バチェラー3濱崎麻莉亜の1-6話ネタバレと感想!なぜ脱落or残留するのか理由も考察!

アマゾンプライム限定で公開されている、「バチェラー・ジャパン」

大人気のシリーズとなっており、今回でシリーズ3作目となっています!

1人の高スペックの男性を狙って、婚活バトルを繰り広げる様子に、放送が待ちきれないという声も!

蹴落としあったり、駆け引きをしたり、女の戦いから、バチェラーはひとりの妻を選ぶことができるのか?

今回は、バチェラージャパン3で、1番年下だけどしっかりした考えをお持ちの「濱崎麻莉亜さん」をピックアップします


Sponsored Links


バチェラー3での1話から最新話までの状況を整理

1話

白のドレスで現れた濱崎さんは、得意のアイシングクッキーをプレゼント。

甘いもの好きのバチェラーは嬉しそうに、頬張った。

カクテルパーティーではほかの女性たちに圧倒されて、全然自分から話せません。

しかし終盤になると、自分から声をかけます。

ですが他の女性と話をしていたバチェラーは、戻ってくると濱崎さんに声をかけず、岩間さんの名を呼びました。

そして、結局最後までパーティーで話をすることはできませんでした。

しかしローズセレモニーでは、バチェラーから名前を呼ばれ、ローズを受け取りました。

この時点で、話は出来なかったが、もっとゆっくり話をしたい、という相手だったからこそ、このタイミングで話が出来なかったのではないだろうか。

2話

今回はデートに誘われなかったので、カクテルパーティーに賭けることに。

するとパーティーが始まってすぐ、バチェラーが濱崎さんの隣に座ってくれました。

全員の前だと、緊張してなかなか話すことができない様子をくみ取ったバチェラーが、2人きりになれる場所へ誘います。

2人きりになると、アイシングクッキーのお礼を、バチェラーは伝えます。

甘いものが好き、という共通点で盛り上がっている濱崎さんの笑顔を、バチェラーは楽しそうに見ていました。

そんな濱崎さんの姿が印象的だったのか、バチェラーはローズを手渡した。

3話

舞台のグアムで、最初のグループデートに誘われる。

楽しそうに泳ぐ濱崎さんの姿を見て、バチェラーは「かわいいな」という印象をうけた、と明かす。

今回じっくり話す時間はなかったものの、かわいらしい一面をのぞかせながら、甘いものが好き、という共通点のある濱崎さんに、バチェラーはローズを手渡す。

4話

今回は、最初にグループデート・2on1デート・2ショットデートが行われる、と発表される。

そして、濱崎さんはグループデートに誘われなかった。

みんながグループデートをしているとき、留守番をしていた3人にデートの誘いがくる。

それは今夜、「夜の水族館で、2人だけの時間を」という誘いだった。

それに選ばれたのは濱崎さんだったが、決定した瞬間、残りの中川さんと金子さんが2on1デート、というのが確定する。

そのため、雰囲気が重くどんよりしたものだったので、全力で喜ぶことはできなかった。

そして、バチェラーとの2ショットデートでは、水族館を散策。

大きな水槽の前で、食事をしていると、濱崎さんは「2ショットデートはサプライズだったので、私からも…」と言って、バチェラーに目をつぶって手を出すように促す。

バチェラーが目をあけると、バチェラーと濱崎さんの指には指輪がついていた。

「結婚指輪に見立てて、お揃いで作ってみました」

と言って、針金で作った指輪を手渡したのだった。

濱崎さんのサプライズに驚いたバチェラーだったが、その後サプライズローズを渡す。

濱崎さんへの思いの強さに、お返しできるものが、ローズだけだった、といって、ぎゅっと濱崎さんを抱きしめるバチェラーは、満足そうな顔をしていた。

5話

今回は、最初のグループデートに誘われず、お留守番組に。

帰ってきた水田さんを見ると、かなりピリピリした雰囲気に。

そしてカクテルパーティーでは、1番最初にバチェラーから誘われる。

バチェラーはずっと10歳差の年齢について考えていたので、どう思うか伺う。

すると、「デートをしていてもバチェラーの子供っぽいところを見てきて、一緒に子供を育てると無邪気でまっすぐな子が育ちそう。だから、そのままでいていいと思う。お互い問題が起きたときに、相談しあって歩みよればいいと思う」と濱崎さんは話す。

それを聞いたバチェラーは年齢差を埋めるような、濱崎さんの考え方に安心した様子だった。

その考えを聞けたこともあり、濱崎さんは、ローズをバチェラーから受け取りました。

6話

最初のグループデートに誘われた濱崎さん。

しかしバチェラーと2人きりで話すことはできず、岩間さんと話す姿や、中川さんと去っていく姿を、うらやましそうな顔で観ていました。

その後、カクテルパーティーまで話す機会はありません。

2人きりになると濱崎さんは、両親が幼い頃に離婚していたので父を求めるように、年上の男性を好きになる、と明かします。

その後のローズセレモニーでは、バチェラーは濱崎さんにローズを手渡しませんでした。

インタビューでは「話すタイミングが遅すぎた」とは言っていましたが、それだけが理由ではないような気がします。

今回、同じようにバツイチ・子持ちを明かした田尻さんと、何が違うのか、と困惑した視聴者の声が聞こえてきました。

田尻さんは今回、初めて2ショットとなり、プライベートなことなので、ほかの女性陣たちの前で話すこともできないような内容でした。

しかし濱崎さんは水族館のデートも行われており、十分話す機会はあったのです。

事の大きさで言えば、結婚・離婚・出産を経験した田尻さんは当事者ですが、濱崎さんはご両親の離婚、ということなので、当事者か、といわれるとそうではありません。

また、昨今離婚する夫婦も増えてきていますし、バチェラーの性格上そういった女性たちを嫌ったり、世間体を気にするということはなかったでしょう。

(もしそうだったとしたら、元ホステスの水田さんは落とされている可能性は高い)

「別に話すことではない」と濱崎さんが思ったのかもしれませんが、気にしていなかったのなら、もっと早くに話すことができたのではないか、というバチェラーの気持ちもあったと思います。

また、「父親がいないから、年上の男性を求めてしまう」と聞いたからでしょう。

めちゃくちゃエディプス・コンプレックスやん!(心理学科卒業)

ただ男性として魅力的である、という点を求めていたバチェラーにとって、父親のようなたくましさなどを求められるのは違う、と感じたのではないでしょうか。

推しまりあちゃんがいなくなってしまい、「純真無垢のバチェラーに舞い降りし純白の天使」がいなくなってしまったのを、嘆かざるを得ない…

Sponsored Links

濱崎 麻莉亜さんのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

レトロな雰囲気の店内🦄🌈✨

濱崎 麻莉亜 Maria Hamasakiさん(@marichan_days)がシェアした投稿 –

名前濱崎 麻莉亜
出身埼玉県
生年月日1996年12月22日
職業IT企業勤務

バチェラーへの自己紹介の際は、「IT企業勤務」と言っていましたが、インスタグラムを見てみると、現在は韓国のコスメを宅配するサービスを行っているそうです。

それを説明するのがややこしいので「IT企業勤務」にしていたのかまでは分りませんが、ご自身で運営をされていることを考えると、ビジネスの話をできる、バチェラーと話が合いそう。

あとは、インタビュー動画で、学校まではわかりませんでしたが、女子校育ちということも明かしています。

色白で純粋無垢な感じ、男性が好きそうなタイプですよね~

そしてしっかりした意見も持っていて、計画性もあるタイプですね!

可愛く見えて、しっかりと押さえどころを決める、知性のある女性っぽい。

Sponsored Links

脱落or残留するのか理由も考察!

可愛くて純粋そうで、素直な表情がかわいい!!!

無垢な感じは男性だけでなく、年上の女性たちからも好感を得そうです。

可愛くて若いだけではなく、5話のカクテルパーティーでは、しっかりした考えを持っていることもわかります。

しかしバチェラーはシーズン1で、大学生だった蒼川さんを、当時のバチェラー・久保さんが選んだ時に「結局若い人がよかったのかよ!」と批判を浴びていましたねw

そのため、今回のバチェラーも、年齢差での批判を考えていそうw

ですが、ぎりぎりまで悩んで、結局若さと純粋さ、芯を持って将来のことを考えている、という点で最後の2人まで選んだ結果、濱崎さんを選びそう!

Sponsored Links

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)