知らなくていいコト(6話)ネタバレやケイトを刺したのは桜庭の妻か?尾高との恋の行方も!

尾高さんのかっこよさに、悶絶する女子が…!

ついに尾高さんの独特のイケメン具合が、ニュースにもなっていましたw

今回は、ケイトが乃十阿に水をかけられて、それを尾高が助けるシーンが、次回予告で流れました。

不倫はダメだ、とわかっていながらも、ケイトは不倫の道に走ってしまうのでしょうか。

そして逆に、ケイトを振った野中が、メンヘラかまって女子・小泉の沼に落ちようとしている…。

野中は本当はそういう子がよかったのかな…。

乃十阿の事件はもちろん、ケイトと尾高の仲にも注目です!

知らなくていいコト 6話あらすじとネタバレ

乃十阿に取材を申し込むと、乃十阿はケイトに水をかけた。

震えながら帰路につこうとするケイトに、走り寄ったのは、尾高だった。

尾高はずぶ濡れのケイトを連れて、ラブホテルに入る。

ケイトは、

「私をこの世に作り出した責任がある。

罪を認めたけど、動機を語ってない。

私はそれを知る権利がある。」

と言った。

それを話しながら、ケイトの目の奥には、元気が湧いてきた。

それを見た尾高は安心したように茶化す。

ケイトは、乃十阿の弁護士に会いに行く、と言って、元気よくラブホテルを出ていった。




乃十阿の弁護士である高村を訪ねると、乃十阿は事件前の関係者とは連絡を絶っている、という。

迫るケイトに不快感を示す高村との間を、尾高は取り持った。

しかし何も教えてもらえず、ケイトは再び訪れることを迫る。



仕事では、人気棋士・桜庭の妻から、桜庭が女優の・文香と不倫をしている、と相談を受ける。

不倫メールのなかには、将棋を使った暗号と思われる文面があり、それを理解できなかった。

さっそく桜庭と文香を尾行して、密会現場を押さえようと動く。



不倫メールを見ていると、野中が将棋部だったことに気がつく。

しかし野中はすでに退勤して、同じ部の小泉と夕食をとっていた。

ケイトからの連絡を受けて、暗号メールを見る野中。

だが、小泉は野中から携帯を取り上げてしまう。



桜庭の妻から送られてきた不倫メールに、

「会いたい」と何度も書かれているのを見て、

ケイトは思わず尾高のことを思い出す。

尾高に会いたいと思っている自分に「心はすでに不倫だな」とつぶやいていた。




野中は暗号を読み解いて、密会場所と時間を割り出す。

そして、2人1組になり、尾行を始める。

小泉は特集班の尾行についていき、佐藤と共に車のなかで、待機する。

佐藤がケイトのことを褒めると、小泉は面白くなさそうな顔をする。

そして佐藤が優しくすると

「優しくしないでください、好きになっちゃうから」

と言う。

それを聞いて、佐藤は嬉しそうに笑った。



ホテルに2人は入ったものの、2人きりのところは撮られないようにしており、決定的な証拠にはならなかった。

そのため、継続して尾行をすることとなる。



翌日、桜庭は代役で高知まで出張することになる。

いつもは違う遠方への出張で、羽を伸ばしたのか、文香も高知へ。

そして2人が、外で会っているところを激写。

しかしケイトは、この2人の恋愛を報道して、だれが幸せになるのだろうか、と考えてしまう。

それを考え始めると、2人を突撃するのがためらわれた。

だが、仕事なので、ケイトは2人に突撃して、ホテルで密会したことを聞く。

桜庭は隠そうとしたが、文香は

「私は桜庭先生を愛しています。」

と告げる。

すると桜庭は

「私も同じ気持ちです。

離婚したいと思います。」

と言ったのだ。

文香は

「先生と奥さんにも、いい時代があったように、これからは先生の時代です」

と啖呵を切って、去っていった。



週刊誌で報道され、文香は不倫を認めた。

そんな文香の手記を今度はスクープにしたい、と張り切るケイト。

しかし断られてしまう。

落ち込んでオフィスに帰ってきたケイトを、遠くから眺めていたのは尾高だった。

尾高もまた、オフィスに帰ってきても、何度も何度も、ケイトのことを思い出していた。

パソコンにのこる付き合っている時のケイトの楽しそうな顔を見て、パソコンの前で思わず笑ってしまうのだ。

そんなとき、ケイトが尾高のオフィスを訪ねてきた。



ケイトは不倫の報道をしたけれど、自分が尾高と不倫関係になっているのではないか、ともやもやしていたのだ。

尾高は「不倫じゃないよ」と否定した。

乃十阿のことで最近よくあっているだけだ、と。

ちょっとがっかりするケイト。

だが、尾高が言う。

「でもひとつ問題がある。

俺の心のなかに、いつもケイトがいる。

家族に不満はない。

けど、ケイトを思わない日がない。

でまた、これが罪なのかって言われると、そうとも思えない。

でもまぁ、ギリギリだよな」と横に並んで話した。



2人でチームを組んで、不倫事件を追いかけていた、あの時が、今でも続いているような感覚なのだ。

しかし、今はもう尾高には妻子がいる。

だからこそ、尾高はケイトに

「だから、踏みとどまろう」

と言った。

ケイトはそれに納得せざるを得なかったが、少し残念そうに前を向いた。

しかしその瞬間、尾高がケイト抱き寄せて、強くキスをした。

尾高とケイトは、もう、踏みとどまれないところまできていたのだ。


Sponsored Links

ケイトを刺したのは桜庭の妻か?

次回予告で、ケイトが女性に刺されていました!

そしてそのあと、野中が

「ケイトの父は殺人犯だ」

とナレーションが流れたので、被害者家族によって刺されたのでは、と推測されました。

しかし公式HPにアップされた次回予告の映像には、怪しげに映る桜庭の妻の姿が!

桜庭の妻は、「何があっても桜庭は自分の元へ戻ってくる」

とケイトに伝えていました。

ですが、最終的に桜庭は妻との離婚を選び、文香と一緒になることを選択。

妻として、「必ず帰ってくる」と言っていたばかりに、プライドはずたずた。

本来なら怒りの矛先を向けるべきは、ケイトではないですが、「報道しなければ夫婦としての体裁は守れた」と考えるのではないでしょうか。

まあ、自分が週刊イーストに記事を売ったんですけどね…。


野中が「ケイトの父は殺人犯だ」と答えようとしていたのは、報道に言ったのではなさそう。

野中はまだ誰にも「ケイトの父は殺人犯」とは伝えてません。

ずっともやもやを抱えているのは確かですが。

予想では、唯一知っている尾高に向けて、ついに言葉にして迫ったのではないでしょうか。

それでまた、かっこいいことを尾高さんが言って、視聴者の心がきゅん、ってなる、という予想です。

むしろ、そうあってほしい!!!(笑)

Sponsored Links

まとめ

尾高さーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

尾高さんのキスの勢いもえげつないし、急にきた、あの切り返しにえげつないぐらい、きゅんとした…!

尾高さん、視聴者を生かしておくつもりない???

それにしても全く、野中ってヤツは!!!

次回予告もけしからんけど、小泉という思わせぶり女子に、引っかかってしまう野中ちょろい!!!

君は、ずっと将棋の駒と向き合ってなさい…。

そして、次回予告で、ケイトを刺したのは誰???

やっぱり桜庭の妻かな?

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)