同期のサクラ7話ネタバレ感想!同期みんなで美咲島に上陸!じっちゃんが亡くなり悲しみくれるサクラ!

日本テレビ系列で放送中の水曜日夜10時放送の「同期のサクラ」の7話は、社会人7年目になったサクラとその同期の姿を描きます。

6話では、サクラの先輩すみれが主人公のお話でした。

すみれのカッコ良さが話題になった6話でしたね!

7話では、サクラの故郷の島が登場します。

それでは、さっそく「同期のサクラ」7話のネタバレ感想をお送りいたします。


Sponsored Links


「同期のサクラ」7話ネタバレ

2019年、黒川はサクラの病室にいました。

そして「こんなことになったのは俺のせいかと」と言います。

2015年社会人7年目のサクラはいまだ子会社にいました。

サクラは故郷の島に架かる橋の着工を楽しみにしています。

しかしお前の夢は叶わないというおかしな夢を見ます。

サクラがモデルハウスで新築の家の販売会をしていた時に、昔の上司・黒川から呼び出されます。

故郷の島の橋に問題が起きたということでした。

そこには、人事部長から常務に昇格した黒川がいました。

島の基盤が弱くそのことについて、島民が安全性について不安になっているということでした。

その不安を取り除くべく、サクラに現地の説明会で島民を説得してほしいと言うことでした。

蓮太郎の付き合っている相手は?

同期のメンバーでいつものお店で集まっています。

蓮太郎が1級建築士に合格したことと、いま付き合っている相手がいることを報告します。

そしてその相手をこのお店によんでいるということでした。

蓮太郎の付き合っている相手は、すみれでした!

同期のメンバーが驚く中で、サクラはよかったといいます。

美咲島に行く同期のメンバーとサクラは?

サクラと同期の4人は、美咲島に行きます。

島民にじいちゃんの具合が悪いと聞いたサクラは、すぐに家に行き病院に行くことを勧めます。

じいちゃんは聞こえないふりをします。

その夜、サクラの実家でみんなで楽しい時間を過ごします。

そして、サクラとの想いでを語ります。

そんな姿をじいちゃんはうれしそうに見ています。

サクラが席を外した時に、じいちゃんは同期のメンバーに自分の命が長くないことを告げます。

そしてサクラを頼むとお願いします。

住民説明会でサクラは?

翌日、住民説明会に向かうサクラに葵が話があるといいます。

葵は、橋のセメントの量が仕様書と違い耐久性が弱いものだといいます。

おそらく、桑原が費用を抑えるためにやったことだと言います。

どうするんだと同期のメンバーに言われるサクラは、じいちゃんのところへ向かいます。

サクラは、じいちゃんになぜ説明会にこないのか?と聞きます。

そして長生きしてと言います。

じいちゃんは、聞き流します。

そしてサクラは説明会に行きます。

同期のメンバーはとすみれは、サクラが出した答えを受け入れるといいます。

サクラは、説明会で自分の花村建設の想い出を語ります。

そして、島民の前で安全ではない橋を架けることはできないといいます。

桑原は、サクラに自分がなにをしたのかと責めます。

しかし、同期のメンバーはサクラをかばいます。

家に戻ったサクラは、じいちゃんが倒れている姿を見つけます。

じいちゃんが亡くなり、サクラは家のじいちゃんの家の整理をします。

東京の家に帰ったサクラは、じいちゃんのFAXを見つけます。

そこには、じいちゃんのサクラに対する最後のメッセージがありました。

それを読んだサクラは、じいちゃんにFAXを送ります。

しかし、返事が来ないことにサクラは悲しみ暴れます。

2019年サクラの病室にいる黒川の手には、サクラの解雇通知がありました。

Sponsored Links

「同期のサクラ」7話の感想は?

まさかでしたが、サクラのじいちゃんが死んでしまいました。

最後のじいちゃんからのメッセージには涙でした。

しかし、サクラはやはりクビになってしまうのでしょうか?

次回は、ついにサクラが病室にいる理由が描かれるのでしょうか?

楽しみですが、悲しい展開ではないことを願います。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「同期のサクラ」7話のネタバレ感想をお送りしました。

次回ついにサクラが倒れた原因が明かされるのでしょうか?

そんな「同期のサクラ」8話は1回お休みで12月4日(水)夜10時からスタートです。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)