カイジ ファイナルゲーム|バベルの塔などの詳細ネタバレは?黒崎や利根川とどう絡む?

本作品『カイジ ファイナルゲーム』は、講談社の「ヤングマガジン」に1996年から掲載されて以降、発行累計部数が2100万部を超えるという驚異の大ヒットを続けている漫画「カイジ」の実写版映画シリーズの最新版になっています。

その公開がいよいよ2020年1月10日に封を切ります。本作品は、前回の「カイジ2人生奪回」から9年ぶりにして、オリジナルストーリーとしては、シリーズの最終話といった形になっています。

前回、前々回と同様にカイジ役には藤原竜也氏を迎え、福士蒼汰氏や吉田鋼太郎氏などの個性的な実力派俳優をそろえて臨む『カイジ ファイナルゲーム』。

「カイジ」シリーズでお馴染みの観客を魅了して飲み込むゲームの数々、そして、癖のある個性的なキャラクターの数々、ファイナルにして集大成の『カイジ ファイナルゲーム』の物語が展開されていきます。

Sponsored Links

『カイジ ファイナルゲーム』はどんな映画?

借金苦でどん底生活を送っていたカイジ(藤原竜也)が、貸金業者から持ちかけられた一発逆転のゲームに参加し、困難に当たりながらも最後は勝利をおさめるといったサクセスストーリーになっています。

ラストまで目が離せない実写版映画「カイジ」シリーズ、その「カイジ」の世界が最終話にして本作品としてスクリーンに蘇ってきます。

さあ、「カイジ」シリーズの最終話『カイジ ファイナルゲーム』、いったいどんな映画になっているのでしょうか?

『カイジ 』過去のシリーズを紹介!!

本作品のあらすじを紹介する前に、まずは、過去のカイジシリーズをまとめてみました。まだ観ていないといった人は、また、観たけど内容を忘れてしまったといった人は、本作品が公開されるまでにはまだ時間があるので、「カイジ」シリーズの過去の作品を観ておきましょう。

『カイジ 人生逆転ゲーム 』(2009年公開)

カイジがどういう作品かを広く知らしめた最初の作品です。そのあらすじを簡単に解説します。

多額の借金を背負い人生のどん底クズ生活を余儀なくされていたカイジは、借金取りに追い詰められることに・・・。

そんな負け犬の生活を送っていたカイジが、ある貸金業者に借金をなかったことにし、大金が受け取れるゲームがあるけど参加するかと持ちかけられます。

一発逆転を狙ったカイジは、そのゲームに参加することに・・・。
ゲームなんて簡単で大したことはないといざゲームに参加してみると、そのゲームは命がけの困難なゲームでした。

「勝てない人間は人間のクズだ。」と主張するゲーム主催者、カイジはその能力を最大限に使って困難なゲームを勝ち抜いていきます。

ゲーム主催者とカイジたちの心理戦、観る者を引き込むゲームの数々、そのゲームの難しさに耐えられなくなった仲間たちが次々と死んでいき、最後まで残ったカイジは追い詰められますが、どうにか切り抜け勝利を獲得します。

『カイジ2 人生奪回ゲーム 』(2011年公開)

第1作目であらゆる困難をくぐり抜け、ゲーム主催者から勝利を獲得したカイジでしたが、またまた転落してしまします。

そんな転落人生からスタートしたカイジ2では、カイジが再び一発逆転のゲームに挑みます。

前回を上回る数々のゲームの試練と困難、そして、その個性的な仲間たち・・・カイジ2でも、カイジの奇抜な発想とその驚異の能力で、最終的にはカイジと仲間たちは勝利します。

さて、それからどうなったか・・・本作品最終話の『カイジ ファイナルゲーム』にその答えが・・・。

Sponsored Links

『カイジ ファイナルゲーム』あらすじ、ネタバレは?

さっそく、そんな本作品のあらすじを簡単に解説していきます。
前作から9年ぶり、前作でも勝利を収めたカイジでしたが、本作ではどうなっているのでしょうか。

3作目にしてまたまた転落人生を余儀なくされホームレスになっていたカイジに、再びゲームへの参加の話が舞い込んできます。

前回、前々回と、その奇抜な発想と驚異的な能力で勝ち抜いてきたカイジは、ゲーム主催者やゲーム参加者にはよく知れ渡った存在でした。

再びゲームの幕、ファイナルゲームの幕が開きます。
「バベルの塔」とうたったそのゲームに勝つと1000億、そして相手は国家。

怠慢な負け犬生活をしてきたカイジをはじめとするゲーム参加者たちに対して、勤勉な努力家高倉浩介(福士蒼汰)からは「お前らたちのような人間は大っ嫌いだ。」とさげずまれます。

黒崎(吉田鋼太郎)から「クズは生きている資格はない」とさげずまれ、ゲームは、そんなクズたちに次々と困難を要求してきます。

困難に耐え切れずに脱落していくゲーム参加者たちでしたが、カイジや仲間たちは「クズはクズなりにやってやろうではないか」と意気込み、再びその驚異的な能力を最大限に使ってゲームに挑みます。

しかし、今回は絶望的に不利な状況、勝てる見込みがないと落胆するカイジとその仲間たち。

ゲーム主催者との頭脳戦、味方とのあつれき、今回カイジは前回と同様に勝つことができるのか、ハラハラドキドキの最終話になっています。

Sponsored Links

『カイジ ファイナルゲーム』のキャストは?

藤原竜也(カイジ役)

1997年に蜷川幸雄氏演出の舞台『身毒丸』の主役オーディションでグランプリを獲得して俳優デビュー。バービカン・センター(ロンドン)での公演で「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛されています。

さらに2000年に公開された映画『バトル・ロワイアル』において、その圧倒的な存在感と演技力でその名を世間に知らしめます。

2005年にはリンカーン・センター(ニューヨーク)において、舞台『近代能楽集〜弱法師〜』の俊徳役を演じて「NYタイムズ」で評価を受け、2007年2月から6月までは日本での仕事を一時休業してロンドンに留学。

さらに、2008年にはジョン・F・ケネディ・センター主催の『身毒丸』をワシントンD.C.公演において6年ぶりに演じて「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けます。

カイジシリーズには欠かせない俳優ですが、カイジシリーズはもとより、舞台、映画と世界中で幅広く活躍し、絶賛されている実力ともに名の知れた俳優です。

福士蒼汰(高倉浩介役)

渋谷でスカウトされてモデルデビューの後、仮面ライダーシリーズで芝居の世界へ。

第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、実力ともに今後も期待できる俳優の一人。

吉田鋼太郎(黒崎義裕役)

どの作品にもこの人の存在性は欠かせないという実力派俳優。どんな役でも見事に演じ切るので重宝されています。

聖パウロ学園高等学校在学中にシェイクスピア喜劇『十二夜』を見て役者を志し、上智大学文学部ドイツ文学科在学中に、シェイクスピア研究会公演『十二夜』で初舞台を踏みます。

劇団四季に6か月在団した後、海外古典作品に要求される演技をこなせる役者として重宝され、蜷川幸雄氏が手がけた作品の常連になります。

カイジ役の藤原竜也氏とは蜷川作品に出演が多かったということもあり、かなり親交の深い間柄の俳優。

Sponsored Links

まとめ

講談社「ヤングマガジン」掲載の、発行累計部数が驚異の2100万部という大ヒット漫画が原作の「カイジ」、本作品『カイジ ファイナルゲーム』は、その「カイジ」シリーズのオリジナルストーリーとしての最終話になっています。

「カイジ1」、「カイジ2」では勝利をおさめたカイジでしたが、本作品では圧倒的不利な状況に・・・。

どん底の負け犬生活を送っていたカイジですが、そんな負け犬であったとしても、自分次第、そして、仲間の支えによってはどんな困難にも立ち向かっていける、背中を押してくれ、勇気をくれる、そんな姿を見せてくれます。

本作品は、そんな「カイジ」シリーズの最終話ですが、きっと今回もそんな映画に仕上がっていることでしょう。

今、困難な状況にいて、どん底負け犬だと思っているそんなあなた、背中を押してもらいに観に行ってみませんか?

カイジの物語には、脱出不可能と思っている状況でも脱出できるヒントがたくさん隠されています。そんなあなたの背中を押してくれるかもしれませんよ。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)