アンサングシンデレラ|7話ネタバレあらすじ!瀬野の病気や原作ではどうなってるの?小春役の女優も話題に!

みどりが最初に担当した小春が、ついに退院を迎える7話!

入院中・服用中だけではなく、患者の人生まるごとに責任を持つみどりは、果たして退院する心春にどう向き合っていくのでしょうか。

そして、今日は病院の特別室に、秘密の患者が…。

いったいどんな患者で、みどりはどう対応するのか?

「アンサングシンデレラ」7話あらすじとネタバレ!

みどりが最初に担当した患者・心春がついに退院する。

白血病で入院をしてから、寛解と再発を繰り返していたが、退院が決まりみどりは安堵する。

最初に発病したときは高校生で、それからみどりを目指して、薬科大に進学したが、その矢先に再発となってしまったのだ。

心春と話をしていると、2人の前を、病院長に案内された赤いスーツの女性が通っていく。

特別室に入っていったその女性は、議員の古賀。

左尺骨にヒビが入ってしまい、ちょうどマスコミから逃げていた古賀は、病院で療養を理由に隠れる。

しかし、病院長と整形外科医以外に、身元は明かされなかった。

だが、みどりとくるみは病室を訪ねる。

古賀に病状を尋ねるが、答えるのは秘書の鴨居ばかりで、持病の喘息がある古賀は何も答えない。

すると、古賀は胸を押さえ苦しみだす。

しかし鴨居に止められて、2人は部屋を追い出された。



翌日、心春が病院にいると古賀が現れて、目の前で苦しみ出して倒れてしまう。

古賀の手には、電子タバコ機器が握られていた。

それを知らせに行こうと走る心春は、みどりを見つけて、それを伝えた。

だが、みどりがその場を離れると、心春も苦しそうな表情を見せた。


みどりは秘書の鴨居に話を聞きに行く。

すると鴨居は

「本当は体調が悪いけれど、それが明るみになれば辞職するよう求められる。

私は、議員の古賀に惚れこんでします。」

という。

みどりはそれを、鴨居が古賀の検査をしてほしい、といっているように感じた。



翌日も、心春は古賀と廊下で会った。

手紙を書く心春が「何かあったら葵さんを頼ってね」と古賀に言う。

その後、みどりが古賀の主治医に、古賀の検査を依頼している姿があった。

それを目撃した古賀は、それを断る。

「あなたは他の患者に集中してください」

と叱咤すると、その後ろで今度は心春が倒れた。

急いで駆け寄るみどりだったが、心春は苦しそうな顔を見せたまま起き上がらなかった。



検査の結果、心春の体に異変が現れ、退院は延期となった。

病室に行くと、心春は笑って

「またしばらくご厄介になります」

と言って笑った。

心配そうに見つめるみどりに、心春は笑いかける。



Sponsored Links

みどりが心春を担当した理由

そのころ、くるみは瀬野に

「なぜ新人の葵さんに、白血病の心春ちゃんを最初に担当させたんですか?」

と聞くと、みどりの妹が同じ白血病だったことを明かされる。

みどりは、妹を白血病で亡くしていたのだ。

瀬野はそんなみどりに、どの患者にも感情移入せずに同じ扱いをしなければいけない、ということを教える為、最初に心春を担当させたのだ。

みどりの前では笑顔を見せていた心春だったが、いつもの場所にきて、ひとり泣いていた心春。

するとそこへ古賀が現れた。

涙を止めて、無理やり笑いながら心春は退院が延期になったことを伝える。

それを聞いて古賀は「無理して笑わなくていいんじゃない」といった。

心春は

「でも、やれる治療があるだけマシだから。

何も出来ずになくなっちゃった子もたくさんいたから。」

と言ったのだった。



心春の主治医に頼み、「風を浴びたい」と言っていた心春は、一時的に外に出た。

嬉しそうに風を浴びる心春を、古賀がじっと見ていた。

近付くみどり。

「検査を受けてください。」

そういうと、古賀は検査を受ける、といった。

「20歳の女の子が頑張っているのに、おばさんが頑張らないわけにいかないでしょ。」

古賀は同級生を病気でなくしており、それから医療拡充を願い議員を続けていた。

古賀は誰よりも、国民が平等に医療を受けるべきだと考えていたのだ。


Sponsored Links

古賀の病気は?

去って行こうとする古賀に、みどりはひとつ訪ねた。

「古賀さん、最近タバコを吸っていますか?」



検査の結果、古賀は病気があったわけではなく、禁煙したことを医師に伝えていなかったので、喘息の薬を過剰に摂取していたのだ。

それが理由で体調不良を起こしていた。

それに気がついたみどりに向きあった古賀は、

「これから薬のことは葵みどりに相談する。」

というと、笑って退院していった。



そして、再び治療を行い、順調に回復していった心春。

手にはみんなからの寄せ書きを手にして、風を浴びたのだった。

心春がいなくなった病室で、残されたみどりは、心春からもらった手紙を読んでいた。

退院が延期になったことで、一度はぐしゃぐしゃに丸められた、その手紙の最後には

「葵さんに出会えてよかった。

お世話になりやした、葵さんありがとう。」

と書かれていた。


Sponsored Links

瀬野の病気や原作ではどうなってるの?

今回、体調が悪そうな瀬野の姿が映っていて、心配していたら、次回予告で血を吐く瀬野が!

瀬野はどうなってしまったのでしょう?

今まで体調が悪そうなそぶりを全く見せていなかったので、心配ですね。

一時的なものであればいいんですが、次回の患者は「終末期の患者」ということもあり、瀬野も関係するのでしょうか。

原作では瀬野の体調不良について記載されていないので、オリジナルストーリー(最終回にむえてまとめてある)だと思います。

Sponsored Links

まとめ

今回は1話からずっと登場していた心春ちゃんがついに退院!

一度は退院が延期になったものの、大学に通えるようになった心春ちゃんの姿を見て、ほっとしました!

そんな心春ちゃんに勇気をもらった、「もの知りおばさん古賀さん」も、大人の女性としてかっこよかったですね!

今回、心春ちゃんを演じていたのは、「穂志もえかさん」

すらっとした体形で、バレエを踊る姿がぴしっとしていて、とても綺麗でした。

実際にクラシックバレエを習っていたそうですよ!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)