『死役所』5話ネタバレあらすじ!ハヤシが死刑囚になった理由が衝撃!シ村の冤罪の詳細も明らかに?

職員たちはみな、死刑囚で作られている「死役所」

職員たちの死に隠された事実は、切なくて、悲しくて、未練が残るものだった。

はたして職員の死に隠された真相とは?

ついに、職員たちが「死刑囚」になった理由が判明!

『死役所』5話ネタバレ!

ハヤシはミチルが成仏する直前に、「お姉さんのことも後悔してないの?殺人犯の弟を持っちゃったんだよ」

と言われたことを、気にしていた。

ミチルが成仏していなくなっても、ハヤシはその言葉が忘れられなかった。

その話をシ村に打ち明けた。

するとシ村は「振り返ることからはじめてみては?」とアドバイスをした。

ハヤシはシ村のアドバイスを受けて、事件の真相をシ村に打ち明けることにする。


ハヤシが高校2年のころ、祖父の清三から剣道を教わっていた。

祖父とは仲がいいが、父とは3年も口を聞いてないぐらい仲が悪かった。

そんな時、祖父に病気が見つかり、亡くなってしまう。

仲が悪かった父が、葬式後に明かしたのは、ハヤシの秘密だった。



それは、祖父だと思っていた清三は、実はハヤシの父だったのだ。

亡くなった母と祖父が不倫して出来たのが、ハヤシで、父だと思っていたのは兄だった。

ハヤシが中学の頃、母が残した手紙が見つかり、真相を知った父はハヤシに冷たくなったのだ。

その真相を知ったハヤシが、打ちひしがれるが、姉だけは、ハヤシの味方でいると誓ってくれた。



それでも人前では明るくふるまっていたハヤシは、付きあっていたマリアのことを大事に思っていた。

だが、ハヤシが人気だったことから、マリアはいじめられるようになる。

そして、マリアのことをいじめていた女子生徒を、ハヤシは窓から突き落として怪我をさせてしまう。

学校をやめて働きだそうとするハヤシに、姉は「祖父が貯めていた」といって、大金が入った通帳を手渡す。

その後、ハヤシはマリアと結婚。

もちろん出生の秘密も、マリアに伝えた。

子供も生まれて、うまくいったかのように思えた。



しかし、ある日、ハヤシが帰宅すると、マリアの上司が家にいた。

そして「マリアさんは苦しんでいるから、別れてあげてください。

あやみちゃん(娘)は僕と、マリアさんの子供です。」と言ったのだ。

ハヤシの出生の秘密を知ったマリアは、ハヤシのことを気持ち悪く感じていたのだった。

ハヤシは持っていた木刀で、男性を何度も何度も殴った。

そして、マリアと、子どもも。


殺人を終えたハヤシは、姉からかかってきた電話に出た。

そして「俺は気持ち悪いかな?」と尋ねたのだった。

すると姉は「何があっても、あなたは私の弟だよ」と答えた。

泣きながら姉の話を聞くハヤシの後ろには、撲殺した3人の遺体が転がっていた。



そこまで話すと、ハヤシはシ村に、姉への感謝を話した。

シ村はそこまで聞くと、

「ハヤシさんが殺した3人は、同時に死役所に訪れていたはずです。

彼らは、どんな気持ちで他殺による死亡申請書を書き、どんな顔で成仏していったのでしょうね。」

と告げた。

今は考えられない、と言ったハヤシに「今はそれでいいと思います」とシ村は言った。


Sponsored Links

まとめ

今回のハヤシさんの回は、めちゃくちゃ切なかったですね…。

このドラマを見ると、人の「死」に隠された真実って、多角的に見ないといけないな、という気になります。

そしてお姉さんが亡くなる時まで、ハヤシは職員として働いて再会してほしいな~

お姉さんの気持ちを聞いて、ようやくハヤシは反省して成仏できる気がします。

まだシ村さんの冤罪に隠された秘密は明かされませんが、ここにもきっと悲しい事実があるんでしょう。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)