死役所3話ネタバレ感想!坂浦と父親が殺されてしまった理由は?シ村の犯した罪も明らかに!

死役所で働く職員たちが、死刑囚だと知ったミチルは、職員たちに詰めよる。

はたして職員たちは、なぜ死刑にならざるを得なかったのか。

それを答える者は誰もいない。

今日、死役所にやってくるのは、どんな死因を持った人なのでしょうか。

Sponsored Links

「死役所」3話ネタバレ!

シ村の後にも、ニシ川やハヤシに「死刑囚なんでしょ」と詰め寄るミチル。

「人を殺しておいて、よく平然としていられるわね」と悪態をつく。

「誰を殺したのか」と詰めよるミチルだったが、事件の詳細などは話してくれなかった。


ある日のこと、死役所で暴れる男性がいた。

急いで駆けつけるミチルとハヤシ。

するとそこには坂浦という男性が「店に戻して」と言って、暴れていたのだ。

坂浦はもうすぐ現世で、自分の子供が生まれようとしていたのだ。

いまだに自分の死が受け入れられずに、成仏でない人間は多い。

坂浦は、12年前に父が殺され、今回は自分も同じ場所で殺された、と嘆く。

だが、現場はおぼていても、誰に殺されたのかまでは分からなかった。

しかし現世に戻ることは出来ない。



坂浦は現世で、父親の跡をついで、食堂を営んでおり、妻もそこを手伝っていた。

妻との出会いも、そこで働く常連客の娘だったということもあり、大切な場所だったのだ。

殺害された場所も、その食堂だった。

客としてやってきた犯人が、いきなり坂浦のことを刺したのだ。

「坂浦が父親の仇打ちをするために、原島を殺すなら分かるけど、なぜ原島が殺害するのか」

と疑問を持つ、イシ間に、シ村は

「イシ間さんは、道理の通った殺害をしましたからね」とイシ間の殺害に言葉を添える。

イシ間は大切に思っている、姪のために人を殺したことを話す。


父を殺された坂浦が、父親を殺害された後に、定食屋を再開しようとした当日、

お客さんが戻ってきてくれるのか、と心配した坂浦。

当日、緊張しながらも、のれんをかけるようと外に出ると、いつもと同じ

常連客の顔が行列をなしていた。

行列の1番前に並んでいた常連客が、店名が刺繍されたエプロンを、プレゼントしてくれたのだった。

そのエプロンを、坂浦は死役所に持ってきていた。


父親を殺害した後、逮捕されて服役していた犯人が、なぜ再び坂浦たちを狙ったのか、

それは死役所では分からない。

坂浦を刺した後の犯人は、常連客によって取り押さえられており、再び刑務所に入ることは確定だろう。

理不尽な死。

父のことを恨んでいたのか、

そんな父が大事にしているお店を、まだ大事にしている坂浦が気に食わなかったのか、

真相は分からないままだった。

Sponsored Links

まとめ

元スタッフによる2世代殺害事件については、真相が分からないまま、となっています。

しかしここは死役所。

犯人が、2人を殺害したことで、逮捕されていますし、もしかしたら

死刑になる可能性も考えられます。

回が進んだときに、もしかしたら、その真相が分かる日がくるのかも。

日常の事件のなかでも、こういった理不尽な死を遂げられた方たちが、

死役所で無念さを嘆いていることを想像すると、考えられることが多いですね!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)