?

もちろん子役の2人の演技力にも注目です!

そこで今回は、演技力が期待される子役2人をピックアップ!

まずは、4話のあらすじから…


Sponsored Links


『死役所』4話あらすじ

シ村が死刑になった理由は何なのか、探っているミチルだったが、ついに死刑の理由を聞く。

それはシ村が、自身の娘を殺したことが原因だった。

どう言葉を返せばいいのかわからないミチルを前に、シ村は冷静だった。

そしてミチルが成仏の期限まで、残り1日しかないことを告げられる。


どうすればいいのか悩んでいるミチルの前に、大けがを負った女の子が来所した。

女の子の名前は、夏加。

中学2年生で血まみれになっていて、事故にあったと言ったので、

「交通事故死課」に案内する。

しかし大きな事故があったばかりで、職員たちに手が空いているものがいない。

そこで、総合案内係である、シ村が代わりに申請書の手続きを行う。

まずは事故にあった経緯から話を聞いていると、夏加は智也との最初で最後のデート中に、事故にあったことを知る。

Sponsored Links

夏加役 / 豊嶋 花

豊嶋 花のプロィール

名前豊嶋 花
出身東京都
生年月日2007/03/27
経歴1歳の時に、芸能活動を開始。
第2の芦田愛菜と呼ばれ活躍中の子役。

豊嶋 花の出演作は?

「外事警察 その男に騙されるな」
「八重の桜」
「あまちゃん」
「ごりそうさん」
「梅ちゃん先生」
「真夏の方程式」
「トットちゃん!」
「おいしい給食」(現在放送中)

作品の多くは、出演者の幼少時代・子供時代を演じており、すでに映画やドラマ・CMなど多くの作品に出演している。

特に、NHKの連続テレビ小説では、幼少時代を演じており、多くの視聴者の親戚の子供のような感覚で見られている。

1歳から活躍してだけに、12歳となった現在は、大きくなっており、

「こんなに大きくなったの!?」と驚く方もいるのではないだろうか。



「外事警察」のオーディションの際、言葉を話せない役柄だったため、オーディションが難航するかに思われた。

しかし森嶋さんの演技を見て、監督が「この子であればセリフはいらないと確信した」と後日語るなど、演技力は小さいころから培われている。

Sponsored Links

智也役 / 山井 飛翔 (少年忍者/ジャニーズJr)

山井 飛翔のプロィール

名前山井 飛翔(つばさ)
出身神奈川県
生年月日2004/12/31
経歴ddd

山井 飛翔の出演作は?

詳しいデビュー日などは分かりませんでしたが、

どうやらジュノンボーイのオーディションを受けて、

わりといいところまで行っていたようです。

その後、敗退してしまいましたが、名前が独特なことから、覚えている方も多いそうです。

ジャニーズには、2018年6月に入所したことが、ファンの方のツイートで判明。

出演作など調べてみましたが、ジャニーズとしてのバックダンサー的な仕事がメインなようで、

ドラマの出演は初めてっぽいです。

演技の勉強はこれからですかね!

Sponsored Links

まとめ

今回亡くなってしまう女の子・夏加ちゃんは、演技力のある実力派子役が演じますね。

初恋の男の子側は、出演作などはないので、ちょい役っぽい。

もしかしたら回想シーンに出てくるのみで、しっかりした演技場面はないのかもしれませんね!

ですが、ファンの方からしたら、地上波で初めて彼を見られる、ということで喜んでいそう。

2人の演技シーンにも注目です!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)