MOTHER|ネタバレやあらすじ!長澤まさみの息子役周平に期待!

今回ご紹介するのは2020年初夏に全国で公開予定とされている映画『MOTHER』です。

映画『MOTHER』は、映画『さよなら渓谷』、『光』、『日日是好日』などの話題作を次々と手掛ける大森立嗣さんが監督を務めており、映画『新聞記者』、『宮本から君へ』などの制作に関わるスターサンズが製作担当となっている超期待作です。

今回はそんな映画『MOTHER』について、あらすじ・ネタバレ、キャスト、長澤まさみの息子役の周平という話題をピックアップして紹介していきたいと思います!


Sponsored Links


映画『MOTHER』あらすじは?ネタバレも

ここでは映画『MOTHER』のあらすじとネタバレについて紹介していきます。

主人公の秋子はゆきずりの男たちと関係を持ち、その場しのぎで生きている自堕落で奔放な女でした。

しかし、彼女の唯一の息子である周平は、そんな母親でも頼るしか生きていく道がありませんでした。

そんな底辺の生活をしている二人だったが、そのまま成長した17歳の周平は祖父母を惨殺するという凄惨な事件を起こしてしまいます。

彼が狂った原因は…。

というのがあらすじです。

映画『MOTHER』超特報

ここからがネタバレですが…、今作には原作はありません。

大森監督が実際に起きた事件である祖父母殺害事件に着想を得て物語を創出したものだと言います。

ということで、結末は何も予想がつかないのですが、実際の事件を元にしているとのことで、その事件について紹介していきたいと思います。

事件の概要ですが、恐らく実際に2014年に起こった事件で17歳の少年が実の祖父母を殺害したうえにキャッシュカードなどを奪うという事件だったようです。

少年は実母と義父から虐待を受けており、働かない母親の代わりに働く、祖父母を含む親戚に借金をするなどして生活費を工面してきたそうです。

しかし、母親は働かないにも関わらずその生活費をラブホテル代やゲーム代として使ってしまいます。

働くにも借金をするにも限界を感じてきた二人でしたが、母親は少年に祖父母を殺してでもお金を持ってくるように指示したと言います。

これが、事件が起こった直接的な原因と言われていますが、少年は自分が悪いと供述しており、かつ証拠も不十分であったため、少年のみ殺人で逮捕されました。

というのが事件の全容だったようです。

あらすじと照らし合わせただけでも、事件と似ている部分が多々見受けられます。

結末をどうまとめるのかはわかりませんが、この事件をベースとして物語は進むのではないでしょうか。

詳しいあらすじは公開日が近くなったらサイトにて公開されると思われるので、楽しみに待ちましょう!

映画『MOTHER』公式サイト

https://mother2020.jp/

Sponsored Links

映画『MOTHER』キャストは?

ここでは、映画『MOTHER』のキャストについて紹介していきます。

長澤まさみさん/秋子役

自堕落で奔放な母親の秋子を演じるのは長澤まさみさんです。

2000年、東宝シンデレラオーディションに応募しグランプリに選ばれたことをきっかけに芸能界入りしました。

同年、映画『クロスファイア』で映画デビュー、女優デビューを果たします。

その後、雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなり、仕事の幅を広げます。

2003年、映画『ロボコン』にて映画初主演を果たし、アカデミー賞新人俳優賞をを受賞しました。

2004年、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』にてヒロインを演じ、アカデミー賞最優秀助演女優賞などの数々の賞を受賞し、立て続けに映画『タッチ』、『ラフ ROUGH』などの話題作で主演を飾りました。

2006年、ドラマ『セーラー服と機関銃』にて、連続ドラマ初主演を果たします。

他にも代表作として、ドラマ『プロポーズ大作戦』、『ラスト・フレンズ』、『都市伝説の女』、『コンフィデンスマンJP』、映画『涙そうそう』『海街diary』、『マスカレード・ホテル』、『キングダム』など様々な種類の作品で主演・メインキャストを務め、役の幅を常に広げています。

今となっては、国民的美人女優となっている長澤まさみさん、今回のような役は新境地だと思われるので期待が膨らみますね。

阿部サダヲさん/遼役

秋子の内縁の夫であるホストの遼を演じるのは阿部サダヲさんです。

1992年、舞台『冬の皮』で俳優としてデビューを果たします。

同年、ドラマ『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』にてドラマ・テレビデビューを果たします。

1994年、映画『愛の新世界』にて映画初出演を果たします。

1995年、グループ魂というバンドを組み、紅白歌合戦にも出場するなど、活動の幅を広げました。

その後、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出演したことで、テレビドラマ・映画などで頻繁に活躍するようになります。

2007年、映画『舞妓Haaaan!!!』にて映画初主演を果たし、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を獲得します。

2010年にドラマ『離婚同居』にて連続ドラマ初主演を果たしました。

2017年には映画『彼女がその名を知らない鳥たち』での演技が認められ、ブルーリボン賞の主演男優賞を受賞しました。

他にもドラマ『アンフェア』、『マルモのおきて』、『下剋上受験』、『いだてん』、映画『なくもんか』、『夢売るふたり』、『奇跡のリンゴ』、『謝罪の王様』などの話題作に主演やメインキャストで出演しており、テレビや映画で見ない日はないほどの実力派俳優さんです。

郡司翔さん/周平役

秋子の唯一の息子・周平を演じるのは郡司翔さんです。

郡司翔さんについては後項にて詳しく紹介していきたいと思います。

今発表されているキャストは以上です。

これからどんなキャストが起用されていくのか、このキャストによってどのように物語が展開されていくのか、楽しみでたまりませんね。

Sponsored Links

映画『MOTHER』長澤まさみの息子役周平に期待?

ここでは映画『MOTHER』で長澤まさみさん演じる秋子の息子・周平を演じる郡司翔さんに期待の目が向けられているということで、詳しく紹介していきたいと思います。

郡司翔さんは、2010年11月1日生まれの9歳で、所属事務所はクラージュキッズです。

郡司翔さん公式サイト

https://www.courage-agency.com/kids/members/single.php?bg=boys&id=428

俳優として活動してはいますが、映画に出演するのは今作で初めてのようです。

今までの経歴としては、ドラマ『特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイルスペシャル』、『ベビーシッター・ギン!』、『ミラー・ツインズ』、テレビ番組『行列のできる法律相談所』、『中居正広の金曜日のスマイルたち』などの再現VTR、キリンレモンのCMなど、様々なお仕事をしているようです。

しかし、どの作品を見てもメインキャストとして名前が出ているような役柄ではないようで、名前の記載はありませんでした。

つまり、メインキャストとしての作品の出演は今回が初めてということだと考えられます。

神木隆之介さん、須賀健太さんなど子役から活動しており、実力をメキメキと伸ばしたことで国民的俳優になっている方がおられることもあり、どのような成長が見られるか、楽しみですね

どのような演技を見せてくれるのでしょうか、期待が膨らみますね!

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画『MOTHER』について、あらすじ・ネタバレ、キャスト、長澤まさみの息子役・周平に期待というテーマでご紹介してきました。

少しは、皆さんの参考になっていれば幸いです。

今作の公開日はまだ決まっておらず、2020年初夏の予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)