竜の道|4話ネタバレとあらすじ!美佐を襲ったのはまゆみ?両親の死とキリシマ急便の関係を知る!

竜二の後をつけたまゆみが出会ったのは、妹の美佐。

美佐の鞄についていた両親からの形見のきりんのキーホルダーは、何とキリシマ急便の昔のグッズだった。

それに気がついたまゆみはつっこむと、竜一の顔が引きつった…

そんな終わり方をした第3話!

果たして、まゆみはキリシマ急便と竜二の関係に気がつくのだろうか?

Sponsored Links

「竜の道」4話あらすじとネタバレ!

業務拡大をしていく霧島のやり方に、不満が募る長男・晃。

キリシマ急便をつぶすため、晃にクーデターを起こすよう、竜一は進める。

その日は霧島が大手の通信販売会社と商談を行っており、その結果、無理な契約を進めようとしていた。

半年間の仮契約の条件は、かなり無理があるコストになっており、役員たちからは不安の声が漏れるが、霧島が一喝して、意見が通ってしまう。

晃はその会議を受けて、さらにクーデターを起こす決意を高める。


そのころ、竜一のもとには以前、取材にきていて勝手に竜一の写真を撮ったライター・沖が来社する。

沖は竜一が斎藤を名乗っていた時、仲間だった男から、ある噂を聞いていた。

それを受けて、会社の特集記事を書く、と言ってきたのだ。

だが楽しそうに話す沖を見て、竜一はどこか信じられないような顔をして、沖の顔をじっと見た。


ある日、まゆみはホームパーティーに竜二と美佐を誘う。

美佐が話の流れで、義理の兄弟であることを明かすと、まゆみの顔は一瞬引きつる。

その後、パーティー中に楽しそうに話す2人を見て、まゆみは不機嫌な顔を見せる。

そして美佐は、きりんのキーホルダーから、キリシマ急便と実家の関わりが気になり、調べだす。

だが数日後、美佐が生徒たちと校外学習をしていると、ホストらしき男が2人近づいてくる。

そして

「昨日は来てくれてありがとう。

知ってる?君たちの先生、酔うとすごいんだよ~」

と生徒たちに言い放つ。

他の教師たちがとめにはいると、彼らは去っていったが、美佐はホストクラブにいった覚えもない。

だが、彼らは美佐の名前もしっていた。

その後も退勤した美佐を待ち伏せしたり、美佐に付きまとう。

果たして、彼らはいったい誰の差し金で、美佐に近づいたのだろう。



Sponsored Links

美佐を襲った犯人は?

美佐は彼らのお店を突き止めると、だれが仕組んだのか調べるためにお店に向かう。

するとお店からまゆみが出てきて対面する。

そしてまゆみと目が合うと、美佐は近づいて、「2人で話せませんか」と誘った。

まゆみはそれに応じると、

「あなたの兄はキリシマ急便の金に目がくらんでいる。

今のところ1番マシだから付き合っている」

と不機嫌そうな顔で言う。

美佐は

「何で兄があなたと付き合っているのか、わかりません」

と言って、その場を離れた。

美佐は育ててくれた叔母に会いに行くと、

「両親とキリシマ急便は関係があったのか?」

と問いました。

すると叔母は、血相を変えて、

「あんた、何も知らないの?」

と美佐に迫ったのです。




美佐は叔母から話を聞いたあと、すぐに竜一に会いに行った。

「両親を殺した原因の会社と、兄が関係を持ち、そこの娘と付き合っているみたいなんです。

何か知りませんか?兄が危険なことをしていないといいんですが。」

と竜一に打ち明ける美佐。

両親の死の真実について、美佐が知ってしまったことに、驚愕する竜一だったが、

「親のことは子供には関係はないですよ」

と声をかけた。

そして帰り際に

「あなたはもうまゆみさんと関わりを持たないほうがいい」

と忠告した。

だが、会社を出る美佐が、周りを確認し怯えた態度だったことに、竜一は違和感を感じる。



そして再び、美佐が退勤するときに、あのホスト2人が待ち伏せしていた。

美佐に声をかけて付きまとう2人。

走って逃げた美佐が公園に隠れると、2人の背後から近づいた竜一が脅す。

その日、竜二と会った竜一は、

「美佐を妹以上に想ってるんだろ?」

と竜二を問い詰める。

竜二は「そんなことない」というが、竜二が美佐を想う気持ちは、竜一にも伝わっていた。

まゆみが男を雇い、美佐を脅していたことを知った竜二は、何度もまゆみに電話をかけるが電話に出ない。

そのころまゆみは、竜二からの不在着信が並んだ携帯を眺めると、バーに向かう。

そこで屈強そうな男4人組の前に、札束を放り投げると、ニヤッと笑った。



Sponsored Links

助けてくれたのはあの人?

あれから美佐を尾行していた竜一は、その夜呼び出された美佐が、黒いワゴン車に連れ去られるのを目撃する。

連れ去られた倉庫には、まゆみがいた。

まゆみが

「誰からも愛されて育ってきたみたいな顔して」

と美佐に言うと、美佐は強い目をして

「誰からも愛されなかったということですか?」

と聞き返す。

それを合図に、まゆみが男たちに指示をすると、男たちは美佐を襲いだす。

「脅すだけでいい」と言っていたまゆみだったが、男たちが美佐に暴力をしようとするので、まゆみが止める。

だがそこにいた男たちが、まゆみにも手を出そうとする。

抵抗するまゆみだったが、男たちの力によって負けてしまいそうになると、入口からスーツの男が3人入ってきた。

彼らは、男たちを止めに入ると、美佐はまゆみの手を握って外に飛びだす。

外に出るとまゆみは美佐の手を振りほどいて歩いていくが、美佐はまゆみを追いかけようとする。

だが、そこに現れたのは竜一だった。

「和田さん、何でここに?」

と伝えると、和田は美佐をタクシーに押し込む。

スーツの男たちは、竜一がかつて関わりのあった、曽根村会長に頼んで、男たちを送り込んでいたのだ。


後日、取材を受けていたまゆみのもとに、竜二が現れた。

取材が終わり2人になると、無理やりまゆみを抱きしめた竜二。

「本当はキリシマ急便の金が目当てで近づいた。

でもあなたを見ていると苦しくなった。

もう僕の前で無理はしなくてもいい。

愛されないのはあなたのせいじゃない。」

と言って。

まゆみはそれを聞いて、

「愛なんていらない。」

と言うが、竜二の手を無理やりほどこうとはしなかった。



そして、竜一のもとにある人物が現れた。

それは、父のやりかたに納得がいっていない晃。

クーデターをする決意を固めて、竜一に会いに来たのだ。



Sponsored Links

まとめ

ついに美佐が両親の死が、キリシマ急便と関係があることを知ってしまいました!

美佐が霧島に直接両親のことを聞いてしまえば、怪しまれてしまいます。

そうなる前にも早く美佐を落ち着かせる必要がありますが、竜二とまゆみの関係が続いている以上、そのもやもやをなくすことはできないでしょう。

竜二は復讐のためにまゆみに近づいていますが、まだまゆみは落ちなさそうですね…。

ただ、どこまでもお人よしで優しい竜二と美佐という兄弟に、だんだんと心を許してくるようになるのかもしれません。

そして次回はきっと、晃のクーデターが!

霧島のやり方に納得のいかない晃が、どう竜一と動くのか、楽しみですね!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)