『バチェラー3』4話ネタバレと予想!5話で脱落するのはバツイチを隠す田尻夏樹?

アマゾンプライムの中でも大人気のシリーズの「バチェラージャパン」

容姿もよく、ビジネスの素質もあり、上品さも兼ね備えた独身男性(通称:バチェラー)をめぐって、20人前後の女性たちが、結婚相手の座をめぐるバトルを繰り広げます。

女性同士のわかりやすい嫉妬や、喧嘩、トラブルもあり、その様子が放送されると、男性も女性も、釘づけに!

ついにシリーズ3作目が始まり、毎週更新されるのが楽しみで仕方ありません!

バチェラーのせいで、金曜日は寝不足だ、という方も多いのではないでしょうか。

はたして、4話はどのような展開になるのでしょう?

「バチェラー・ジャパン」4話ネタバレ

舞台はグアム。

このグアムでグループデート・2ショットデート・2on1デート(デートの最後に2人のうち1人を選ぶ)が行われるのが発表される。

そして今回は、7人のグループデートが行われることに。

選ばれたのは、田尻夏樹・岩城ありさ・高田汐美・岩間恵・野原遥・水田あゆみ・城田夏奈。

「レースデート」だと言われていたが、ひとり女感を出す田尻の格好に、女子たちから指摘が入る。

しかし田尻はそれをうまくいなして、デートに出発したのだった。。



レースといわれていたのは、ゴーカートデートだった。

しかしゴーカートの数が足りず、すでにバラを貰っていた岩間恵が、バチェラーと共に残ることに。

以前のカクテルパーティーで、シャンパンじゃなくてジンジャエールを渡した感謝を言われる岩間。

だが、それは岩間ではなくて、水田が用意したものだと打ち明ける。

バチェラーはそれがとても有り難かったと、水田にお礼を言った。



残されたメンバーのもとに、坂東さん(進行役)がやってくる。

今夜の2ショットデートは水族館で行われ、参加者は濱崎麻莉亜が選ばれた。

そして残されていた、金子と中川にある手紙が渡される。

それは2on1デートのお誘いの手紙だったのだ。

金子と中川は、10年来の友人で、一緒に仕事をしたこともあったのだった。

あえてバチェラーはその2人を、2on1に選んだ。


グループデートでは、バチェラーとの帰り道の2ショットを欠けた、タイムアタックレースが行われた。

それを勝ち取ったのは、田尻だった。

帰りの車では、結婚観などについて話したい田尻だったが、他の女性の話を聞きだされただけだった。

サプライズローズは渡されなかった。


そして2ショットデート。

水族館をまわり、食事を共にした濱崎とバチェラー。

濱崎はサプライズで結婚指輪に見立てた、指輪を渡した。

緊張している濱崎に、バチェラーはお返しとしてサプライズローズを渡した。

上目使いで観てくれる濱崎を、バチェラーはかわいい、といって、抱きしめた。



友人同士の2on1デート

そして始まった、2on1デート。

バチェラーの留学していた学校の後輩でもある金子と、

今までバチェラーが出会ってきたタイプにはいない中川。

行ったのは、小さな天然ビーチだった。

「ここから飛び降りよう」と言ったバチェラーに対して、

「カナヅチだけど、友永さんとならいける」といった中川は高い崖から飛び降りた。

しかし金子は、崖からは飛ばず、お風呂に入るように水に入った。


景色のいいところで、1人ずつバチェラーと将来観を話しながら食事をする。

金子は、結婚に対しては前向きに考えていて、言われればどこへでも付いていく、とまっすぐ伝えた。

なかなか自分の気持ちを伝えることが苦手な金子だったが、素直に伝えることができた。

そして中川もまた、バチェラーと食事をともに。

ついに結果を出すときがきた。



バチェラーは「僕が将来をイメージできた人を選びます」

と言って、バラを差し出した。

それは中川だった。

名前を選ばれた中川は泣きながら、ローズを受け取った。

金子は「再び出会えて運命を感じました。お幸せに。」と言って、悲しそうにバチェラーに笑いかけた。

バチェラーがなぜ中川を選んだのか、というと、「一緒に道を切り開いていける人」を選んだのだった。

金子はバチェラーを「支える」という言葉を伝えて、一緒に「戦う」というスタンスではなかったのだ。



金子が脱落となり、残されたのは9名。

まずバチェラーは最初に、高田と話しに誘うが、そこに田尻が「話したい」と声をかける。

バチェラーは後でね、と答えて、城田と話をした。

しかしバチェラーは城田と話すときは「かっこいい男性」の像を壊すわけにはいかない、と気をつかっていた。

そのあと、岩間が話しかけて、「キスをしてくれてもいいんだよ」と逆に誘った。

だがバチェラーはそれに答えず、ハグにとどめたのみだった。


そして、脱落した金子と仲がよかった野原が、バチェラーとの話で2人になるとき、自分の気持ちを明かした。

泣かないイメージの野原が、泣いたことで、バチェラーはびっくりしたのだ。



田尻の番がやってきた。

バチェラーにぐいぐいくっついてくる田尻に、「それ他の男性にやっているのかも、って不安になる」といった。

田尻はその話で、バツイチのことを打ち明けなかった。

「何で前の彼氏と別れたの?」」という質問に対して、田尻は一瞬答えを考えた。

するとバチェラーは

「そこで、何を話して、何を隠そうか、考えてるやろ?」とぐっとつっこんだ質問をした。

ここで田尻と結婚することになったとしても、本音で話しているのだろうか、といつも疑ってしまうのは不安だ、と答えた。



そこでカクテルパーティーは終了。

5話の脱落は田尻夏樹?

ついにローズセレモニーが行われる。

すでにローズをもらっているのは、

「中川友里さん」

「濱崎麻莉亜さん」

名前を呼ばれ、ローズを受け取っていく。

「野原遥さん」

「高田汐美さん」

「岩間恵さん」

「水田あゆみさん」

「田尻夏樹さん」

名前を呼ばれなかった「岩城ありささん」「城田夏奈さん」が脱落となる。

泣きながら挨拶をする城田。

そしてもう1人の岩城は、バチェラーに強くパンチした。

「これが私の思いでした」と言って去って行った岩城。

バチェラーはそれをもっと早く見たかったな、とつぶやいたのだった。


今回、カクテルパーティーの最後に、本当に本音で話しているのか、とバチェラーにつっこまれた田尻。

バツイチで子供がいる、ということを隠したままの彼女の心を、バチェラーが読んだような流れでした。

これに関してはSNSでは称賛の嵐!!!

今まではこういうバチェラーの前でだけ猫かぶってそうな女性を、見抜けないままでしたが、シリーズ3の友永はやるな…!という声が。笑

今回、脱落にいたらなかったのは、田尻の本音がいまだに聞けておらず、そこを聞いた上で、判断したい、と思ったのでしょう。

バチェラーに「そんなにくっついてくると、ほかの男性にもやるんちゃうかな、って不安になる」と言われていたにも関わらず、次回予告ではぐいぐいくっついてましたね。

恋人になる女性と、妻になる女性、求めるものは違うので、次回ぐらいでバチェラーが、田尻の本性を暴き出して、脱落に追いこむのではないでしょうか?

まとめ

ほんーーーーーーーっとうに今回のバチェラーは、すべての女性にいい顔する、というより、求めている女性像がしっかりと確立されているので、見ていて潔い!

田尻さんが男性ウケするのはわかりますが、妻に求めるのは、やはり水田さんのような機転の利き方や、野原さんのような芯の強さだと思いますね。

あと、これMCも言っていましたが、中川さんが1話に比べると、女の顔になっている…。かわいい…。

やっぱりバチェラー出ると、女性ホルモン刺激されまくるのかな…。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)