アンサングシンデレラ|10話ネタバレと11話あらすじ!瀬野は死んで葵は責任を取ったの?

瀬野が余命3か月となり、みどりが担当の薬剤師になることが決まった9話!

育児ノイローゼによるオーバードーズや、命と向き合う瀬野と出会い、みどりはさらに成長していく…!

残り数話となったアンサングシンデレラは、いったいどんな結末を迎えるのでしょうか?

そして瀬野の治験はどうなる?

Sponsored Links

「アンサングシンデレラ」10話ネタバレあらすじ!

瀬野の担当薬剤師になったみどりは、瀬野にどうにか合う治療法がないか、手探りながらも調べる。

特に、瀬野の重複がんは治療法が決まっていない副腎がんがポイントだった。

もとからある薬を投与するも、効果は得られなかった。



するとそこへ、七尾がやってきて、治験薬のなかに有効性が認められる薬がある、とみどりに教えた。

だが、治験薬を使用するには、いくつか問題があった。

製薬会社がOKしたとしても、担当医の承認を得る事、治験審査委員会で承認を得る事、瀬野が合意することが、条件だった。

七尾はそのすべての責任を、みどりが負うのなら、治験薬を試してみることが出来る、といったのだ。

みどりはそのことについて、薬剤室の仲間に話すが、みな難色を示した。

だがみどりは治験についてあきらめたくなかった。

そんなみどりの表情を見て、刈谷は

「ほかの患者に迷惑をかけない」

といつも通り厳しくいった。



瀬野がある日、病室をあるいていると、救急に運ばれていく男性がいた。

その男性の後ろに、妻とも思われる女性もついていた。

瀬野は女性に声をかけ、普段から飲んでいる薬を医師に伝えたほうがいい、といった。

その男性は、病状が安定したが、瀬野の隣のベッドに入院することになった。

心筋梗塞で入院したその男性・丸岡は、親しげに瀬野に声をかけてくる。



入院患者の薬を見にきたみどりは、丸岡に怒られる。

「これから毎月、薬を飲むなんて考えられない。

出ていってくれ」

と怒られてしまう。

みどりとくるみが出て行くと、瀬野は丸岡に声をかけ、自分もこの病院の薬剤師だと明かした。

丸岡の妻のおなかには赤ちゃんがいるが、丸岡は漫画家をしており、子供のためにも、退院したらしっかり働こう、と計画をたてていた。

毎日を共にするうちに、さらに親しげに話しかけてくる丸岡。



みどりは瀬野に、治験薬の話をした。

しかし治験薬の話を出した途端、瀬野は「断る」と言って、渋い顔をする。

すると後ろから、七尾が近づいてきて、こういった。

「瀬野副部長は、お母さんのことで今でも僕を恨んでいる。」

瀬野の母も同じ病気で、10年前に七尾が示した治験薬を試したが、亡くなってしまったのだ。

その話をして、病室に戻ろうとしていた瀬野に追いついたみどりだったが、瀬野は苦しそうに倒れこんでしまう。

そして副作用が出てきた瀬野を見て、主治医も「別の選択肢・緩和ケアを用意してあげるのも、僕たちの役目だ」と言ったのだった。



Sponsored Links

薬剤部一丸で

瀬野のことを受けて、落ち込んでいるみどりにくるみが声をかけた。

「そういう時のために、私たちがいるんじゃないんですか。」

すると刈谷もみどりに近づいてくる。

「まだこの治験を行うつもり?」

と声をかけてきた。

次々とスタッフが現れて、

刈谷が治験審査委員会の資料を作ると言い出す。

そして、くるみは丸岡の治療を、羽倉や工藤は、みどりのぶんまで調剤をする、と言ったのだ。

次々とみどりに手を貸してくれるスタッフたちを見て、みどりは泣きながら「ありがとうございます」と彼らに言うと、笑った。



くるみは薬の費用を気にしていた丸岡に、ジェネリックを提案し、費用を抑えた。

「何とか少なくしようとしても、1日97円しか減りませんでした。

でも色んなことをあきらめてほしくない、と思いました。」

それを聞いて、丸岡は

「97円はでかいよ…。

仕事仲間が病気で大変な時に。ごめんね」

と謝った。

カーテン越しにちらっと瀬野を見ながら、言った。

それを聞いて、くるみはみどりの言葉を借りて、

「丸岡さん、仕事に大きいも小さいもありませんよ。」

と笑いかけた。

それを聞いて、丸岡はほっとした顔をしたのだった。




瀬野の病室に、小野塚がやってきた。

「販田さんの許可を得て、ここで働くことになりました。

瀬野さんの下で。」

それを聞いて瀬野は

「覚悟しとけよ」

と言って笑った。



そして治験審査委員会が行われた。

被験者が薬剤部の人間であることを知った人たちが、「身内だからじゃないか」と言い始める。

すると七尾が立ち上がる。

「みなさん勘違いをしてみえます。

治験というものは、1人の患者のために行われるのではありません。

全ての人々のための安心のために行われるのです。

その病気に苦しんでいる人がいるんです。

治験薬を使っても、助からなかった人たちもいました。

ですが、そういう人たちの無念を糧に、治験が繰り返され、新しい薬が生み出されてきました。

みなさんの日常を守るために。

だから、今回の治験は必要だと思います!」

七尾がそう力説すると、審査員たちは納得したような表情を見せた。



審査委員会が終わると、販田は七尾に

「あなたが1番、助けたかったんでしょ、瀬野くんのお母さんを。

だから、今度は瀬野くんを。」

それを聞くと、七尾はちょっと嬉しそうに笑ったのだ。


Sponsored Links

「治験をお願いします」

そしてみんなで瀬野の病室を訪れた。

「準備はできた。

治験を選択することも、緩和ケアをすることも、瀬野くんの自由だ。」

そこまで言うと、くるみが言った。

「瀬野さん、戻ってきてください。」

そして瀬野は薬剤部のみんなをじっと見つめると、主治医に

「治験をお願いします」

と言ったのだった。

それを聞いて、みどりは嬉しそうな顔をした。



そして治験が病院に届く。

だが、その朝、瀬野が病室にいない。

瀬野は母のお墓の前にきていた。

瀬野がお参りをしていると、みどりが現れる。

みどりの姿を見た瀬野は

「治験をやらない」

と言ったのだ。



瀬野の母・さおりは、白血病で亡くなったみどりの妹の担当薬剤師だったのだ。

「私はさおりさんの前でだけ、悲しいことを打ち明けれたんです。

薬学部に入ったときに、販田部長に連絡をもらって、さおりさんが入院をしていることを知りました。

私はその時、さおりさんのような薬剤師になりたい、と約束したんです。

さおりさんのような薬剤師には、まだなれてないけど、瀬野さんに教えられて、少しは近づけているのかもしれません。

瀬野さん、本当の気持ちを教えてくれませんか。」

そうみどりが言うと、瀬野は泣いた。

「単純につらいんだ。

色んな人の抗がん剤に関わってきたけど、先の見えない治療がこんなにもつらいなんて。

もう生きてることがつらい。

希望がない。

こんな思いする必要あんのかな、って頭がおかしくなりそうになるんだよ。

治験なんかやったら、今まで以上の苦痛が待ってるかもしれない。

俺の母親は、治験薬を使っても何も改善しなかった。

最後は涙目で緩和ケアを求めてきた。

考えるだけで恐ろしくなる、怖いんだよ。」

と明かした瀬野の言葉を、みどりはずっと横で聞いていた。



瀬野が話し終えると、みどりは

「話してくれて、ありがとうございます。

私たちはここからです。

瀬野さんの本当の気持ちを知ることが出来ました。

これからようやく、一緒に病気と闘えます。

辛かったり、怖かったら、今みたいに言ってください。

ひとりで抱え込まないで。

医師や看護師・薬剤師ですべて受け止めますから。

治験を選んでも、緩和ケアを選んでも、全力でサポートさせていただきます。

だからもっと私たちを頼ってください。」

そういった、みどりの顔を、瀬野はじっと見つめた。



薬剤部に戻ってきたみどりの後ろには、瀬野がいた。

瀬野を笑わせようとするスタッフを見て、

「ご迷惑をおかけしました、治験を受けます。

皆さんにすべて任せます。

よろしくお願いします。」

と頭を下げた。

そんな瀬野を見て、みんな満足そうに笑った。

そしてその日から、治験が始まった。

投与されて、主治医が「大丈夫?」と聞くと、瀬野は笑った。

「安心です。」

そういって、目線が治験薬を見る。

治験薬に1つだけついている担当薬剤師の欄には、みどりの印鑑が押してあった。

そしてその欄の横には、他の薬剤師たち全員の印鑑が押してあった。



2年後、心春がついに薬剤師として、病院に戻ってきた。

くるみが心春の教育係になる。

心春は嬉しそうに

「葵さんと瀬野さんは?」

と聞くが、刈谷は

「いない、ここはバラバラになったの。」

と冷たそうに言ったのだ。

瀬野は死んで葵は責任を取ったの?

ハッピーエンドで最終回を迎えるか~?と思ったら、まだ落ち着かせてくれませんでした。

次回予告を見る限り、みどりは産婦人科医院で薬剤師として働いていましたね。

なぜ急に医院に行ったのか、と考えると、瀬野の治験で責任をとらされるような事態があったのかもしれません。

次回予告では、瀬野の姿が映らなかったことを見ると、死んでしまったのでは?ということも十分考えられます。

でもそれだったら、刈谷は

「ばらばらになったの」

とあんな冷たい表情で言うのでしょうか?

治験は成功したけれど、みどりのほうが総合病院の薬剤師を自分からやめた、ということも考えられます。

チームだと思っていたのに、裏切られたように感じた薬剤部のメンバーだとしたら、あの表情も理解できます。

次はお楽しみの最終回!

Sponsored Links

まとめ

ついにアンサング・シンデレラも次回で最終回となります!

余命3か月と言われた瀬野は、果たして生きているのでしょうか?

田中圭さんファンとしては、それが気になるところですね!

今回は瀬野の話がメインで、隣の丸岡さんが少ししか出てきませんでした。

果たして最終回はどんな病気を抱えた患者さんが、出てくるのでしょうか?

そしてみどりや薬剤部のみんなは?

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)