ハムラアキラ(7話)ネタバレや68会がやっていたゲームは狩りだった!悪いうさぎの意味とは?

2020年1月ドラマ10で放送の「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」は、“世界で最も不運な探偵”である葉村晶が、災難に巻き込まれながら事件を解決に導く姿を描くミステリードラマです。

4話までは1話完結の物語でした。

5話から最終回の7話までは、第2章となり原作者・若竹七海、こん身の傑作である「悪いウサギ」が描かれます。

カナが参加したゲームのバイトとは?

また岡田と68会との関係とは?

それでは最終回の7話のネタバレ、感想をお送りします。

ドラマ「ハムラアキラ」7話ネタバレって?

監禁されるアキラは?

アキラはミチルから68会の事を聞きます。

その時、美和の母親からの突然の電話があります。

様子のおかしい美和の母親に、アキラは家を飛び出します。

しかしアキラは後ろから襲われます。

アキラは、監禁されてしまいます。

ミチルは、古本屋で岡田に会いアキラのアパートに招きます。

なかなか帰ってこないアキラをミチルは心配します。

手掛かりをさがすために、ミチルは岡田と美和の母親の家に行きます。

しかし美和の母親は自殺していました。

古本屋に戻ったミチルは常連客たちに一緒にアキラを見つけてくれと頼みます。

アキラはごみを不法投棄しに来た夫婦に助けてもらいます。

ミチルはアキラを心配します。

しかしアキラは一人になりたいといいミチルを拒否します。

帰ってきた美和は?

アキラが目を覚ますと、美和は無事帰ってきていました。

事件は終わったと報じるテレビ番組にアキラは何も終わっていないとつぶやきます。

アキラのもとに岡田がやってきます。

そして68会との話をします。

帰ってきた美和は、替え玉でした。

68会は、そのことを岡田にもみ消すようにいいます。

その代わりに岡田は68会のゲームに参加することになります。

実は岡田は、68会の山辺がよそに作った子供でした。

子供ができない山辺は岡田を養子に迎えます。

そんな山辺を岡田は恨んでいました。

次のゲームで岡田は68会の悪事を暴くつもりだといいます。

アキラはその時は自分にも必ず連絡するようにいいます。

68会のゲームとは?

翌日ミチルの携帯からアキラはミチルがゲームに参加することを知ります。

ミチルの父親にそれを伝えると慌ててある場所に向かいます。

アキラはミチルの父親に戻って岡田に伝えるように言います。

ひとりでその場所に向かうアキラは68会の大黒に捕まります。

68会のゲームとは、人をウサギに見立てて猟をしていました。

美和もカナもそこでウサギとして殺されていました。

アキラは、ウサギのマスクを被らされミチルとともに次のウサギになってしまいます。

一方、岡田は父親の山辺を逮捕します。

アキラは隙を見て大黒たちに逆にウサギのマスクを被せます。

そんな時、警察がやってきます。

テレビでは連日68会の事件が報じられています。

ミチルは、母親と2人で新しい生活を始めます。

岡田は、地獄だと言いますが警察を辞めずにいます。

そして白熊探偵社はいつもの日常に戻ります。

ドラマ「ハムラアキラ」7話感想って?

最終回は、3話連続のお話でした。

とにかく面白くて飽きずに見ることが出来ました。

しかし68会のゲームがまさかの内容でした。

また原作にはいない岡田が最後までいい味を出していました。

岡田のいない原作を逆に読んでみたくなりますよね。

そして「悪いウサギ」の意味とは?

4話で足の悪いウサギを悪いウサギと言っていました。

逃げないので狩りをしてもつまらないウサギのことなんでしょうか。

それとも秘密を知ってしまい殺された美和のことなんでしょうか。

また68会の秘密を公にしたアキラのことなんでしょうか。

まとめ

ここまでドラマ「ハムラアキラ」7話のネタバレ感想をお送りしました。

他にはない独特な雰囲気のドラマでした。

主演のアキラ役のシシドカフカさんがカッコよかったですよね。

また続編があればぜひ見てみたいドラマでした!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)