グランメゾン東京5話ネタバレ感想!ナッツ犯人は京野or祥平のどっち?祥平がgakuに行く真意は?

日曜9時の「グランメゾン東京」は、木村拓哉さん演じる型破りなフランス料理のシェフ・尾花が自身のおごりから店と仲間を失い、そこから再び立ち上がるというヒューマンストーリーです。

4話では、祥平のホテルにいたパテシィエの萌絵がグランメゾン東京に加わりました。

そして萌絵の手伝いをしていた祥平も、グランメゾン東京にこのまま加わりそうです。

それでは、さっそく「グランメゾン東京」5話のネタバレあらすじをお送りします。

ドラマ「グランメゾン東京」5話ネタバレは?

3年前、尾花のいるレストランはミシュランから2つ星を受けました。

みんなが喜ぶなか、尾花は怒りをぶつけます。

そんな時、祥平がまかないを出します。

3年前のナッツ混入事件について、リンダが書いた記事でグランメゾン東京は予約のキャンセルが相次ぎます。

そして、尾花のもとに記者が訪れます。

フードフェスタに出転するグランメゾン東京は?

その中で、尾花は余った食材でフードフェスに出店しようといいます。

そのフードフェスタには、祥平が手伝いをし、グランメゾン東京はスリースターズという名前で出店をします。

フードフェスですスリースターズの評判は上々で、ほかのフードフェスタへも出店をします。

しかし、グランメゾン東京の予約はキャンセルが続きます。

3年前の犯人はだれ?

そんな時、丹後が祥平を店に誘います。

祥平は、フレンチからは足を洗うといい断ります。

そんな祥平に、丹後はナッツ混入事件はお前の仕業なのかといいます。

祥平は、あの事件は自分のせいだと認めます。

スリースターズとして好調なグランメゾン東京です。

しかし、江藤はスリースターズのことを犯罪者である尾花がいる店だと告発します。

フードフェスタの係員が、スリースターズへ店の出店を中止しようとしますが、尾花は反抗します。

その最中で、凜子が倒れます。

店に帰り、京野は自分がナッツを混入したと言います。

それを公にしてくれと言いますが、凜子はその嘘を見抜きます。

そんな時、尾花はまかないを作ります。

祥平にも食べて行けといいます。

それは、3年前に祥平が作ったまかないでした。

その賄を食べ、祥平は尾花にあの事件は自分のミスだと言います。

尾花は、フレンチには無限大の可能性があるといい、それが料理人の夢だといいます。

また尾花は、あの時祥平の作ったまかないに救われたといい、それは祥平の才能だといいます。

そして祥平にフレンチを辞めるなと言います。

そんな時、TOPレストラン50にgakuと共にグランメゾン東京が入りました。

次の日から、グランメゾン東京は予約でいっぱいになります。

祥平の決意は?

祥平は、ホテルを辞めます。

仕入れに行く尾花と凜子たちの前に、gakuのメンバーが現れます。

そしてその中に祥平がいました。

ドラマ「グランメゾン東京」5話の感想は?

江藤って本当に嫌な奴ですよね笑

上手くいきそうになると、絶対に邪魔しに来ます。

江藤さんが画面に出てくると、来ちゃったーと思ってしまいます。

こんな風に思わせるなんて、江藤役の手塚とおるさんってめちゃくちゃ演技が上手なんだなと改めて思います。

しかし、祥平が江藤側のお店「gaku」に行くのは意外でした。

なんだかんだいって祥平は尾花を尊敬しているような気がします。

つまりあえて敵対するお店で対決したいというような構図なのかな。

絶対に、グランメゾン東京のメンバーになると思っていたのに次回の展開がどんな風になるのか楽しみです!

まとめ/h2>

ここまで「グランメゾン東京」5話のネタバレ感想をお送りしました。

あの3年前の事件は、本当に祥平のミスだったのでしょうか?

もしかしたらまだ裏がありそうな気がします。

また次回は、アシスタント的な芹田が店を辞めると言いだします。

芹田もgakuへ行ってしまうのでしょうか?

次回「グランメゾン東京」6話は11月24日(日)夜9時からスタートです。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)